2011年8月6日土曜日

戦国下野国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

合羽吉房【あいばよしふさ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は主計助。壬生家四天王のひとり。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際の奉行衆のひとり。

青木利国【あおきとしくに(15??~15??)】)

西方綱吉家臣。官途は加賀守。1570年、「西方城の戦い」で北条氏政勢と戦い戦功を挙げた。1592年、「文禄の役」では、肥前名護屋城に参陣した。

青柳十介【あおやぎじゅうすけ(15??~1579)】 

壬生周長家臣。1579年、「鹿沼引田の戦い」で、宇都宮広綱勢の早乙女藤三郎に討取られた。

青柳丹後守【あおやぎたんごのかみ(15??~15??)】

多功多功家臣。家老職を務め132石を領した。1558年、「多功城の戦い」で長尾景虎勢と戦い戦功を挙げた。

青田主膳正【あおたしゅぜんのかみ(15??~15??)】

芳賀高勝家臣。1592年、「文禄の役」に参陣した。

赤垣高綱【あかがきたかつな(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。1572年、小山祇園城主小山秀綱を討つため、北条氏政勢の北条氏邦、太田氏房が支城の多功城を攻撃した。寄手の大将松田左馬助は、城方の簗吉朝の矢により討死した。北条氏邦はさらに城攻めを続けようとするが、宇都宮国綱が赤垣高綱、戸祭房相、野中則興、祖母井越前守、壬生伯耆守ら1,500余りを派遣したため、北条氏邦勢は退却した。

赤羽高綱【あかばねたかつな(15??~15??)】

芳賀郡赤羽城主。官途は信濃守。1572年、北条氏邦、太田氏房らが多功城を攻撃した際、戸祭備中守、野中伊予守らとともにこれを迎撃し討破った。

赤羽朝宗【あかばねともむね(15??~15??)】

赤羽高綱の男。官途は周防守。1592年、「文禄の役」に物頭として参陣した。

赤埴兵庫【あかばねひょうごのすけ(15??~15??)】

芳賀高武家臣。1593年、都芳郡上石川村の検地の際、奉行筆頭を務めた。

県因幡守【あがたいなばのかみ(15??~15??)】

足利長尾景長家臣。官途は左京亮。1572年、県家の家督を相続した。1589年、「深谷城の戦い」で戦功を挙げた。

赤坂修理亮【あかさかしゅうりのすけ(15??~15??)】

塩谷惟吉家臣。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」に参陣した。

赤見秀顕【あかみひであき(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。足利郡赤見城主。赤見城は唐沢山城の重要な支城として、足利長尾景長との攻防拠点となった。

赤見綱重【あかみつなしげ(15??~15??)】

赤見秀顕の男。

赤見綱高【あかみつなたか(15??~15??)】

赤見綱重の男。通称六郎。佐野房綱が赤見郷に隠居所を築城する際、普請奉行に任じられた。佐野宗綱が討死したあと、北条氏康の六男佐野氏忠が養子として佐野家の家督を相続すると、赤見綱高は岩崎吉重郎、長嶋縫之助らとともに反北条氏直の中心的役割を果たした。佐野房綱と協力し、羽柴秀吉と結んだ。

赤見伊賀守【あかみいがのかみ(15??~15??)】

佐野泰綱家臣。佐野泰綱に謀反を起こしたが、佐野泰綱勢の攻撃により落城、常陸国に落延びた。

阿久津内膳正【あくつないぜんのかみ(15??~15??)】

多功長朝家臣。1592年、「文禄の役」では、肥前名護屋城に参陣した。

浅羽左衛門尉【あさばさえもんのじょう(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1570年、足利長尾顕長とともに館林城を守備した。1581年、長尾顕長が免鳥城を攻略すると、浅羽左衛門尉、浅羽甚内を免鳥城代に任じた。

浅羽秀継【あさばひでつぐ(15??~15??)】

浅羽左衛門尉の男。通称甚内。1581年、長尾顕長が免鳥城を攻略すると、浅羽左衛門尉、浅羽秀継を免鳥城代に任じた。

秋間弾正忠【あさまだんじょうちゅう(15??~15??)】
 
足利長尾顕長家臣。樺崎城主。1585年、「樺崎城の戦い」では、樺崎城に籠城して北条氏直勢の攻撃から城を守った

芦野資豊【あしのすけとよ(15??~15??)】

那須郡芦野城主。那須高資家臣。官途は日向守。那須七騎衆のひとり。1548年、「五月女坂の戦い」で戦功を挙げた。

芦野資泰【あしのすけやす(1529~1594)】

芦野資豊の男。官途は大和守。白河結城義親と戦った際に苦戦に陥った那須資胤を救出した。

芦野盛泰【あしのもりやす(1556~1599)】

芦野資泰の男。官途は日向守。1589年、「小田原の役」後、羽柴秀吉に芦野城800石余の所領を安堵された。1598年、羽柴秀吉が病没した際、遺品の「関孫六の刀」を拝領した。

芦野政泰【あしのまさやす(1592~1611)】

芦野盛泰の男。通称弥左衛門。1599年、父芦野盛泰の病没により芦野家の家督を相続した。

麻生家忠【あそういえただ(15??~1585)】

塩谷惟吉家臣。通称弥吉朗。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」で那須資晴勢の芦野資泰の陣に突入し、壮烈な討死を遂げた。

厚木朝高【あつぎともたか(15??~15??)】

芳賀高経家臣。芳賀高義の三男。芳賀高経が宇都宮興綱に謀反を企てた際、これを諌めた。1536年、芳賀高経、芳賀高孝、壬生綱房らとともに宇都宮成綱の次男宇都宮尚綱を擁立して、宇都宮興綱を自刃に追い込んだ。厚木城から退去して北条氏康に仕えた。後に結城晴朝に属して厚木城に復帰した。

厚木義清【あつぎよしきよ(15??~15??)】

厚木朝高の男。

安部源十郎【あべげんじゅうろう(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。1583年、所領を安堵された。

安部兵部【あべひょうぶ(15??~15??)】

塩谷義綱家臣。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」に参陣した。

新居長重【あらいながしげ(15??~15??)】

足利長尾景長家臣。通称与一。1561年、長尾景虎は女淵城を攻落すと、長尾景長に与えた。長尾景長は新居長重を城代としたが、矢場城主矢場勝繁の攻撃を受け落城、沼田景義が城主となった。1574年、女淵城は、再び長尾景虎勢の攻撃を受けを落城した。1576年、女淵城が由良家領となると、由良家と長尾足利家の関係から新居長重が再び城代となった。

荒井忠光【あらいただみつ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は周防守。日光山の宮大工。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、日光大工を務めた。鹿沼の寺社修復、造営なども修復した。

荒井図書【あらかわとしょ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

鮎ヶ瀬実光【あゆがせさねみつ(15??~15??)】

伊王野資直家臣。鮎ヶ瀬館主。官途は安房守。通称弥五郎。弓の名手として下野国内を転戦した。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱の胸板を一矢で射抜とすなど数々の戦功を挙げた。

粟宮伯耆守【あわみやほうきのかみ(15??~15??)】

小山高朝家臣。安房神社を中心とする粟宮豪族衆の惣領職。

粟宮讃岐守【あまみやさぬきのかみ(15??~15??)】

粟宮伯耆守家臣。

安藤光忠【あんどうみつただ(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。1509年、那須資房の謀略により大貫石見守、印南修理進、油井筑後守らとともに、謀反を企てるが塩谷孝綱に察知され失敗に終わった。塩谷孝綱は、家臣の安藤光忠の進言により、二度と謀反を起こさないよう起請文を書かせ、木幡神社に奉納させてこれを許した。

飯岡知貞【いいおかともさだ(15??~15??)】 

飯岡館主。通称新左衛門。1587年、日光山門徒と北条氏直勢が日光に攻め寄せた際、上郷衆の上平勝重、金枝光任、飯岡知貞、糟谷政武、小宅高祐、鈴木重康とともに倉ヶ崎城に籠城した。大門弥次郎が北条氏直勢に内応したため、倉ヶ崎城は落城他の五将とともに討死した。内応した大門弥次郎も北条氏直に謀殺された。

飯岡惣左衛門尉【いいおかそうざえもんのじょう(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。府郡城主。1576年、宇都宮国綱が府郡城を築城するとその城代に任じられた。府郡城は、鹿沼城に対する最前線で、壬生義雄の攻撃にさられた。1589年、「小田原の役」で、結城晴朝勢の攻撃を受け落城した。

飯田民部助【いいだみんぶのすけ(15??~15??)】 

宇都宮広綱家臣。飯田城主。太鼓奉行を務めた。

飯塚綱豊【いいづかつなとよ(15??~15??)】

佐野房綱家臣。官途は兵部少輔。佐野房綱が二度目に佐野家を退去した際、佐野房綱が佐竹義重に取り立てを依頼した。

伊王野資直【いおのすけなお(15??~15??)】 

下那須郡伊王野城主。伊王野資真の男。室は那須政資の娘。那須七騎衆のひとり。1542年、大田原資清が大田原城に復帰する際に、伊王野資直は手勢50を率いて大田原資清に属した。

伊王野資宗【いおのすけむね(1518~1594)】

伊王野資直の男。官途は下野守。室は塩谷義房の娘。1549年、「五月女坂の戦い」では、家臣の鮎瀬実光が宇都宮尚綱を討取る戦功を挙げた。大関高増と那須資胤が対立すると、大関高増勢に属した。1560年、「小田倉の戦い」に参陣した。芦名盛氏は白河結城晴綱とともに兵3,000余りを率いて那須郡に侵攻した。那須資胤は兵1,000余りで劣勢であったが、千本資俊の参戦で優勢になり、芦名盛氏、結城晴綱らを撃退した。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、那須資晴は那須七騎衆とともに、宇都宮国綱勢と戦い撃退した。1586年、大関清増と領地を争うが敗れ、東郷(野上、両郷、須佐木地方)領 地を大関清増に奪われた。

伊王野資信【いおのすけのぶ(15??~16??)】

伊王野資宗の男。官途は下総守。室は佐久山信隆の娘。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱勢に属して参陣した。1589年、「小田原の役」後、740石の所領を安堵された。1592年、「文禄の役」では、肥前名護屋城に参陣した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して、役後に1,800石に加増された。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。

伊王野資重【いおのすけしげ(15??~1600)】

伊王野資信の男。通称又十郎。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属した。「関山の戦い」で長尾景勝勢と戦って負傷、その傷がもとで没した。嫡男伊王野資直が幼少のため、伊王野家の家督は弟伊王野資友が相続した。

伊王野資友【いおのすけとも(15??~1633)】

伊王野資信の次男。官途は豊後守。通称又次郎。室は大田原綱清の娘。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して大田原晴清、服部正就、福原資保とともに大田原城に籠城した。兄伊王野資重が長尾景勝勢との戦いで負傷しその傷がもとで早世したため、伊王野家の家督を相続した。役後、加増を受け馬廻衆として2,738石を領した。1614年、「大坂冬の陣」に参陣した。1633年、伊王野資友は病に倒れ、井上新左衛門より伊王野資房を婿養子に迎えた。

伊王野資房【いおのすけふさ(15??~16??)】

井上新左衛門の男(伊王野資友の養子)。室は伊王野資友の娘。1633年、養父伊王野資友が病没すると、伊王野家の家督を相続したが、まもなく病没した。

石川憲頼【いしかわのりより(15??~15??)】

宇都宮尚綱家臣。石川城主。通称主膳。

石川尊空【いしかわそんくう(15??~15??)】

渋川義勝家臣。家老職を務めた。1570年、長尾景虎勢の攻撃を受けるが、城代石川尊空が150余りの寡兵ながらも長尾景虎を撃退した。

石川五郎兵衛【いしかわごろうびょうえ(15??~15??)】 

宇都宮国綱家臣。1582年、宇都宮国綱から戦功を挙げた。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」に参陣した。

石川内膳正【いしかわないぜんのかみ(15??~15??)】 

宇都宮国綱家臣。石川城主。1576年、宇都宮国綱が多気山城を築城すると、在番に任じられた。

石川新五郎【いしかわしんごろう(15??~15??)】 

石川内膳正の弟。宇都宮国綱が壬生周長を攻撃する際、石川新五郎を使者に壬生周長を討取る企てを行おうとしたが、石川新五郎はこの企てに反対した。

石川四郎右衛門【いしかわしろうえもん(15??~15??)】

石川内膳正の男。

石川越前守【いしかわえちぜんのかみ(15??~15??)】

石川内膳正の次男。1602年、石川館へ移住して堀ノ内と改めた。

石崎通季【いしざきみちよし(15??~15??)】

多功長朝家臣。官途は周防守。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると家臣の多功房朝、簗朝光、簗吉朝、上野祐朝、児山兼朝、野澤保辰、高木道重、木田淡路守、伊澤遠江守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らと援将の祖母ヶ井吉胤、矢板長則らが参陣した。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝、高木道重らが討死する激戦だった。長尾景虎勢は敗走、武蔵国岩槻城主太田資正の仲介により長尾景虎との間に和議が結ばれた。

石崎通長【いしざきみちなが(15??~15??)】

石崎通季の男。通称次郎左衛門。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、宇都宮国綱が芳賀高定と図って、石崎通長を使者にたて千本常陸介の館に送り込み、離反を促した。1597年、宇都宮国綱の改易処分を受けると多功家房朝とともに帰農した。1600年、「関ヶ原の役」では、蒲生秀行は戦に備えるため、石崎通長を問屋に任じた。

泉直任【いずみなおこれ(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。泉城主。1585年、「薄葉ヶ原の戦」に参陣した。
 
板橋親棟【いたばしちかむね(15??~1589)】

壬生周良家臣。今市板橋城主。通称将監。遊城坊綱清の板橋城を攻落し、板橋城を本拠とした。猪倉城主鹿沼右衛門を討取り、鹿沼城を攻落した。1576年、壬生周良が鹿沼城で壬生綱雄に謀殺されると、壬生綱雄の嫡男壬生義雄に属した。1587年、宇都宮国綱の属城の小倉城、倉ヶ崎城を攻落した。1589年、「小田原の役」では、壬生義雄とともに北条氏直勢に属して小田原城に籠城したが討死した。

板倉修理【いたくらしゅり(15??~15??)】

渋川義勝家臣。

市川主水介【いちかわもんどのすけ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

板橋行常【いたばしゆきつね(15??~1635)】

板橋親棟の男。官途は加賀守。通称太郎。別名「瑞光寺源良」。1589年、「小田原の役」後、板橋城に在城したが、壬生義雄も滅亡し、日光山も往来の力を全く失い、孤立を余儀なくされた。板橋行常は、母方の武蔵勅使河原家を頼って落延びた。

板橋行武【いたばしゆきたけ(15??~15??)】

板橋行常の男。官途は大隅守。別名勅使河原五郎右衛門。

市田備中守【いちだびっちゅうのかみ(15??~15??)】 

宇都宮国綱家臣。茂呂城主。大比良義次らとともに多気山城の普請奉行になった。1589年、「鹿沼城の戦い」で、鬼神と称せられた壬生義雄の家臣竹間兵吉を討取った後、その父竹間源五も討取る戦功を挙げた。

今井大蔵少輔【いまいおおらしょうぶ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

今泉泰光【いまいずみやすみつ(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。上三川城主。1558年、長尾景虎が下野国に侵攻すると多功城を支援した。1586年、「砂田の戦い」では、水谷正村勢の攻撃を受けるが、芳賀高武勢に属してこれを撃退した。

今泉高光【いまいずみたかみつ(15??~1597)】

今泉泰光の男。官途は但馬守。通称四郎左衛門。1597年、宇都宮国綱の家督相続問題では、北条勝時らとともに浅野長重を擁立を図り、芳賀高武らと激しく対立した。芳賀高武勢の夜襲を受け上三川城は落城、長泉寺で自刃した。

稲葉信久【いなばのぶひさ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は大和守。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、奉行衆として名を連ねた。

稲葉方久【いなばかたひさ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は大和守。壬生周長の謀反を鎮圧するため参陣した。

犬飼康吉【いぬかいやすよし(15??~1573)】

壬生綱雄家臣。犬飼城主。1573年、宇都宮国綱勢の攻撃を受け落城した。

岩上伊勢守【いわがみいせのかみ(15??~15??)】

小山高朝家臣。国府館主。1553年、小山高朝から上石塚郷内の所領安堵を受けた。1573年、小山秀綱の祇園城は、北条氏康、北条氏政の攻撃を受けた。佐竹義重と同盟を結び、北条氏政に対抗したがこのとき佐竹義重との外交を担当した。

岩上筑前守【いわがみえちぜんのがみ(15??~15??)】

岩上伊勢守の男。1573年、父岩上伊勢守とともに、北条氏直勢と戦った。その後、小山秀綱は北条氏政と和議を結び、祇園城に帰城した。1589年、「小田原の役」では、小山秀綱は北条氏直勢に属して参陣したため、役後小山家は改易処分を受け、岩上筑前守も没落した。

岩上大炊助【いわがみおおいのすけ(15??~15??)】

小山秀綱家臣。

岩崎重長【いわさきしげなが(15??~15??)】

佐野重綱の次男。岩崎城主。官途は左馬助。

岩崎春信【いわさきはるのぶ(15??~15??)】

官途は左馬助。1559年、佐野泰綱と争い敗れ、常陸国に落延びた。1560年、和議を結び、佐野昌綱の次男を養子に迎え、岩崎城に復帰した。

岩崎重久【いわさきしげひさ(15??~15??)】

佐野昌綱の次男(岩崎春信)。通称左馬助。1583年、「須花坂の戦い」では、兄佐野宗綱とともに討死した。

岩崎重元【いわさきしげもと(15??~15??)】

岩崎重久の弟。

岩本兵庫助【いわもとひょうごのすけ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。1559年、鹿沼の今宮権現修造にあたり、奉納された鰐口を作った大工。卓越した鋳造技術を持っていた。

印南修理進【いんあみしゅりのしん(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。1509年、那須資房の謀略により大貫石見守、油井筑後守らとともに、謀反を企てるが塩谷孝綱に察知され失敗に終わった。塩谷孝綱は、家臣の安藤光忠の進言により、二度と謀反を起こさないよう起請文を書かせ、木幡神社に奉納させてこれを許した。

上平勝重【うわだいらかつしげ(15??~1587)】

上平館主。通称弥七郎。1587年、日光山門徒と北条氏直勢が日光に攻め寄せた際、上郷衆の金枝光任、飯岡知貞、糟谷政武、小宅高祐、鈴木重康とともに倉ヶ崎城に籠城した。大門弥次郎が北条氏直勢に内応したため、倉ヶ崎城は落城他の五将とともに討死した。内応した大門弥次郎も北条氏直に謀殺された。

上平修理亮【うわだいらしゅりのすけ(15??~15??)】 

上平勝重の男。1592年、氏家今宮神社の神事を行った。1587年、上平勝重が討死により上平家の家督を相続した。

上平四郎【うわだいらしろう(15??~15??)】
 
塩谷義綱家臣。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」に参陣した。

上野幸源【うえのこうげん(15??~1608)】

金剛院の院主。結城晴朝の軍配者を務めた修験者。この頃金剛院は修験道本山派の勝仙院の配下にあり、同派の棟梁は聖護院道澄(近衛前久の弟)で広く情報を集めることが出来た。※「戦国軍師人名辞典」by川口素生。

宇賀神隼人【うがじんはやと(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。1570年、壬生義雄から、武運長久の祈願を要望された。1571年、「引田の戦い」に参陣した。

宇賀神新八郎【うがじんしんぱちろう(15??~15??)】 

宇都宮国綱家臣。千渡城主。千渡城は多気山城の出城として機能した。宇都宮国綱が改易処分を受けると帰農した。

宇賀左京助【うがさきょうのすけ(15??~15??)】

宇賀神新八郎家臣。

薄葉備中守【うすばびちゅうのかみ(15??~15??)】

伊王野資宗家臣。備中郭館主。1583年、佐竹義宣が白河郡に侵攻すると、佐竹義宣に属していた、薄葉備中守が謀反を起こして関山城に籠城した。このため、佐竹義宣勢は退却した。

宇都宮忠綱【うつのみやただつな(1496~1527)】

宇都宮成綱の男。官途は右馬権頭。通称弥三郎。芳賀興綱、武茂兼綱、塩谷孝綱の後見を受けた。1514年、佐竹義舜、岩城由隆の宇都宮侵攻に際しても結城政朝、山川朝貞、水谷勝之らの助勢を受けてこれを撃退した。周囲との協調を図り、笠間家や、遠く伊達家とも交渉を持った。その後隣接する結城政朝との関係は悪化し、さらに叔父芳賀興綱が自立の動きを強めた。1525年、芳賀興綱が結城政朝と結んだため、宇都宮忠綱は両者と猿山で戦って敗北、さらに芳賀興綱によって本拠宇都宮城を奪われて、壬生綱房を頼って鹿沼城へ落ち延びた。

宇都宮興綱【うつのみやおきつな(1475~1536)】

芳賀郡宇都宮城主。宇都宮正綱の三男。官途は左衛門督。通称弥四郎。別名芳賀興綱。1512年、兄宇都宮成綱が芳賀高勝を謀殺し、芳賀残党を粛清したのちに芳賀孝高、芳賀高経を排除して芳賀家の家督を相続した。1526年、壬生綱房と結び、結城政朝の支援を受け宇都宮忠綱と戦ってこれを破り、宇都宮家の家督を奪い取った。1536年、芳賀高経ら芳賀家残党の復権を目指す活動は続き、壬生綱房と結んだ芳賀高経により謀殺された。

宇都宮尚綱【うつのみやひさつな(1512~1549)】

宇都宮興綱の男。官途は下野守。通称弥三郎。1539年、那須政資と那須高資が那須家の家督争いを起こすと、佐竹義篤、小田政治とともに那須政資を支援して那須高資の居城烏山城を攻撃した。壬生綱房の処遇を巡って芳賀高経との関係は悪化した。1541年、児山城に拠る芳賀高経を攻撃して討取り、益子勝宗の嫡男益子高定に芳賀家を相続させた。1549年、「五月女坂の戦い」で、那須高資勢と戦い討死した。

宇都宮広綱【うつのみやひろつな(1543~1580)】

宇都宮尚綱の男。官途は下野守。通称弥三郎。室は佐竹義昭の娘。1549年、「五月女坂の戦い」で父宇都宮尚綱が討死したため、芳賀高定の補佐を受け宇都宮家の家督を相続した。1551年、芳賀高照、壬生綱房らに宇都宮城を奪われたため、芳賀高定とともに真岡城へ落延びた。芳賀高定は千本資俊を内応させ、那須高資を誘殺した。1557年、芳賀高照を真岡城で誘殺した。佐竹義昭の支援を受け宇都宮城を奪還した。1563年、長尾景虎勢に属して「祗園城の戦い」、「唐沢山城の戦い」に参陣した。1564年、「小田城の戦い」では、佐竹義昭に長尾景虎とともに協力した。1566年、北条氏政勢が下野国に侵攻すると、佐竹義昭とともに対抗した。1569年、「越相同盟」が結ばれると、長尾景虎と対立した。1572年、皆川広照を攻撃した。1574年、壬生綱雄を攻撃した。1575年、足利義氏を介して北条氏政と和議を結んだ。1578年、隠居して宇都宮家の家督を宇都宮国綱に譲った。

宇都宮国綱【うつのみやくにつな(1568~1607)】

宇都宮広綱の男。官途は下野守。通称弥三郎。1578年、父宇都宮広綱の隠居により宇都宮家の家督を相続したが、若年のため芳賀高定の補佐を受けた。1578年、北条氏政勢が結城城、山川城に迫った際、佐竹義重の支援を受け撃退した。1585年、佐竹義重とともに鹿沼城主壬生義雄を攻撃して、これを撃破った。1586年、北条氏直勢と結ぶ皆川広照、壬生義雄と戦った。北条氏直勢の攻勢により、芳賀高継が離反するなど劣勢に立たされた。1589年、「小田原の役」では、羽柴秀吉勢に属して戦功を挙げ宇都宮城180,000石の所領安堵を受けた。1592年、「文禄の役」では、渡海し増田長盛勢に属して戦功を挙げた。1597年、浅野長政の三男浅野長重を養子に迎えるにあって、芳賀高武ら反対派と上三川、片庭ら賛成派による対立が起き、改易処分に処せられた。

宇都宮義綱【うつのみやよしつな(1598~1664)】

宇都宮国綱の男。通称弥三郎。水戸松平頼房に仕え、百人扶持を賜って格式は家老に準じた。

祖母井吉胤【うばがいよしたね(15??~1558)】

宇都宮興綱家臣。芳賀郡祖母井城主。官途は信濃守。1558年、長尾景虎勢の攻撃を受け、矢板周防守らとともに防戦して撃退したが討死した。

祖母井定久【うばがいさだひさ(15??~15??)】

祖母井吉胤の男。官途は遠江守。1573年、北条氏政勢の攻撃を受け、これを迎え撃った。1585年、北条氏直勢の攻撃を受け、多気城に籠城した。

祖母井高宗【うばがいたかむね(15??~15??)】

祖母井定久の男。官途は信濃守。1582年、「文禄の役」では、羽柴秀吉勢に属して参陣して、数々の戦功を挙げた。1597年、「慶長の役」では、京都の商人からお金を借りて参陣の準備をしたが、宇都宮国綱が後継者を巡る争いで改易処分に処せられた。

江田兵庫介【えだひょうごのすけ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

枝政吉【えだまさよし(15??~15??)】 

壬生綱房家臣。官途は木工助。1534年、壬生綱房が今宮神社を造営した際、奉行を務めた。

枝秀吉【えだひでよし(15??~15??)】 

枝政吉の男。官途は左京亮。壬生義雄勢に属して壬生周長勢と戦った。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、父枝政吉とともに奉行を務めた。

江戸豊前守【えどぶぜんのかみ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。

江戸法印【えどほういん(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、金谷因幡守を大将に大畑治部、久下越後守、久保田若狭守、長谷川道伴、野田志摩守、大島弥平治、大窪甚五郎、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥らとともに館林城に籠城した。

大芦志摩守【おおあししまのかみ(15??~15??)】

佐野泰綱家臣。大芦城主。1523年、大芦志摩守は、壬生綱房との戦いに敗れ、大芦城は落城した。大芦志摩守の五人の息子は、嫡男は大芦右京介、次男は小曾戸雅楽介、三男は梅沢忠義、四男は藤沢義時、五男山菅兵部と称した。

大岩大助【おおいわだいすけ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

大垣隠岐守【おおがきおきのかみ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。藤井城主。通称右衛門尉。壬生義雄の四家老のひとり。

大久保吉宗【おおくぼよしむね(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。大久保城主。通称太郎。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」に参陣した。
 
大久保重胤【おおくぼしげたね(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。通称久左衛門。

大窪甚五郎【おおくぼじんごろう(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、金谷因幡守を大将に大畑治部、久下越後守、江戸宗印、久保田若狭守、長谷川道伴、野田志摩守、大島弥平治、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥らとともに館林城に籠城した。

大沢康勝【おおさわやすかつ(15??~15??)】

塩谷義孝家臣。通称隼人。塩谷孝綱が塩谷家の家督を相続すると、宇都宮家の附家老の岡本重親と山田泰業が塩谷家臣の筆頭家老となり、祖父大沢光勝は次席家老となった。1564年、川崎城が木村和泉守の内応により落城、塩谷義孝が討死すると、塩谷義綱とともに宇都野城主山本義宗のもとに落延びた。1582年、「矢板の戦い」では、孫大沢吉勝が戦功を挙げた。

大関宗増【おおぜきむねます(1462~1544)】 

那須政房家臣。那須郡白旗城主。大関増雄の男。那須七騎衆のひとり。1518年、那須政房による那須家再統一に功があったが、大田原資清を那須政房に讒言し、大田原資清を追放して那須家の実権を握った。1542年、那須家に復帰した大田原資清により嫡男大関増次が殺され、大田原資清の長男大関高増を養嗣子として迎えることを余儀なくされた。

大関増次【おおぜきますつぐ(1518~1542)】

大関宗増の男。1542年、父大関宗増の讒言によって追放された大田原資清の復讐の的とされ、大関増次が少人数で鷹狩りに出た隙に、大田原資清の奇襲を受け討死した。

大関高増【おおぜきたかます(1527~1598)】

大田原資清の男(大関宗増の養子)。官途は美作守。室は宇留野義元の娘。1542年、大関宗増の養嗣子となり、大関家の家督を相続して白旗城主となった。1549年、「五月女坂の戦い」で戦功を挙げた。1560年、「小田倉の戦い」では、芦名盛興、白河結城義親勢の攻撃を受け防戦に努めたが、苦戦した事を那須資胤から非難され、那須資胤と対立した。大田原綱清とともに佐竹義昭と結び、那須資胤勢と戦った。1566年、佐竹義重、宇都宮広綱勢とともに那須資胤を攻撃したが敗退した。その後は、那須資胤と和議を結び那須家の筆頭家老として那須資胤を補佐した。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、那須資晴とともに塩谷義綱、宇都宮国綱勢を撃破り戦功を挙げた。1586年、千本資俊、千本資政親子を謀殺し、千本家の遺領を福原資孝、大田原綱清らと横領した。1589年、「小田原の役」では、那須資晴が遅参し改易処分に処せられたが、大関高増は10,000石の所領を安堵された。嫡男大関晴増も3,000石を領した

大関晴増【おおぜきはるます(1561~1596)】

大関高増の男(白河結城義親の養子)。官途は美作守。通称弥七郎。室は母は白河義親の娘。初め白河結城義親の養子となった。1587年、弟大関清増が早世したため、大関家に戻り家督を相続した。1589年、「小田原の役」の役後、那須郡内で3,000石の加増を受けた。

大関清増【おおぜききよます(1565~1587)】

大関高増の次男。官途は美作守。室は大田原綱清の娘。1578年、兄大関晴増が小峰義親の婿養子となったため、大関家の家督を相続した。大田原綱清の娘を内室に迎えた。大関家の実権は父大関高増が持ち続けた。1587年、大関清増は病死してしまい、子がいなかったため白河結城家の養子となっていた佐竹義重の後押しを受けた兄大関晴増が家督を継いだ。

大関資増【おおぜきすけます(1576~1607)】

那須高増の三男。官途は左衛門督。通称弥六郎。1596年、兄大関晴増の病没により大関家の家督を相続した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属した。1605年、兄大関晴増の男大関政増に家督を譲った。

大関政増【おおぜき まさます(1591~1616)】

大関晴増の長男。室は水野重央の娘(しゃむ姫)。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康に対する人質として江戸に赴いた。1605年、叔父大関資増から家督を大関家の家督を譲られた。1614年、里見忠義が改易されると、館山城の守備を務めた。1614年、「大坂冬の陣」では、本多正信勢に属した。1615年、「大坂夏の陣」でも戦功を挙げたが、まもなく病没した。

太田宮内少輔【おおたくないしょうゆ(15??~15??)】

小山秀綱家臣。官途は備前守。小山秀綱の馬廻衆。寒川郡で25貫を領した。

大畑佐渡守【おおはたさどのかみ(15??~15??)】

長尾顕長家臣。60貫文を領した。

大田原資清【おおたわらすけきよ(1486~1560)】

那須郡大田原城主。大田原胤清の男。官途は備前守。通称助九郎。那須家七騎衆のひとり。1518年、大関宗増、福原資安らに讒されて一時那須家を遂われるがやがて復帰した。1542年、黒羽城主大関増次を敗死させて嫡男大関高増に大関家の家督を相続させ、次男福原資孝に福原資安の家督を相続させた。また娘を那須政資の室に入れるなど、大田原家復興をなさしめた。

大田原縄清【おおたわらただきよ(1538~1590)】

大田原資清の三男。1549年、「五月女坂の戦い」で戦功を挙げた。1560年、長兄大関高増は大関家、次兄福原資孝は福原家に養子に出たため、父大田原資清の病没により、大田原家の家督を相続した。大関高増らとともに、那須資晴と対立した。1568年、那須資晴と和議を結ぶと、宇都宮広綱勢と戦い、那須資晴を盛り立てた。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、那須資晴とともに塩谷義綱、宇都宮国綱勢をを打破った。那須資晴の許しを得て大関高増、福原資孝とともに千本資俊、千本資政父子を謀殺し、その遺領を横領した。

大田原晴清【おおたわらはるきよ(1567~1631)】

大田原縄清の男。官途は備前守。1589年、「小田原の役」では、羽柴秀吉に降って7,900石の本領安堵を受けた。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して、長尾景勝勢の南下に備えた。1614年、「大坂の冬の陣」では、本多正信勢に属して戦った。

大田原増清【おおたわらますきよ(1570~1631)】

大田原縄清の次男。1588年、上洛し羽柴秀吉に拝謁した。

大塚信濃守【おおつかしなののかみ(15??~15??)】

佐野宗綱家臣。大塚城主。

大貫越中守【おおぬきえっちゅうのかみ(15??~1584)】

佐野宗綱家臣。大貫館主。佐野家は主戦派の佐野宗綱と、穏健派の大貫越中守と家中を二分して対立した。1584年、「須花坂の戦い」で佐野宗綱が討死すると、佐野氏忠に大貫越中守は謀反の嫌疑をかけられ、富士源太、竹沢山城守勢300余りの攻撃を受け討死した。

大貫定行【おおぬきさだゆき(15??~1590)】

大貫越中守の男。官途は越中守。佐野家四天王のひとり。佐野氏忠は小田原城に在番したため、唐沢山城は城代大貫定行が守備した。1589年、「小田原の役」では、佐野氏忠が皆川広照とともに小田原城に籠城したため、大貫定行は在国の佐野氏忠勢を率いて唐沢山城に籠城した。佐野房綱が唐沢山城に降伏を呼びかると、多くの諸将が佐野房綱勢に属した。大貫越定行は、「命は義よりも軽い」と言い残して自刃した。

大貫武基【おおぬきたけもと(15??~1589)】

大貫定行の男。官途は伊勢守。1589年、「唐沢山城の戦い」で父大貫定行とともに自刃した。

大貫石見守【おおぬき(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。1509年、那須資房の謀略により、印南修理進、油井筑後守らとともに、謀反を企てるが塩谷孝綱に察知され失敗に終わった。塩谷孝綱は、家臣の安藤光忠の進言により、二度と謀反を起こさないよう起請文を書かせ、木幡神社に奉納させてこれを許した。

大沼田淡路守【おおぬまたあわじのかみ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、白石豊前守、立木図書、市川右衛門、久米伊賀守、新井図書、小曾根筑前、南掃部、小沼正五郎、小菅縫殿助、江川左衛門、山川丹後守とともに足利城に籠城した。

大橋兵部丞【おおはしひょうぶのじょう(15??~15??)】 

宇都宮広綱家臣。篠野井城主。

大山田綱胤【おおやまだつなたね(15??~15??)】

武茂守綱家臣。那須郡下郷隆崖城主。1567年、佐竹義重の家臣長倉義当は、大山田綱胤、南路義郷、戸村義広、小場義忠、武茂守綱、烏子泰宗、横田綱久、松野篤通、石川昭光、大金重宣ら6,500余りを率いて那須郡に侵攻した。那須資胤は1,500余りを率いて那珂川で迎撃したが劣勢にたたされた。稲積城主本庄盛泰は、那珂川を迂回して長倉義当の本陣に奇襲攻撃を行い、挟撃を受けた長倉義当勢は敗走した。1583年、「愛宕山で戦い」では、大山田綱胤、鳥子泰宗、星豊前守らとともに那須資晴勢を撃破った。

大宮久胤【おおみやひさたね(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。大宮城主。官途は兵部丞。

岡兼定【おかかねさだ(15??~15??)】

塩谷義綱家臣。岡城主。通称民部。1595年、塩谷義綱が改易処分を受けると宇都宮国綱に仕えた。

岡田長親【おかだながちか(15??~15??)】

足利長尾家臣。冨士山城主。

岡田秀親【おかだひでちか(15??~15??)】

岡田長親の男。

岡本元綱【おかもともとつな(15??~15??)】

宇都宮忠綱の庶男。1539年、芳賀高経が壬生綱房らと謀って、宇都宮忠綱の遺児で岡本元綱を宇都宮城主に擁立しようとしたが、宇都宮尚綱が阻止した。

岡本重親【おかもとしげちか(1469~1530)】 

塩谷孝綱家臣。塩谷郡松ヶ嶺城主。1478年、塩谷孝綱の附家老として、下野国塩谷郡に塩谷孝綱とともに下り、松ヶ嶺城を築いて居城とした。

岡本正重【おかもとまさしげ(1513~1545)】

岡本重親の男。官途は内匠頭。側室は塩谷義孝の娘。娘を主君である塩谷義孝の娘を側室にして、三人の男子をもうける。1545年、佐久山で討死した。

岡本正親【おかもとまさちか(1528~1602)】

岡本正重の男。官途は讃岐守。姉が塩谷義孝の側室となり塩谷義通を生んだ。岡本正親は娘を塩谷義通に嫁がせていたため、塩谷家家督を相続した塩谷義綱に疎まれ追放処分を受けた。岡本照富と岡本正富の二人の子とともに皆川広照に仕えた。1584年、「佐野沼尻の戦い」では、北条氏直勢と戦い岡本正富、岡本照富の二人が討死した。落胆した岡本正親は、菩提を弔うためにそのまま出家した。1587年、羽柴秀吉と謁見して旧領塩谷荘3,360石を安堵された。

岡本氏宗【おかもとうじむね(15??~1585)】

岡本正重の次男。官途は対馬守。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、山田城主山田辰業ともに塩谷勢の先陣の総大将として100騎余りを率いた。那須資晴勢は300騎余りを率いた。那須資晴の先陣沢村五郎勢50騎余りを蹴散らすも、三倍の兵力に押され撤退した。山田辰業らとともに16騎余りで那須資晴の本陣に突撃、那須資晴に迫るが、福原資孝に討取られた。

岡本光貞【おかもとみつさだ(15??~15??)】

岡本正重の三男。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」では、兄岡本氏宗と袂を分かち那須資晴勢に属した。

岡本照富【おかもとてるとみ(1564~1584)】

岡本正親の男。通称清四郎。武芸に秀でる一方、京の謡曲師道慶を師事し、謡、鼓などを習うなど、岡本正親の後継として育てられた。1584年、「佐野沼尻の戦い」に父岡本正親、弟岡本正富とともに参陣した。北条氏直勢の広沢三郎、向笠内蔵助と戦に先立ち一騎討ちを行い、これに敗れて岡本正富とともに討死した。

岡本正富【おかもとまさとみ(1566~1584)】

岡本正親の次男。通称清九郎。兄岡本照富とともに京の謡曲師道慶を師事し、謡、鼓などを学んだ。1584年、「佐野沼尻の戦い」に父岡本正親と岡本照富とともに参戦した。岡本照富とともに北条氏直勢の広沢三郎、向笠内蔵助と戦に先立ち一騎討ちを行い、これに敗れて岡本照富とともに討死した。

岡本義保【おかもとよしやす(1576~1641)】

塩谷義通の男(岡本正親の養子)。官途は宮内丞。室は大田原晴清の娘(四女)。1589年、「小田原の役」後、塩谷郷2,570石の所領を安堵された。岡本正親の継嗣が没し断絶の危機を迎えたため、養子に迎えれ、岡本家の家督を相続した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康元康勢に属した。

岡本保真【おかもとやすまさ(1582~1644)】

塩谷義通の次男。別名塩谷惣十郎。室は千本長勝の娘。武勇に優れ、特に小太刀の名人。兄岡本義保が、岡本家の家督を相続したため、塩谷家の家督を相続した。1597年、祖父岡本正親と岡本義保とともに上洛し、羽柴秀吉に謁見した。1614年、「大坂冬の陣」では、岡本義保とともに松平元康勢に属して、岡本義保とともに戦功を挙げた。1644年、「泉騒動」により、甥岡本義政の謀略により謀殺された。これにより岡本家は改易は改易処分に処された。

岡本保忠【おかもとやすただ(1586~1643)】

塩谷義通の三男。通称縫殿助。別名塩谷清通。外祖父岡本正親が戦いで二人の嫡子を失うと、兄岡本義保、岡本保真とともに岡本正親の養子となった。その後、岡本義保が岡本家、岡本保真が塩谷家の家督を相続した。1614年、「大坂冬の役」では、二人の兄とともに参陣した。1644年、「泉騒動」で次兄岡本保真が甥岡本義政に謀殺された。この事件により岡本家は改易、塩谷家は断絶となった。

岡本秀卓【おかもとひでたく(15??~15??)】

宇都宮興綱家臣。真名子城主。官途は筑後守。1523年、「河原田の戦い」で、宇都宮忠綱と皆川宗成が戦って、皆川宗成が討死すると、宇都宮興綱勢に属した。

岡本秀勝【おかもとひでかつ(15??~15??)】

岡本秀卓の男。岡本秀勝は、皆川広照の三男岡本七左衛門を養子とした。

小倉山城守【おぐらやましろのかみ(15??~1590)】

佐野氏忠家臣。小倉城主。1589年、「小田原の役」で羽柴秀吉勢と戦い討死した。

小此木正信【おこのぎまさのぶ(15??~15??)】

板倉修理家臣。小此木館主。官途は備中守。板倉家の家老職を務めた。

刑部宗次【おさかべむねつぐ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は伊賀守。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、壬生大工を務めた。

小曾戸蔵人【おそどくらんど(15??~15??)】

小山高朝家臣。

落合業親【おちあいなりちか(15??~15??)】

宇都宮成綱の四男。宇都宮成綱による宇都宮家中の支配体制再編のため、断絶していた河内郡の落合を再興させた。

乙畑孫四郎【おとはたまごしろう(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。乙畑城主。

小野寺長綱【おのでらながつな(15??~15??)】

足利長尾景長家臣。小野寺城主。官途は兵部丞。1556年、長尾景長の陣代として北条家に参陣した。

小野寺景綱【おのでらかげつな(15??~15??)】

小野寺長綱の男。1561年、長尾景長に属して大窪郷を拝領すると、鹿島大明神と菅原道真公を奉祀した。慶長年間に領地を没収され、浪人となって川崎村に居住した。1589年、「小田原の役」後、松平元康が下野国を領すると、百姓らは領主に対する不満を年貢遅納、滞納、訴訟というかたちで表すようになり、代官は領民が旧領主へ訴えた。小野寺景綱は松平元康に讒言したが、小野寺景綱はあらぬ疑いをかけられ自刃した。

小野寺顕綱【おのでらかきつな(15??~15??)】

小野寺長綱の次男。通称刑部丞。

小野寺宮内【おのでらくない(15??~15??)】

粟宮伯耆守家臣。通称左衛門尉。

小野高吉【おのたかよし(15??~1584)】

佐野宗綱家臣。飛駒城主。1584年、「須花坂の戦い」では、小野高吉が討死し、これに激怒した佐野宗綱が突撃を敢行したため討死した。1590年、京都聖護院の令旨により飛駒に大学院という修験道場を開いた。1584年、足利長尾顕長の家臣小曽根筑前に謀殺され小野城は落城した。

小野口祐吉【おのぐちすけよし(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は主水。1567年、磯山神社に奉納された鰐口の銘に高木宗吉とともに連署した。

小幡義勝【おばたよしかつ(15??~15??)】

小幡義尾の次男。通称右近大夫。

小幡高升【おばたたかます(15??~15??)】

小幡義勝の男。官途は豊後守。通称孫七。1585年、那須晴資勢1,200余りの攻撃を受けると、嫡男小幡行安を人質に差し出して降伏した。

小幡行安【おばたいくやす(15??~15??)】

小幡高升の男。通称太郎。

小山高朝【おやまたかとも(1508~1574)】

寒川郡祇園城主。結城政朝の三男(小山政長の養子)。室は小山政長の娘。勇将として知られた。1519年、古河公方足利高基の意向を受けて小弓公方足利義明勢にぞして上総国椎津城主真里谷武田信清を攻撃した。1535年、同じ養嗣子の山川小四郎との内乱を制して小山家の家督を相続した。1547年、父結城政朝が病没すると、宇都宮興綱勢の攻撃を受けたが、兄結城政勝の支援を受け撃退した。1549年、古河公方足利家の後継者問題で、足利晴氏を擁する北条氏康と対立した。小山高朝は足利藤氏を擁護したが、結城政勝、小山秀綱らが足利晴氏勢に属した。1560年、小山秀綱に家督を譲って隠居した。1561年、長尾景虎の関東管領就任式で千葉胤富に関東諸将の筆頭の地位を奪われたことに恨みを抱き、北条氏康と結んだ。長尾景虎勢の攻撃を受け降伏した。

小山秀綱【おやまひでつな(1529~1603)】

小山高朝の男。官途は弾正大弼。室は成田氏長の娘(北条氏政の養女)。1560年、父小山秀綱の隠居により家督を相続した。1561年、「小田原城の戦い」では、長尾景虎勢に属して参陣した。1563年、北条氏康と結んだため、長尾景虎勢の攻撃を受け降伏した。小山秀綱は結城家の家督を巡って結城晴朝と度々争ったが、その都度に敗退した。1576年、小山秀綱が小山城を結城晴朝勢の拠点として北条氏照に提供したため、結城晴朝は劣勢に立たされた。1589年、「小田原の役」では、羽柴秀吉のもとに参陣しなかったため、役後改易処分に処された。その後、弟結城晴朝と和議を結び、嫡男小山秀広は、結城秀康に仕えた。1600年、「関ヶ原の役」後、小山秀広が病没したため、小山秀綱は越前国への転封には従わず隠退した。

小山政種【おやままさたね(1568~1581)】

小山秀綱の男。通称小四郎。1576年、「祇園城の戦い」で、北条氏政勢の攻撃を受け、父小山秀綱とともに岡本禅哲もとに落延びた。岡本禅哲は佐竹義重に乞うて小山秀綱父子を古内宿に匿った。1577年、小山秀綱の隠居に小山家の家督を相続した。1581年、病没したため、小山家の家督は再び父小山秀綱が相続した。

小山秀広【おやまひでひろ(15??~15??)】

小山秀綱の次男。1589年、「小田原の役」後、羽柴秀吉のもとに参陣しなかったため、父小山秀綱は改易処分に処された。小山秀綱、小山政種は結城晴朝を頼って落延びた。結城秀康に仕えたが、まもなく病没した。

小山大膳大夫【おやまだいぜんだいふ(15??~15??)】

小山秀綱家臣。

小山右馬亮【おやまうまのじょう(15??~15??)】

小山秀綱家臣。

------------------------------------------------------

【か】

貝原丹波守【かいはらたんごのかみ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

籠谷政高【かごやまさたか(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。籠屋城主。官途は伊勢守。1589年、「小田原の役」後、戦功により1060石を領した。

柏倉大炊介【かしくらおおいのすけ(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1566年、「皆川城の戦い」では、北条氏政勢の攻撃を受けたが撃退した。

糟谷又左衛門【かすやまたざえもん(15??~15??)】

桜野城主。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱勢に属して参陣したが、大将の宇都宮尚綱が討死により敗走した。

糟谷因幡守【かすやいなばのかみ(15??~1588)】

糟谷又左衛門の男。別名糟谷小僧。1549年、「五月女坂の戦い」に父糟谷又左衛門とともに参陣した。1569年、荊沢郷を任されて今宮神社の神事を行った。

糟谷源兵衛【かすやげんべい(15??~15??)】

糟谷因幡守の男。1586年、塩谷の侵攻を受けたため、その迎撃にあった。1589年、糟谷源兵衛の母が亡くなったが、神事をこれ以上引き伸ばしはできないので、嫡男糟谷藤三郎に代行させた。

糟谷藤三郎【かすやとうざぶろう(15??~15??)】

糟谷源兵衛の男。1589年、父糟谷源兵衛が桜野郷の神事を行うはずだったが、祖母が亡くなり、急遽糟谷藤三郎が神事を務めた。

糟谷政武【かすやまさたけ(15??~1587)】

官途は右京亮。1587年、日光山門徒と北条氏直勢が大宮城に攻め寄せた際、上郷衆の上平勝重、金枝光任、飯岡知貞、小宅高祐、鈴木重康らとともに倉ヶ崎城に籠城した。大門弥次郎が北条氏直勢に内応したため、倉ヶ崎城は落城他の五将とともに討死した。内応した大門弥次郎も北条氏直に謀殺された。

金井伝吉【かないでんきち(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

金沢兵庫頭【かなざわひょうごのかみ(15??~15??)】 

宇都宮国綱家臣。1576年、石川内膳正とともに多気山城の在番を務めた。

鹿沼右衛門尉【かぬまうえもんのじょう(15??~1576)】

壬生周長家臣。猪倉城主。1576年、壬生周長に属して坂田山城を攻落した。板橋親棟の反撃を受け、猪倉城に退却して籠城したが、敗れ討死した。

神山綱勝【かみやまつなかつ(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。都賀郡鹿沼城主。官途は伊勢守。通称右衛門尉。別名鹿沼綱勝。壬生周長は壬生義雄により討れた。この際、神山家は二派に分かれ、神山綱勝が壬生義雄派だったのに対して、神山左京亮は壬生周長勢に属した。1575年、宇都宮国綱、佐竹義重勢が壬生領への侵攻を激化させたため、宇都宮国綱勢に属した壬生義雄が壬生城、鹿沼城を支配した。1585年、北条氏直勢が多気山城を攻撃した際、神山綱勝も防戦にあたった。

神山左京亮【かみやまさきょうのすけ(15??~15??)】

壬生周長家臣。

蒲生信朝【がもうのぶとも(15??~15??)】 

宇都宮尚綱家臣。通称五郎八。1549年、「五月女坂に戦い」に参陣した。

烏子泰宗【からすこやすむね(15??~15??)】

武茂守綱家臣。那須郡烏子城主。1583年、「愛宕山で戦い」では、大山田綱胤らとともに武茂守綱属して、那須資晴勢と戦い撃破った。

川島宗満【かわしまむねみつ(15??~15??)】

赤井山城守家臣。川島館主。

川島勘助【かわしまかんせけ(15??~1600)】

川島宗満の男。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して参陣したが討死した。川島家の家督は次男川島勘左衛門が相続して後に帰農した。

川連仲重【かわつれなかしげ(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1563年、皆川俊宗の攻撃を受け降伏した。1578年、佐野宗綱の家臣平野久国勢の攻撃を受けた。

神馬忠春【かんまただはる(15??~1546)】

佐野豊綱家臣。浅利城主。官途は遠江守。1546年、「河越城の戦い」では、古河公方足利晴氏勢に属した佐野豊綱とともに参陣した。はじめ、古河公方が戦を優位に進まるが、北条氏康の奇襲攻撃により、足利晴氏勢が総崩れになり、神馬忠春も討死した。

木村大隈守【きむらおおすみのかみ(15??~15??)】 

日光山門徒衆。1566年、昌誉から戦功を賞され、石那田郷を与えられた。

木村宮内左衛門【きむらくないざえもん(15??~15??)】

木村大隈守の男。官途は大隈守。通称源七郎。1586年、壬生義雄からの所領を与えられた。

君島広胤【きみしまひろたね(15??~1549)】

塩谷郡船生城主。君島胤家の男。室は芳賀孝高の娘。1549年、那須資晴との戦いで討死した。

君島慶繁【きみしまよししげ(15??~15??)】

君島胤家の次男。宇都宮光明寺桂運寺の開山した。

君島高胤【きみしまたかたね(15??~15??)】

君島広胤の男。1526年、「猿山の戦い」に赤埴綱雄、赤埴綱安、塙大膳、竹林淡路守らとともに参陣して結城政朝勢と戦い戦功を挙げた。1585年、壬生義雄、大門左衛門、鹿沼綱勝らが北条氏直に属して謀反を起こすと、玉井高宗、玉井権大夫、加藤大隅守らと千本城に籠城して壬生義雄勢の動きを牽制した。益子七郎兵衛が、後北条家の誘いで反逆、宇都宮国綱は君島高胤を将としてこれを追討させ、君島高胤はその功により益子城を賜った。

君島永胤【きみじまながたね(15??~1638)】

君島高胤の男。別名君島右衛門。1589年、芳賀高武、多功綱継、笠間綱家、塩谷由綱らと密かに謀った宇都宮国綱に攻められ討死した。1589年、「小田原の役」では、宇都宮国綱をはじめ、佐竹義宣らは小田原に参陣し、後詰めの軍となった。君島高胤も芳賀成高とともにこれに従って戦功を挙げた。1597年、父君島高胤が病没すると、君島家の家督を相続して船生城主となった。しかし、その直後、宇都宮国綱が改易処分に処され、君島永胤も所領を失った。宇都宮国綱の次男宇都宮則綱、川上通正とともに従い那須郡に居を構えたが、その宇都宮則綱も十三歳で病没した。

君島高親【きみしまたかちか(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。官途は備中守。外交に活躍し、佐竹義重の家臣小場義宗、大和田重清らと交渉を行った。

木村和泉守【きむらいずみのかみ(15??~15??)】

塩谷義孝家臣。1564年、塩谷孝信に内応して、川崎城内に塩谷孝信勢を迎え入れ、塩谷義孝を討取った。

九華【きゅうか(1500~1578)】

足利学校庠主。大隅国の出身。足利学校の門下となり三註を学んだ。北条氏康の支援を受け、火災で失われた足利学校を再建した。1560年、職を辞して帰郷する途中、小田原城で北条氏康、北条氏政に周易と三略の講義を行った。金沢文庫旧蔵の宋版文選を贈られて、学校に戻る事を約し、再び庠主の職を務めた。

久我光綱【くがみつみつつな(15??~1572)】

壬生義雄家臣。佐野秀綱の男。久我城主。官途は民部大輔。通称小太郎。別名久我常真。1572年、壬生周長に内応すると、壬生義雄勢の攻撃を受け討死した。家臣たちは、討死した久我光綱の遺骸を引き取って葬り、これを弔うため常真寺を創建した。

久米伊賀守【くめいがのかみ(15??~15??)】

長尾顕長家臣。1584年、「須花坂の戦い」で、佐野宗綱を討取った戦勝報告のため、横瀬勘九郎とともに小田原城に派遣された。北条氏政の意向により由良国繁、長尾顕長らも小田原城に呼び出され、そこで幽閉された。金山城の横瀬勘九郎、久米伊賀守らは由良国繁、長尾顕長の返還を要求したが、逆に北条氏邦、北条氏照勢3500余りの攻撃受けた。由良国繁は桐生城での隠居を余儀なくされ、金山城には北条氏政の家臣清水正次らが在番した。

窪田図書【くぼたとしょ(15??~15??)】

長尾顕長家臣。本覚山城主。

久保田若狭守【(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。別名窪田若狭守。1589年、「小田原の役」では、館林御城には金谷因幡守を大将として大畑治部、久下越後守、江戸宗印、久保田若狭守、長谷川道伴、野田志摩守、大島弥平治、大窪甚五郎、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥など、宗徒の人々十三人と近辺の郷人歩弓が三百六十人あまり籠城した。

黒川房朝【くろかわふさとも(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は丹波守。壬生家四家老のひとり。1521年、「川井の戦い」で戦功を挙げた。1534年、壬生綱房が今宮神社を新造した折の惣奉行として「今宮神社棟札銘写」に名が見える。壬生綱房は坂田山に鹿沼城を築き、玉田御所の森にあった。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した時にも奉行衆に名を連ねる。

黒川正勝【くろかわまさかつ(15??~1589)】 

黒川房朝の男。官途は丹波守。雄琴神社神官職の祖。1587年、多気山城からの夜討ちを受けた際、壬生義雄とともにこれを撃退した。1589年、「小田原の役」で、壬生義雄が病没すると殉死した。

黒川勝重【くろかわかつしげ(15??~15??)】 

黒川正勝の男。1589年、「小田原の役」で、壬生義雄が酒匂川で病没すると、遺品は黒川勝重のもとにに届けられ、雄琴神社に納められた。

黒田邦勝【くろだくんかつ(15??~15??)】

黒田勝幸の男。官途は山城守。1560年、今川義元が討死すると、六角義治の推挙により、宇都宮広綱に仕えた。

黒田信勝【くろだのぶかつ(15??~1585)】

黒田邦勝の男。通称左近正。1573年、宇都宮広綱に属した。1574年、北条氏政勢に内応した壬生義雄勢を攻撃した。

黒田定勝【くろださだかつ(15??~1606)】

黒田信勝の男。官途は山城守。1597年、宇都宮国綱が改易処分を受けると、大宮村に帰農した。

毛塚彦兵衛【けづかひこべい(15??~15??)】

皆川広照家臣。10貫を領した。

小池内蔵助【こいけくらのすけ(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。石那田城主。石那田城1,300石を領した。

小寺丹後守【こでらたんごのかみ(15??~1562)】

足利長尾顕長家臣。1570年、青山出雲守とともに検断役(街奉行)を務めた。1584年、館林に市場を再開させた。

小寺丹後守【こでらたんごのかみ(15??~15??)】

小寺丹後守の男(同名)。榊原康政に仕えた。1614年、「大坂冬の陣」では、青山出雲守とともに人夫を集め、兵糧運搬で功を挙げた。

後藤刑部少輔【ごとうぎょうぶしょうゆう(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。壬生家四家老のひとり。

小林豊後守【こばやしぶんごのかみ(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。深津城主。1576年、小林豊後守の祈祷所であった延命寺が兵火で焼失した。石川内膳正とともに、戦功を挙げた。

籠谷政高【こもりやまさたか(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。籠谷館主。官途は伊勢守。1589年、「 小田原の役」では、戦功を挙げた。役後、所領安堵を受け1,160石を領した。1592年、「文禄の役」に参陣して、宇都宮国綱、芳賀高武らとともに朝鮮に渡った。

児山兼朝【こやまかねとも(15??~1558)】

多功長朝家臣。児山城主。通称三郎左衛門。別名児山義朝。1558年、長尾景虎勢が下野国侵攻すると祇園城、壬生城は落城、宇都宮城を攻略する足掛かりとして多功城を攻撃した。児山兼朝、簗朝光らは、多功長朝の援軍として参陣し戦功を挙げたが、長尾景虎勢の佐野豊綱と戦い討死した。

児山菊朝【こやまきくとも(15??~15??)】

児山兼朝の男。

児山太左衛門【こやまたろうざえもん(15??~15??)】

児山兼朝の次男。1558年、「多功城の戦い」で、多功長朝は長尾景虎勢の攻撃を受けた。この戦いに多功長朝は、子多功房朝、児山兼朝、石崎周防守、野沢将監らとともに応戦、敵の先陣佐野小太郎をはじめ数多くを討取る戦功を挙げた。児山兼朝は、石崎道季、祖母井吉胤、矢板前司、野沢将監らとともに討死した。

------------------------------------------------------

【さ】

斎藤秀隆【さいとうひでたか(15??~15??)】

皆川広照家臣。1575年、皆川広照の意向により粟野城主平野久国を攻落して、粟野城の城主となった。1584年、奪還された。

斎藤清忠【さいとうきよただ(15??~15??)】

飯岡館主。

斎藤重勝【さいとうただしげ(1486~1544)】

斎藤清忠の弟。官途は左京進。通称左衛門尉。別名斎藤忠政。船生城代を務めた。

斎藤定重【さいとうさだしげ(1500~1575)】

斎藤清忠の男。通称左衛門尉。

早乙女藤三郎【さおとめとうさぶろう(1558~15??)】

佐乙女兵庫助の男。1573年、北条氏政が小山領の淡志川城に攻め寄せたが、淡志川勢はそれを退けた。その最前線で一の功名と賞されたのが、わずか早乙女の藤三郎であった。1579年、「鹿沼引田の戦い」で、青柳十介を討取った。これに対し、壬生義雄から領地宛行状が出ている。

早乙女大和守【さおとめやまとのかみ(15??~15??)】

小山高朝の男。1542年、小山高朝から中泉の北嶋郷の一部を所領安堵された。

逆面周防守【さかつらすおうのかみ(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。逆面城主。逆面城1,000石を領した。1585年、「皆川城の戦い」では、宇都宮国綱勢に参陣した。1588年、佐竹義宣勢の支援を受け、宇都宮国綱が皆川広照と戦った際、戦功を挙げた。

逆面佐渡守【さかつらさどのかみ(15??~15??)】 

逆面周防守家臣。

逆面大学【さかつらだいがく(15??~15??)】 

逆面周防守家臣。

逆面弥七郎【さかつらやしちろう(15??~15??)】 

逆面周防守家臣。

早川田唯種【さかわだゆいたね(1504~1553)】

佐野昌綱家臣。官途は左京介。通称善六郎。1553年、「第二次国府台の戦い」で討死した。1554年、家臣らは冥福を祈るため雲竜寺を建立した。

早川田昌俊【さかわだまさとし(1579~1643)】

早川田唯種の孫。室は佐野昌綱の娘。のちに下総古河城主永井直勝に仕え、佐川田と改めた。教養深く、茶道を小堀遠州に学び、また「集外三十六歌仙」のひとりに挙げられる歌人でもあった。

佐久山義隆【さくやまよしたか(15??~1563)】

那須郡佐久山城主。室は大田原資清の娘。佐久山義隆は武勇に優れ家中での評価も高かった。1563年、佐久山義隆はうずら狩りに出かけた所を境が峯で大関高増、福原資孝、大田原綱清らの兵に襲撃され謀殺された。佐久山義隆の才を警戒しての犯行であった。佐久山義隆の妹の半学姫も殺され、佐久山義隆の室は兄弟の非情の行いに涙しつつ、尼となり旦那と義妹を弔いながら一生を終えた。

佐久山泰秀【さくやまやすひで(15??~1586)】

佐久山義隆の男。官途は河内守。1563年、佐久山忠隆は福原城の福原安芸守資孝と争いを起こし落城した。佐久山泰秀は入江野に逃れ入江野城を築いて入江野泰秀を称した。1586年、入江野泰清の時に那須資晴に滅ぼされた。

佐藤宗連【さとうむねつら(15??~15??)】

都賀郡尻内城主。1576年、尻内星宮神社を再興した。

佐野豊綱【さのとよつな(1504~1559)】

安蘇郡唐沢山城主。古河公方足利晴氏家臣。佐野泰綱の男。1547年、「河越城の戦い」では、山内上杉憲政、扇谷上杉朝定、古河公方足利晴氏らに属して参陣するが、北条氏康勢に奇襲を受け大敗した。1559年、長尾景虎の命で宇都宮広綱勢の多功長朝を攻撃したが敗れ討死した。

佐野昌綱【さのまさつな(1530~1574)】

佐野豊綱の男。通称小太郎。1559年、父佐野豊綱の討死により佐野家の家督を相続した。北条氏康勢に属した。長尾景虎が関東に侵攻すると、北条氏政勢から離反して、「小田原城の戦い」に参陣した。ほどなく長尾景虎から離反して、足利義氏に属した。以後、長尾景虎が関東に出陣するたびに、唐沢山城は10回に及ぶ攻撃を受け、長尾景虎に降伏、離反を繰り返した。

佐野宗綱【さのむねつな(15??~1585)】

佐野昌綱の男。佐竹義重らと結んで北条氏直勢に対抗した。1581年、北条氏照に唐沢山城を攻められたが佐竹義重の支援を受けこれを撃退した。1585年、「彦間の戦い」で長尾顕長勢と戦い討死した。

佐野房綱【さのふさつな(1558~1601)】

佐野豊綱の次男。官途は修理大夫。別名「天徳寺宝衍(了白)」。兄佐野昌綱の病没後、家中と不和になり一時主家を退去し、滝川一益勢に属した。1582年、「本能寺の変」後、甥佐野宗綱に帰参した。1585年、甥佐野宗綱が嫡男を残さないまま、足利長尾顕長と戦って討死すると、佐野房綱は佐竹義重から養子を迎えようとするが、北条氏政から養子を迎えることとなり、佐野房綱は再び出奔した。1589年、「小田原の役」では、少数の兵を率いて羽柴秀吉勢に属して唐沢山城を攻略した。役後、唐沢山城39,000石を領した。1592年、「文禄の役」では、肥前名護屋城に参陣した。富田知信の男佐野信吉を養子に迎えて隠居した。

佐野信吉【さののぶよし(1566~1622)】

富田知信の五男(佐野房綱の養子)。官途は修理大夫。1600年、「関ヶ原の役」では、結城秀康勢に属して唐沢山城に籠城した。1602年、春日岡城を築城した。1614年、所領を没収され、信濃国松本に配流された。1620年、赦免されが程なく死去した。

佐野和泉守【さのいずみのかみ(15??~15??)】

佐野宗綱家臣。1584年、「須花坂の戦い」で佐野宗綱が討死すると、佐野家は北条氏政の弟氏忠を養子に迎え、免鳥城は長尾顕長から佐野氏忠へ返還され、佐野和泉守が免鳥城主に任じられた。

佐藤宗連【さのむねつら(15??~15??)】

佐野豊綱。天文年間、尻内城を築城した。1576年、尻内星宮神社を再興した。

佐野弘綱【さのひろつな(15??~15??)】

小弓御所足利義明家臣。通称藤三。奏者を務めた。1538年、「第一次国府台の戦い」に参陣した。

塩谷孝綱【しおやたかつな(1470~1546)】

塩谷郡御前原城主。宇都宮正綱の四男(塩谷隆綱の養子)。官途は伯耆守。1489年、塩谷隆綱の病没により塩谷家の家督を相続した。塩谷家は、宇都宮家の庶家あったが、塩谷隆綱の父塩谷教綱の謀反により宇都宮持綱が謀殺されて以来、関係は断絶していた。塩谷教綱も宇都宮家からの報復により謀殺されている。1509年、那須資房が、塩谷孝綱の家臣大貫石見守、印南修理進、油井筑後守らを内応させ、塩谷孝綱を討とうとする謀略を企てる。塩谷孝綱側はこれをいち早く察知し、塩谷孝綱はこれを重く罰しようとするが、家臣の安藤光忠の進言により、三者とその一門計13名に二度と謀反を起こさないよう起請文を書かせた。塩谷孝綱が塩谷家の家督を継いだばかりの頃は、家臣の中でこれに反発する者が多かったが、この事件をきっかけに塩谷家臣団は、塩谷孝綱の下にまとまっていった。1523年、塩谷孝綱はその勢力を拡大、喜連川塩谷家との争いでは和睦という形で、喜連川塩谷家の支城である乙畑城を手に入れ、次男の塩谷義尾を乙畑城主にし、その弟の孝信を喜連川塩谷家の養子として家督を継がせた。

塩谷義孝【しおやよしたか(1488~1564)】

塩谷孝綱の男。官途は伯耆守。室は宇都宮広綱の養女。側室は岡本正重の娘。1546年、父塩谷孝綱の病没により塩谷家の家督を相続した。弟塩谷孝信が、喜連川塩谷家の養子となりその家督を継いでいたが、塩谷義孝と塩谷孝信の関係が悪化した。塩谷義孝は宇都宮広綱から内室を迎えたが、塩谷孝信は大関高増よりない室を迎えた。1564年、塩谷孝信は、塩谷義孝の居城である川崎城に16騎の精鋭とともに侵入し、塩谷孝信に寝返った木村和泉守が城内にいて手引きし、本丸で就寝していた塩谷義孝は塩谷孝信勢によって討取られた。

塩谷義綱【しおやよしつな(15??~15??)】

塩谷義孝の男。通称弥六郎。1564年、川崎城が木村和泉守の内応により落城、父塩谷義孝が討死すると、大沢康勝とともに宇都野城主山本義宗のもとに落延びた。1566年、塩谷弥六郎は、那須晴資と和議を結び、塩谷孝信の籠城する川崎城を攻撃した。

塩谷孝信【しおやたかのぶ(15??~15??)】

塩谷郡倉ヶ崎城主。塩谷孝綱の次男(塩谷惟朝の養子)。官途は安房守。室に大関高増の娘。1584年、塩谷義孝の攻撃を受けて居城を失った。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」で勝利して倉ヶ崎城を奪還した。1590年、岡本正親の謀略により羽柴秀吉に所領を没収された。

塩谷惟久【しおやこれひさ(15??~15??)】

塩谷孝信の男。室は足利頼純の娘(於嶋)。1589年、「小田原の役」後、羽柴秀吉が宇都宮城に着陣すると、塩谷惟久は於嶋を置いて城を退去した。

清水高信【しみずたかのぶ(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。官途は大和守。1592年、「文禄の役」では、羽柴秀吉との連絡役を務めた。京都に常駐して諸将との外交を差配した。

篠田吉久【しのだよしひさ(15??~15??)】  

壬生義雄家臣。通称源左衛門。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際に奉行衆を務めた。

渋江房宗【しぶえふさむね(15??~15??)】  

壬生綱房家臣。官途は縫殿助。大工職人。1534年、壬生綱房が今宮神社を造営した際大工に任じられた。

渋江長宗【しぶえながむね(15??~1597)】

渋江房宗の男。官途は縫殿助。大工職人。1556年、都落ちで「押原荘」に土着していた千本松家の跡敷を継承して玉田郷に入った。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際大工に任じらえた。壬生義雄の滅亡後は、代々玉田の瑞光寺の檀家惣代を務めた。

渋江長光【しぶえながみつ(15??~1631)】  

渋江長宗の男。大工職人。室は赤羽家の娘。

渋川義勝【しぶかわよしかつ (15??~15??)】

足利郡小俣城主。官途は相模守。古河公方足利義氏に属したが北条氏政が関東の大部分をおさえると由良成繁とともにそれに従った。1572年、膳宗次をはじめとする長尾景虎勢の攻撃を受けたが、膳宗次を討取り長尾景虎勢を退けました。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城して鼻口を守備した。落城後,所領没収のうえ身柄を秋元長朝にあずけられた。

渋垂伊勢守【しぶたるいせのかみ(15??~15??)】

長尾顕長家臣。渋垂館主。

渋垂筑前守【しぶたるちくぜんのかみ(15??~15??)】

渋垂伊勢守の男。

禅泉院昌膳【しょうぜん(1518~1542)】

日光山座主。壬生綱房の男。

座禅院昌淳【しょうじゅん(1567~1631)】

日光山座主。1572年、権別当として中禅寺宝殿を造立した。1582年、中禅寺拝殿の上葺を行った。1589年、「小田原の役」で、壬生義雄が病没すると、羽柴秀吉から神領の大半の没収された。1607年、日光山の諸堂の維持保全に尽力した。

白石豊前守【しらいぶぜんのかみ(15??~15??)】

足利長尾政長家臣。1562年、長尾政長が館林城を居城とすると岩井山城は白石豊前守が城代として配置された。

関口但馬守【せきぐちたじまのかみ(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1566年、「皆川城の戦い」では、北条氏政勢の攻撃を受けたが撃退した。
 
関口彦四郎【せきぐちひこしろう(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1566年、「皆川城の戦い」では、北条氏政勢の攻撃を受けたが撃退した。

千本資次【せんぼんすけつぐ(15??~15??)】

那須政資家臣。芳賀郡千本城主。那須家七騎衆のひとり。

鈴木重康【すずきしげやす(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。通称修理亮。1587年、日光山門徒と北条氏直勢が日光に攻め寄せた際、上郷衆の上平勝重、金枝光任、飯岡知貞、糟谷政武、小宅高祐とともに倉ヶ崎城に籠城した。大門資長が北条氏直勢に内応したため、倉ヶ崎城は落城他の五将とともに討死した。内応した大門弥次郎も北条氏直に謀殺された。

千本資俊【せんぼんすけとし(1522~1585)】

千本資次の男。官途は常陸介。1549年、「五月女坂の戦い」後、那須高資と那須資胤との間に内紛が起こった際、那須資胤を支援した。1551年、芳賀高定の謀略にかかり、那須高資を千本城で誘殺した。このため那須家を追われたが。家督を相続した那須資胤に許され帰参、腹心として権勢を振るった。1583年、那須資胤が病没すると、大関高増と対立した。1586年、大関高増の謀略により那須資晴に太平寺に誘い出され嫡男千本資政とともに謀殺された。

千本資政【せんぼんすけまさ(1541~1585)】

千本資俊の男。室は大関高増の娘。那須資晴、大関高増と不仲となり、父千本資俊とともに謀殺された。

千本義隆【せんぼんよしたか(1552~1615)】 

茂木知持の次男(千本資俊の養子)。官途は大和守。室は那須資胤の娘。別名千本義政。千本資俊の養子となるが、千本資俊に実子の千本資政が生まれると不仲になり、実家の茂木家に戻った。1585年、千本資俊、千本資政父子が大関高増、大田原綱清、福原資孝らの謀略で謀殺されると、千本家の名跡を相続した。千本家の領地は大関高増、大田原綱清、福原資孝、大谷津周防守(謀殺現場となった滝寺住職)に分配され、残りを千本義隆が領した。1589年、「小田原の役」では、千本義定とともに羽柴秀吉勢に属して参陣した。役後、芳賀郡内で2,070石を領する。1592年、「文禄の役」でも千本義定とともに肥前名護屋城の参陣した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属して内室を江戸城に人質に差し出し、所領を安堵された。

千本義定【せんぼんよしさだ(1565~1623)】

千本義隆の男。通称又七郎。1589年、「小田原の役」では、父千本義隆とともに羽柴秀吉勢に属して参陣した。1592年、「文禄の役」では、肥前名護屋城に参陣した。1600年、「関ヶ原の役」では松平元康勢に属した。役後、所領を安堵された。

千本道長【せんぼんみちなが(15??~15??)】

千本義隆家臣。室は福原資郡の娘。

千本資勝【せんぼんすけかつ(1574~1630)】

福原資孝の三男(千本道長の養子)。通称帯刀。1602年、磐城国の岩城貞隆が減封になり羽後国久保田城になった際、皆川隆庸とともに牛越城の城番を務め、300石の加増を受け880石を領した。1614年、安房国の里見忠義が改易された際、内藤政長、本多忠朝に属して、館山城の守備を務めた。1614年、「大坂冬の陣」では、本多正信勢に属して参陣した。1619年、松平秀忠の上洛では、供奉し駿府城の城番を務めた。

小曾根筑前守【こそねちくぜんのかみ(15??~15??)】

長尾顕長家臣。小曽根館主150貫文を領した。

------------------------------------------------------

【た】

大門資長【だいもんすけたけ(15??~15??)】

壬生綱房の三男。村井城主。官途は左衛門尉。通称弥次郎。別名壬生資長。鹿沼と壬生の交通路を掌握、確保するために鹿沼、壬生間の中継地点に位置する村井城主に任じられた。

大門資忠【だいもんすけただ(15??~15??)】

大門資長の男。官途は図書助。通称弥七郎。

大門弥二郎【だいもんやじろう(15??~1587)】

大門資忠の男。1587年、鞍ヶ崎城に籠城、大門弥二郎は上郷衆の金枝光任、上平勝重、飯岡知貞、糟谷政武、小宅高祐、鈴木重康らとともに守備するも、大門弥二郎の内応により落城した。

高木宗吉【たかぎむねよし(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は伊勢守。1567年、磯山神社に鰐口を壬生義雄、小野口祐吉とともに奉納した。

高木道重【たかぎみちしげ(15??~15??)】

多功長朝家臣。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると多功長朝、多功房朝、簗朝光、簗吉朝、石崎通季、上野祐朝、児山兼朝、野澤保辰、木田淡路守、伊澤遠江守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らとともに参陣jした。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝らが討死する激戦だった。

高瀬綱清【たかせつなきよ(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。田沼秀直の弟。官途は紀伊守。1571年、高瀬伊豆守。とともに免鳥城代に任じられた。兵糧調達や唐沢山城修築などの奉行職を務めた。

高瀬伊豆守【たかせいずのかみ(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。1571年、高瀬綱清とともに免鳥城代に任じられた。

高瀬正道【たかせまさみち(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。官途は遠江守。通称六郎左衛門。佐竹義重との取次役を務めた。

高瀬縫殿助【たかせぬいどのすけ(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。家老職を務めた。1566年、長尾景虎勢の攻撃を受けた。

高野勝吉【たかのかつよし(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。通称新左衛門尉。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、奉行衆を務めた。

高野房吉【たかのふさよし(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。通称新左衛門。壬生周長が謀反を起こした際、壬生義雄勢に属して参陣した。

高野吉宗【たかのよしむね(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、大工を務めた。

高根沢新右衛門【たかねざわしんえもん(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。高根沢城主。高根沢城575石を領した。

高橋吉長【たかはしよしなが(15??~15??)】 

壬生義雄家臣。官途は縫殿亮。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、奉行衆を務めた。

高橋豊後守【たかはしぶんごのかみ(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。太閤検地の奉行を務めた。

高村越前守【たかむらえちぜんのかみ(15??~15??)】

壬生周長家臣。通称久左衛門。官途は越前守。1571年、「鹿沼引田の戦い」で戦功を挙げた。

高山右馬介【たかやまうまのすけ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

竹沢清秀【たけざわきよひで(15??~15??)】

佐野昌綱家臣。伊勢崎城主。佐野家四天王のひとり。

竹沢定冬【たけざわさだふゆ(15??~15??)】

竹沢清秀の男。官途は刑部少輔。

竹間源五【たけまげんご(15??~1589)】

壬生義雄家臣。1589年、「鹿沼城の戦い」で市田備中守に討取られた。

竹間兵吉【たけまへいきち(15??~1589)】

竹間源五の男。鬼神と称せられた。1589年、「鹿沼城の戦い」で討取られた。

多功長朝【たこうながとも(1485~1558)】

河内郡多功城主。多功建昌男。宇都宮興綱家臣。官途は石見守。1549年、「五月女坂の戦い」に参陣して戦功を挙げたが、宇都宮尚綱の討死によって敗北した。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると家臣の多功房朝、簗朝光、簗吉朝、石崎通季、上野祐朝、児山兼朝、野澤保辰、高木道重、木田淡路守、伊澤遠江守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らと援将の祖母ヶ井吉胤、矢板長則らが参陣した。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝、高木道重らが討死する激戦だった。長尾景虎勢は敗走、武蔵国岩槻城主太田資正の仲介により長尾景虎との間に和議が結ばれた。

多功房朝【たこうふさとも(1503~1589)】

多功長朝の男。官途は石見守。別名多功房興。1572年、北条氏政勢の北条氏照、太田氏房、松田左馬助らが下野国に侵攻、祗園城を攻め落として多功城へと迫った。多功房朝は、簗吉朝、野澤保辰、石崎通季、高木道重とともの防戦した。宇都宮広綱からの援軍、赤垣高綱、戸祭房相、野中則興、祖母ヶ井越前守らの援軍が到着、北条氏政勢は撤退した。

多功綱継【たこうつなつぐ(1543~1593)】

多功長朝の次男。1584年、家臣の石崎通長は一番頸を挙げた。1589年、北条氏邦に多功城を攻められたが撃退した。北条氏直と和議を結んだ際、使者に遣わされた。1589年、「小田原の役」では、宇都宮国綱の陣代として羽柴秀吉に謁見、宇都宮家の本領安堵をとりつけた。1597年、宇都宮国綱が改易されるに及び、多功綱継も運命をともにした。

多功綱賀【たこうつなのり(1526~1595)】

多功房興の男。官途は石見守。

踏鞴戸平兵衛【たたらどへいべえ(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。踏鞴戸館主。踏鞴戸平兵衛領は砂鉄を使った製鉄で栄えた。1544年、箒川大洪水により、踏鞴戸村や周辺の村々が壊滅し、踏鞴戸平兵衛は勢力を失った。

立木図書【たちきとしょ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、白石豊前守、大沼田淡路守、市川右衛門、久米伊賀守、新井図書、小曾根筑前、南掃部、小沼正五郎、小菅縫殿助、江川左衛門、山川丹後守とともに足利城に籠城した。

伊澤遠江守【だておおみのかみ(15??~15??)】

多功長朝家臣。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると、多功長朝の家臣簗朝光、簗吉朝、石崎通季、上野祐朝、児山兼朝、野澤保辰、高木道重、木田淡路守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らと援将の祖母ヶ井吉胤、矢板長則らとともに参陣した。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝、高木道重らが討死する激戦だった。長尾景虎勢は敗走、武蔵国岩槻城主太田資正の仲介により長尾景虎との間に和議が結ばれた。

田沼秀直【たぬまひでなお(15??~15??)】

佐野氏忠家臣。高瀬綱清の兄。

玉生高宗【たまにゅうたかむね(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。官途は美濃守。35,000石を領した。

玉生盛久【たまにゅうもりひさ(15??~1667)】 

玉生高宗の男(須田盛秀の養子)。1597年、宇都宮国綱が羽柴秀吉の怒りに触れ、改易処分に処されると、義兄小貫頼久の推挙で佐竹義宣に仕えた。1615年、「大坂夏の陣」に参陣して戦功を挙げた。その後、須田盛秀の養子となり須田盛久と称した。

玉生権太夫【たまにゅうごんだゆう(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。太閤検地の奉行人となる。下野国の総奉行は浅野長政であった。浅野長政の部下が実際の奉行となり、下野の大名の家臣もそれに加わった。

寺嶋式部丞【てらしましくぶのじょう(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1566年、「皆川城の戦い」では、北条氏政勢の攻撃を受けたが撃退した。

戸祭房相【とまつりふさそう(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。官途は備中守。1572年、小山祇園城主小山秀綱を討つため、北条氏政勢の北条氏邦、太田氏房が支城の多功城を攻撃した。寄手の大将松田左馬助は、城方の簗吉朝の矢により討死した。北条氏邦はさらに城攻めを続けようとするが、宇都宮国綱が赤垣高綱、戸祭房相、野中則興、祖母井越前守、壬生伯耆守ら1,500余りを派遣したため、北条氏邦勢は退却した。

戸室惣左衛門【とむろそうざえもん(15??~15??)】 

宇都宮広綱家臣。1576年、多気山城を築城すると、在番に任じられた。

豊田信久【とよだのぶひさ(15??~15??)】

壬生義雄家臣。官途は和泉守。壬生周長が謀反を起こした際、壬生義雄勢に属して参陣した。

豊田吉忠【とよだよしただ(15??~15??)】

壬生義雄家臣。官途は和泉守。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、奉行衆を務めた。

鳥山伊賀守【とりやまいがのかみ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

------------------------------------------------------

【な】

長江図書【ながえとしょ(15??~1589)】

皆川広照家臣。1589年、「小田原の役」では、北条氏直勢に属して参陣したが討死した。

足利長尾憲長【ながおのりなが(1503~1550)】

足利郡足利城主。山内上杉憲寛家臣。長尾景長の男。官途は但馬守。通称新五郎。室は横瀬景繁の娘。山内上杉家の(家宰)筆頭家老職。1528年、父長尾景長の病没により足利長尾家の家督を相続した。白井長尾景誠が謀殺されると、総社長尾顕方とともに事態の収拾を図り、長尾憲景を白井長尾家の当主に擁立した。関東管領が山内上杉憲寛から山内上杉憲政に交替した後も筆頭家老を務めた。

足利長尾景長【ながおかげなが(1527~1569)】

長尾憲長の男。官途は但馬守。別名長尾当長。1552年、山内上杉憲政が越後国に落延びると、北条氏康に降った。関東管領職を山内上杉憲政から譲られた長尾景虎が関東出兵を繰り返すようになると長尾景虎勢に属した。1562年、長尾景虎が館林城を攻略すると、館林城主に任じられた。1569年、「越相同盟」が結ばれると、長尾景虎と北条氏政の軍事的、外交的な折衝を務めた。

足利長尾顕長【ながおあきなが(1556~1621)】

由良成繁の三男(長尾景長の養子)。室は長尾景長の娘。足利長尾景長の娘を娶り、その家督を相続した。1582年、滝川一益が上野国に進駐すると、兄由良国繁とともに滝川一益に属した。「本能寺の変」後、北条氏直勢に属した。1585年、佐野宗綱勢と戦いこれを討取った。1589年、「小田原の役」では、北条氏直勢に属したため、役後改易処分に処された。

足利長尾宣景【ながおのぶかげ(15??~15??)】

長尾顕長の男。室は由良国繁の娘。土井利勝に仕え1,200石を領した。

足利長尾宣長【ながおのぶなが(15??~15??)】

長尾顕長の次男。

足利長尾政長【ながおまさなが(15??~15??)】

長尾景長の男。通称新五郎。1562年、長尾政長が館林城を居城とすると、岩井山城には城代として白石豊前守を配置した。
 
足利長尾宣景【ながおのぶかげ(15??~15??)】

長尾顕長の男。通称熊太郎丸。室は由良国繁の娘。土井利勝に仕え1,200石を領した。

長島外記【ながしまげき(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

永山忠好【ながやまただよし(15??~15??)】

宇都宮忠綱家臣。別名道損。毎年八美濃守から宇都宮忠綱に届けられる品物を取次ぐ役目を務めた。伊勢新宮の神領となった栗嶋郷の代官を務めた。「大永の乱」で宇都宮忠綱と芳賀高経が対立すると、宇都宮忠綱勢に属したが「猿山の戦い」で大敗、常陸国に落延びた。

中村玄角【なかむらげんかく(15??~1544)】

宇都宮尚綱家臣。中村城主。官途は日向守。宇都宮尚綱のともで五本の指に入るほどの闘将。1544年、水谷正村勢の攻撃を受け一旦は撃退したが逆襲を受け討死した。

中村時長【なかむらときなが(15??~15??)】

中村玄角の男。1544年、水谷正村勢の攻撃を受け父中村玄角が討死すると、中村時長は中村城から落延び、伊達輝宗に仕えた。

那須政資【なすまさすけ(15??~1546)】

那須郡烏山城主。那須資房の男。室は岩城常隆の娘。1514年、下那須家の出身だったが、上那須家の大関宗増、大田原資清に擁立され、上那須家の家督を相続した。父那須資房が隠居すると上下那須家を統一した。上那須資永、結城顕頼、岩城常隆、那須資親、宇都宮尚綱らの近隣諸侯と対立して、戦いを繰り広げた。那須高資を擁する大関宗増、大田原資清勢の攻撃を受け烏山城から追い落された。宇都宮尚綱の支援を受け上那須地方に拠って抵抗を続けた。1539年、宇都宮尚綱、佐竹義篤と結んで、烏山城の那須高資を攻撃した。1544年、那須高資と和議を結び隠居した。

那須高資【なすたかすけ(15??~1551)】

那須政資の男。官途は修理大夫。大関宗増、大田原資清らに擁立され、父那須政資と戦った。那須政資を烏山城から追落し那須家の家督を奪った。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱を討取る戦功を挙げた。1551年、那須高資は、宇都宮広綱の家臣芳賀高定の謀略にかかり千本資俊に誘殺された。

那須資胤【なすすけたね(15??~1583)】

那須政資の次男。官途は修理大夫。室は芦野資豊の娘。1551年、那須高資が芳賀高定の謀略にかかり千本資俊に謀殺されると、那須家の家督を相続した。1555年、佐竹義昭と結び北方の芦名盛氏や結城義親と戦った。1560年、「小田倉の戦い」で、苦戦を強いられ、大関高増、大田原綱清を叱責、責任を追及したのを機に、大関高増、大田原綱清らとの対立した。大関高増は佐竹義重の弟佐竹義尚を那須家の養子に迎え、那須資胤の排斥を画策した。以後、佐竹義重勢の支援を受けた大関高増、大田原綱清と戦いを繰り広げた。1561年、大関高増、大田原綱清は、那須資胤の隠居を条件に和議を結んだ。1572年、佐竹義重とも和議を結んだ。那須資胤の娘と佐竹義宣の婚約を成立させ、那須郡武茂城と茂木城を佐竹義重に割譲した。1578年、佐竹義重、宇都宮国綱、結城晴朝、江戸重通、大掾貞国らとと常陸国小川台で盟約を結び、北条氏政に対抗した。

那須資晴【なすすけはる(1557~1610)】

那須資胤の男。官途は大膳大夫。通称与一。室は結城晴朝の娘。1578年、「小川台の戦い」に父那須資胤とともに参陣した。1583年、父那須資胤が病没すると、佐竹義重勢の侵攻を受けるがこれを撃退した。1585年、「薄葉原の戦い」で宇都宮国綱、塩谷義綱勢を撃破った。大関高増による千本資俊の謀殺を承認した。那須資晴は北条氏直、伊達政宗と結び佐竹義重、結城晴朝、宇都宮国綱と戦った。1589年、「小田原の役」後、北条氏直勢に属したため、改易処分となったが、大田原晴清の尽力により、那須資晴の嫡男那須資景が5,000石を領した。後に那須資晴も許され5,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」では、那須資景が松平元康勢に属して戦功を挙げた。

那須資景【なすすけかげ(1586~1656)】

那須資晴の男。官途は左京大夫。通称与一。1589年、「小田原の役」後、父那須資晴は一時没領となったが、大田原資清らの尽力で那須資景が5,000石を領した。1600年、「関ヶ原の役」では、松平元康勢に属した。1602年、1000石の加増を受け、枝連衆の高瀬弥六に200石、大田原周防守に200石、那須八郎に880石、大田原弥次郎に440石が加増され、那須資景の所領と合わせて8,080石を領した。1610年、那須資晴が病没すると、その遺領6,000石を相続して14,080石を領して諸侯に列した。1615年、「大坂夏の陣」では、大田原晴清らとともに本多正信勢に属して戦功を挙げた。

七井勝忠【なないかつただ(15??~1584)】

益子勝宗の五男。七井城主。別名益子勝忠。父益子勝宗は、兄益子勝家を謀殺して益子家の家督を相続した。七井の矢島城を攻めた益子勝宗は、七井に五男七井勝忠を入れて城主とした。1584年、宇都宮国綱に謀反を起こして、尾羽寺で謀殺された。

七井忠兼【なないただかね(15??~1586)】

七井勝忠の男。1586年、「新福寺の戦い」で茂木山城守勢と戦って討死した。

成田弾正忠【なりただんじょうちゅう(15??~15??)】

皆川俊宗家臣。1566年、「皆川城の戦い」では、北条氏政勢の攻撃を受けたが撃退した。

南摩長綱【なんまながつな(15??~15??)】 

上南摩城主。南摩満綱の男。官途は備前守。1523年、「河原田の戦い」に参陣した。

南摩綱豊【なんまつなとよ(15??~15??)】 

南摩長綱の男。官途は出羽守。通称孫太郎。

南摩綱善【なんまつなよし(15??~1598)】

南摩綱豊の男。官途は筑後守。通称孫太郎。1572年、「深沢の戦い」で戦功を挙げた。宇都宮国綱勢に属した。1576年、久我家我が壬生義雄との戦いに敗れて討死すると、南摩綱善は壬生義雄に従属した。1589年、「小田原の役」では、壬生義雄勢に属して小田原城に籠城した。役後、所領没収された。

南摩泰綱【なんまやすつな(15??~16??)】

南摩綱善の男。通称孫太郎。1589年、「小田原の役」後、下総国矢作城主鳥居元忠に仕え、大目付を務めた。1600年、「伏見城の戦い」で鳥居元忠が討死すると、鳥居忠政に仕えた。

西方綱朝【にしかたつなより(15??~15??)】

宇都宮家臣。西方城主。官途は安房守。皆川、壬生と対峙しながら自領の安堵、拡張を図った。1550年、「河越城の戦い」以後、後北条家の北関東への進出が活発化した。1560年、長尾景虎勢が関東に侵攻すると、関東の諸将とともに長尾景虎勢に属した。

西方綱吉【にしかたつなよし(15??~15??)】

西方綱朝の男。1582年、織田信長の家臣滝川一益が上野国に進駐すると、これに誼を通した。1585年、皆川広照は、北条氏直勢の攻撃を受け降伏した。北条氏直勢の先陣を命じられた、皆川広照勢の攻撃を受け西方城は落城した。1588年、佐竹義重の支援を受けた宇都宮国綱勢とともに、皆川広照勢と戦い西方城の奪還した。

野澤保辰【のざわやすたつ(15??~15??)】

多功長朝家臣。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると多功長朝、多功房朝、簗朝光、簗吉朝、石崎通季、上野祐朝、児山兼朝、高木道重、木田淡路守、伊澤遠江守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らとともに参陣jした。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝、高木道重らが討死する激戦だった。

野中則興【のなかのりおき(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。官途は伊予守。1572年、小山祇園城主小山秀綱を討つため、北条氏政勢の北条氏邦、太田氏房が支城の多功城を攻撃した。寄手の大将松田左馬助は、城方の簗吉朝の矢により討死した。北条氏邦はさらに城攻めを続けようとするが、宇都宮国綱が赤垣高綱、戸祭房相、野中則興、祖母井越前守、壬生伯耆守ら1,500余りを派遣したため、北条氏邦勢は退却した。

------------------------------------------------------

【は】

芳賀高経【はがたかつね(15??~1541)】

芳賀郡真岡城主。芳賀景高の男。官途は右兵衛尉。1521年、宇都宮尚綱に兄芳賀高勝が謀殺され、芳賀惣領家の家督は、宇都宮正綱の三男宇都宮興綱が相続した。宇都宮興綱が宇都宮忠綱を追放して、宇都宮惣領家を相続すると、芳賀家は芳賀高経が相続した。以後叔父塩谷孝高とともに芳賀家復興に尽力した。1541年、壬生綱房と結んで児山城に籠城して宇都宮家に叛旗を翻すが、宇都宮尚綱、益子高定らの攻撃によって討死した。

芳賀高照【はがたかてる(15??~15??)】

芳賀高経の男。1541年、父芳賀高経が宇都宮尚綱に叛して討死すると、宇都宮家の政敵那須家を頼った。1549年、那須高資の支援を受けて「五月女坂の戦い」で宇都宮尚綱を討取った。1555年、芳賀高照は、和議の条件として芳賀高定によって真岡城に招かれたさいに謀殺された。

芳賀高継【はがたかつぐ(15??~1592)】

芳賀高経の次男。官途は伊賀守。通称十郎。1570年、芳賀家の惣領職であった芳賀高定から家督を譲られる。宇都宮広綱の後見であった芳賀高定の跡を受けて、1589年、宇都宮国綱と不仲になるがまもなく復帰した。

芳賀高定【はがたかさだ(15??~15??)】

益子勝宗の男(芳賀高経の養子)。官途は伊賀守。宇都宮尚綱の意向で芳賀高経の養子となった。1541年、謀叛を起こした芳賀高経を討取った。1549年、「五月女坂の戦い」に参陣したが、宇都宮尚綱が討死した。1551年、宇都宮城が落城すると、宇都宮広綱とともに真岡城に退去した。1551年、那須高資を謀殺した。1555年、芳賀高照を真岡城で誘殺した。1557年、佐竹義昭の支援を受けて宇都宮城を奪還した。宇都宮広綱に仕え、宇都宮家の重鎮として国政、外交に広く活躍した。晩年は芳賀高照の弟芳賀高継を登用するなど、人格的にも優れたものを持っていた。

芳賀高武【はがたかたけ(1572~1612)】

宇都宮広綱の三男(芳賀高継の養子)。官途は左兵衛尉。通称十郎。1589年、芳賀家の家督を相続して権勢を振るった。1592年、「文禄の役」に参陣した。1597年、兄宇都宮国綱の養子問題が起き、浅野長重の入嗣に強硬に反対して騒動を生ぜしめ、これを理由に宇都宮家は改易された。宇都宮国綱とともに伊勢内宮に宇都宮家再興の願文を納めた。

芳賀高景【はがたかかげ(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。芳賀郡氏家城主。官途は駿河守。1589年、「小田原の役」では、宇都宮国綱とともに参陣して羽柴秀吉に拝謁した。

長谷川道伴【はせがわどうはん(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、金谷因幡守を大将に大畑治部、久下越後守、江戸宗印、久保田若狭守、野田志摩守、大島弥平治、大窪甚五郎、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥らとともに館林城に籠城した。

鳩山勝吉【はとやまかつよし(15??~15??)】

壬生義雄家臣。官途は将監。壬生周長が謀反を起こすと、壬生義雄勢に属して参陣した。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、献之筆者を務めた。

鳩山朝久【はとやまともひさ(15??~15??)】

壬生義雄家臣。通称惣右衛門。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、酒奉行を務めた。

林又十郎【はやしまたじゅうろう(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

久下越後守【ひさしたえちごのかみ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1582年、「金山城の戦い」で大畑治部とともに館林城を守備した。1589年、「小田原の役」では、館林御城には金谷因幡守を大将として大畑治部、久下越後守、江戸宗印、久保田若狭守、長谷川道伴、野田志摩守、大島弥平治、大窪甚五郎、設楽新八郎、葦沼左内、篠塚半弥など、宗徒の人々十三人と近辺の郷人歩弓が三百六十人あまり籠城した。

平野久国【ひらのひさくに(15??~15??)】

宇都宮国綱家臣。栗野城主。通称大膳亮。1575年、皆川広照勢の攻撃を受け落城するが、佐野宗綱の支援を受け粟野城を奪還した。再び、皆川広照の攻撃を受け、佐野昌綱勢とともに防戦したが落城した。この戦で、皆川広照の家臣大将斎藤秀隆や平野久国らが討死した。

平石高治【ひらいしたかはる(15??~15??)】

祖母井吉胤家臣。芳賀郡平石館主。官途は紀伊守。

福田対馬守【ふくだつしまのかみ(15??~15??)】

壬生義雄家臣。官途は対馬守。

福田弥太郎【ふくだやたろう(15??~15??)】

壬生義雄家臣。1579年、「鹿沼城の戦い」で壬生周長勢と戦い戦功を挙げた。戦後、神山左京亮の領地だった日向領の内13貫800文、玉田隼人の7貫500文、御征作2貫500文の加増を受けた。

福地綱久【ふくちつなひさ(15??~15??)】

佐野豊綱家臣。椿田城主。官途は丹波守。1560年、椿田城を築城した。

福地寧久【ふくちやすひさ(15??~15??)】 

福地綱久の男。官途は出羽守。1575年、佐野宗綱から田嶋、羽根田の内250貫文を加増を受けた。1580年、福地寧久は、山上照久、松本丹守とともに足利長尾勢と戦い戦功を挙げた。

福地智之【ふくちともゆき(15??~16??)】

福地寧久の男。官途は帯刀。高瀬遠江守、大貫大和守、高山外記、津野孫十郎らとともに五奉行のひとりとして活躍した。佐野房綱のもとで積極的に領内を統治した。年貢や賦課、領内の年貢高の確定、不作地の減免により、農民の負担を軽減しながら開発を進行させ、行政面で手腕を発揮した。1614年、佐野が改易処分を受けると帰農した。

福原資衝【ふくはらつけかね(15??~15??)】

那須高資家臣。那須郡片府田城主。別名福原資安。那須七騎衆のひとり。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱と戦い戦功を挙げた。福原資衡には嗣子が無く、那須高資の弟福原資郡を養子に迎えた。

福原資郡【ふくはらすけくに(15??~1566)】 

那須政資の男(福原資衝の養子)。通称九郎。福原資衝の養子となり福原家の家督を相続した。後に大田原資清の男の大田原資孝を養子とし福原家の家督を譲った。兄那須資胤を補佐し枝連衆の重鎮として活躍した。

福原資孝【ふくはらすけのり(15??~1614)】

大田原資清の男(福原資郡の養子)。官途は安芸守。通称孫太郎。1589年、「小田原の役」に参陣し、那須郡福原2,610石余を領した。1600年、「関ヶ原の役」では松平元康勢に属して、佐竹義宣に備えた。

福原資保【ふくはらすけやす(1571~1633)】

福原資孝の次男(福原資広の養子)。1598年、兄福原資広の養子となって福原家の家督と2,610石余を相続した。1600年、「関ヶ原の役」では、皆川広照、服部正成らとともに大田原城に籠城して、長尾景勝勢に備えた。役後那須郡内で300石を加増された。1602年、寒川郡、都賀郡内で4,500石を領した。1614年、「大坂冬の陣」では本多正信勢に属した。

藤岡清房【ふじおかきよふさ(15??~1577)】

佐野泰綱家臣。藤岡城主。官途は佐渡守。室は佐野泰綱の娘。1577年、北条氏政との内通の嫌疑をかけられ、佐野宗綱勢の攻撃を受け内室とともに自刃した。

藤倉勘斎【ふじくらかんさい(15??~15??)】

壬生綱房家臣。羽生田城主。

富士源太【ふじげんた(15??~15??)】

佐野宗綱家臣。1573年、佐野昌綱は県城主県下野守を討つべく富士源太を遣わして県城を夜襲した。1584年、「須花坂の戦い」で佐野宗綱が討死すると、佐野氏忠が家督を相続した。佐野氏忠の意向で、大貫越中守を竹沢山城守ら300余りで討取った。

藤田助宗【ふじたすけむね(15??~15??)】  

壬生綱房家臣。官途は兵部少輔。1579年、壬生周長が謀反を起こすと、壬生義雄勢に属して戦功を挙げた。1587年、壬生義雄が今宮神社を修復した際、奉行を務めた。

北条勝時【ほうじょうかつとき(15??~15??)】

宇都宮広綱家臣。今泉高光とともに、浅野長政の三男浅野長重を宇都宮家に迎える工作を行った。芳賀高武は血筋のつながらない他国者を養子とすることに反対した。これが、羽柴秀吉の怒りを買い、北条勝時は斬頸に処された。

北条義興【ほうじょうよしおき(15??~15??)】

茂木守綱家臣。1573年、武茂守綱は佐竹義久が佐竹義重の意向を受けて武茂城を攻撃した際、北条義興が東義久勢に赴き和議をまとめた。

細井光明【ほそいみつあき(15??~1560)】

小山秀綱家臣。都賀郡細井城主。官途は伊勢守。1560年、壬生義雄勢と戦って討死した。

細谷助九郎【ほそやすけくろう(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

堀江彦助【ほりえひこすけ(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、小田原城に籠城した。

------------------------------------------------------

【ま】

益子勝清【ましこかつきよ(1504~1554)】

芳賀郡西明寺城主。宇都宮成綱家臣。益子勝光の男。官途は宮内大夫。1539年、宇都宮尚綱が結城政朝と対立したが、結城政朝の家臣水谷正村に翻弄された。益子勝清は重い軍役を担わされたため、宇都宮尚綱のもとを離れ結城政朝勢に属し下館に転封した。その後、益子勝清は下館病没した。

益子勝家【ましこかついえ(1521~1545)】

益子勝清の男。1545年、益子勝家は再び益子領に復帰するも、弟益子勝宗に謀叛を起こされて謀殺された。

益子勝宗【ましこかつむね(1529~1593)】

益子勝清の次男。官途は信濃守。1545年、益子勝宗は兄益子勝家を謀殺し益子家の家督を奪った。1546年、宇都宮広綱から追討を受けると、水谷正村勢もとに落延びたが、まもなく帰順した。1559年、矢島城主七井綱代を攻撃して多田羅館に敗走させた。高館城を修築して居城とし七井城を築いて五男七井勝忠を入れて城主した。1578年、武田勝頼が上野国に侵攻すると、北関東諸将はこれに対抗した。益子勝宗も小田氏治の家臣信田彌四郎らとともに武田勝頼の陣へ夜襲をかけ、内藤昌月と跡部勝資を敗走させた。

益子安宗【ましこやすむね(1562~1635)】

益子勝宗の三男。官途は宮内大輔。兄益子信勝が武田晴信から偏偉を授けられたことで、宇都宮広綱の正室南呂院に疎まれ、大関清増に仕えたため、益子安宗が益子家の家督を相続した。1579年、家臣の加藤上総介の讒言により幽閉され、十八歳の若さで嫡男益子家宗に家督に譲らされた。

益子家宗【ましこいえむね(15??~15??)】

益子安宗の男。1579年、父益子安宗の隠居により、幼少の身で子家の家督を相続した。益子家宗は一貫して宇都宮国綱を支持した。1584年、家臣の七井勝忠が宇都宮国綱に謀反を起こし、尾羽寺で謀殺された。

益子重綱【ましこしげつな(15??~15??)】

富谷城主。1583年、笠間幹綱と争い結城晴朝の支援を受けてこれを撃破した。1589年、益子家は宇都宮家により滅ぼされた。

三上大膳亮【みかみだいぜんのりょう(15??~15??)】 

壬生綱房家臣。官途は大膳亮。壬生四家老のひとり。

壬生綱房【みぶつなふさ(1479~1555)】

北都賀郡壬生城主。壬生綱重の男。官途は下総介。側室は横手一伯の娘。東国に下向していた連歌師の柴屋軒宗長を迎えて、連歌の会を催した。1526年、「猿山の戦い」では、結城政朝、芳賀興綱らに敗れた宇都宮忠綱が壬生綱房を頼って鹿沼城に落延びるとこれを庇護した。1527年、宇都宮忠綱を謀殺して芳賀興綱の家督の簒奪に協力した。1532年、芳賀興綱の嫡男宇都宮尚綱を擁立して芳賀興綱を隠居させ、宇都宮家の実権を握った。1534年、壬生綱房は日光山の神領支配の惣政所として、領内の総鎮守今宮神社の社殿を新造した。また次男昌膳が日光山の中心座禅院の権別当として聖、俗の両面から日光山を掌握した。その後、宇都宮尚綱、芳賀高定らと対立し、芳賀高経、芳賀高照勢に属した。1549年、「五月女坂の戦い」で宇都宮尚綱が討死すると、芳賀高照らとともに宇都宮城を占拠した。

壬生周長【みぶかねなが(15??~1579)】

壬生綱重の次男。甥壬生綱雄とともに、宇都宮尚綱宿老として重んじられたが、恩賞への不満から宇都宮尚綱と対立した。1549年、「五月女坂の戦い」で宇都宮尚綱は討死すると、壬生綱房とともに宇都宮城を占拠しますが、結局敗退した。1576年、宇都宮広綱の内意を受けて壬生綱雄を謀殺して、鹿沼城主となり、宇都宮広綱を補佐した。1579年、壬生義雄に討たれた。

壬生綱雄【みぶつなお(1517~1576)】

壬生綱房の男。官途は下総介。1555年、父壬生綱房が死去すると、芳賀高定ら攻撃を受け宇都宮城から鹿沼城に退去した。その後、北条氏康勢に属して、終始反宇都宮広綱の態度を取りつづけたため、叔父壬生周良に鹿沼城で謀殺された。

壬生義雄【みぶよしお(1552~1590)】

壬生綱雄の男。官途は上総介。通称通称彦五郎。1579年、伯父壬生周長を謀殺した。1575年、宇都宮広綱勢に属して那須資時と戦った。1585年、北条氏直勢に属した。1589年、「小田原の役」では、北条氏直勢に属して参陣し、山中城の普請に協力しが、酒匂川において陣没した。継嗣なく、壬生家は断絶した。

松野篤通【まつのあつみち(15??~156?)】

那須郡松野城主。1567年、「大崖山の戦い」に参陣した。1573年、「天神河原の戦い」では、佐竹義重勢に属して武茂守綱らとともに那須資胤と戦った。

松野綱高【まつのつなたか(1553~15??)】

松野篤通の男。官途は大膳亮。1561年、父松野篤通が討死より、松野家の家督を相続したが、幼少のため松野資通の補佐を受けた。1577年、「大山田、細田の戦い」。1579年、「松野城の戦い」に参陣した。1595年、知行割替では那須郡松野郷706石を領した。1589年、「小田原の役」では、佐竹義重勢に属して参陣した。1600年、「関ヶ原の役」後、佐竹義宣が羽後国久保田城に減封になると、それに従った。

松野綱広【ただのつなひろ(15??~15??)】

松野綱高の男。

松野忠通【まつのただみち(15??~15??)】

松野綱高の次男。

松野国通【まつのくにみち(15??~15??)】

松野綱高の三男。

松野資通【まつのすけみち(15??~15??)】

松野篤通家臣。家老職を務めた。1561年、松野篤通が討死すると、その嫡男松野綱高を補佐した。

水野谷左衞門大夫【みずのたにさえもんだいふ(15??~15??)】

小山秀綱家臣。

皆川宗成【みながわむねなり(15??~1523)】

長沼氏秀の男。1523年、「河原田の戦い」で宇都宮忠綱勢と戦い討死した。

皆川成勝【みながわしげかつ(1490~1551)】

南都賀郡皆川城主。官途は弾正少弼。1538年、宇都宮大明神において能、狂言が催された折、これらに使う諸道具を貸与した。1537年、皆川成勝は、芳賀高経が宇都宮俊綱と対立して古山城に籠ったとき芳賀高経勢に属した。1539年、那須政資、那須高資父子が対立した際、小山高朝、結城政勝らとともに那須高資を支援して、那須政資勢の宇都宮俊綱を攻撃した。

皆川俊宗【みながわとしむね(1525~1573)】

皆川成勝の男。官途は山城守。別名長沼信鉄斎。室は水谷治持の娘。北条氏康と結んで宇都宮広綱と争うが、敗れて降伏した。後に宇都宮家中での発言力を伸ばし、同家中にて実権を握っていたとされていた芳賀高継を凌ぐ力を有していた。1573年、結城晴朝とともに北条氏康の攻撃を受けた関宿城主簗田晴助の救援に赴き討死した。

皆川 広勝【みながわひろかつ(1548~1576)】

皆川俊宗の男。官途は山城守。1573年、皆川俊宗が討死後、皆川家の家督を相続した。後北条氏政、古河公方足利義氏、壬生義雄との関係維持を図るなど、他国と結んで皆川家の復権を図るが早世した。

皆川広照【みながわひろてる(1548~1628)】

皆川俊宗の次男。室は中御門宣綱の娘(北条氏政の養女)。1576年、兄皆川広勝が病没したため、皆川家の家督を相続した。1581年、織田信長に名馬を送って誼を通じた。1582年、織田信長の家臣滝川一益が上野国を領するとこれに仕えた。1582年、「本能寺の変」後、羽柴秀吉や松平元康らと誼を通じた。1586年、後北条氏直勢の攻勢を受け降伏した。1589年、「小田原の役」では、松平元康に降伏して所領を安堵された。その後、松平元康の六男松平忠輝の附家老となって松平忠輝の補佐役を務めたが、松平忠輝の行状を松平秀忠に訴えたが逆に改易処分に処せられた。1623年、赦免され、常陸国府中城10,000石を領した。

皆川隆庸【みながわたかつね(1581~15??)】

皆川広照の男。1600年、「関ヶ原の役」では、長尾景勝勢の南下に備えるため、父皆川広照、大田原晴清、大関資増らとともに大田原城に籠城した。
その後、皆川隆庸は松平秀忠勢に属した。1609年、松平忠輝と対立したことが原因で、皆川広照とともに改易処分に処せられた。1614年、「大坂冬の陣」では、井伊直孝勢に属して戦功を挙げた。1623年、皆川広照とともに赦免され、常陸行方郡内で5,000石を領した。1625年、皆川広照の隠居によりその所領も相続して、18,000石を領する諸侯になった。

皆川忠宗【みながわただむね(15??~15??)】

皆川成勝家臣。官途は駿河守。皆川成勝に匹敵する勢力を持っていた。

南掃部之助【みなみかもんのすけ(15??~15??)】

足利長尾景長家臣。名草城主。別名名草。300貫文を領した。1584年、「金山城の戦い」に参陣した。1589年、「小田原の役」では、白石豊前守、大沼田淡路守、立木図書、市川右衛門、久米伊賀守、新井図書、小曾根筑前、小沼正五郎、小菅縫殿助、江川左衛門、山川丹後守らとともに足利城に籠城した。

麦倉民部丞【むぎくらみんぶのじょう(15??~15??)】 

宇都宮広綱家臣。多気荒九鬼城主。1576年、多気山城が築城されると、宇都宮広綱勢に属した。

武茂正綱【むもまさつな(14??~15??)】

下那須郡武茂城主。芳賀成高の男。1506年、武茂正綱は武茂家の家督を相続したが、宇都宮明綱の病没後、宇都宮家の家督を相続した。このため、芳賀成高の三男武茂兼綱が武茂家の家督を相続した。

武茂兼綱【むもかねつな(15??~15??)】

武茂正綱の三男。武茂兼綱は佐竹義昭勢に属した。1566年、「神長の戦い」では、佐竹義重、宇都宮広綱勢に属して那須資胤と戦った。1567年、「烏山大崖山の戦い」に参陣して、那須資胤勢と戦った。

武茂守綱【むもまりつな(15??~15??)】

武茂兼綱の男。佐竹義重や那須資胤と抗争を続けたが苦戦が続いた。1573年、佐竹義重の家臣東義久が武茂城を攻撃すると、家臣の北条義興を東義久の陣中に遣わして、和議を結んだ。以後、武茂守綱は佐竹義重勢に属した。1582年、「久慈瀬河原の戦い」では、武茂守綱、武茂豊綱は那須資晴勢と戦い敗退した。1583年、「愛宕山で戦い」では、大山田綱胤、鳥子泰宗、家臣星豊前守らの奮戦により那須資晴勢を撃退した。

武茂豊綱【むもとよつな(15??~16??)】

武茂守綱の男。1570年、「大山田隆崖の戦い」では、大山田隆崖が那須資晴に内応したため、佐竹義重勢に属して参陣した。「広瀬縄釣の戦い」では、武茂豊綱が300余りを率いた。1582年、「大桶の戦い」では、那須資晴勢500余りの攻撃を受けた。大関高増、芦野資泰らは200余りを、家臣の北条守直が火計を用いて攻撃を行い、これを敗走させた。1583年、「烏山河原の戦い」では、武茂守綱は佐竹義重、宇都宮国綱らとともに那須資晴勢と戦った。1600年、「関ヶ原の役」後は、佐竹義宣が羽後国久保田城に減封になるとそれに従った。

武茂堅綱【むもかたつな(15??~15??)】

武茂豊綱の男。

武茂方綱【むもかたつな(15??~15??)】

武茂兼綱家臣。1567年、「烏山大崖山の戦い」に参陣して、那須資胤勢と戦った。

免鳥義昌【めんどりよしまさ(15??~1532)】

佐野盛綱家臣。免鳥城主。官途は山城守。1532年、赤井勝光勢の攻撃を受け討死した。

茂木治重【もぎはるしげ(15??~15??)】

芳賀郡茂木城主。官途は上総介。1538年、「第一国府台の戦い」では、小弓御所足利義明と里見義堯が北条氏綱と戦ったが敗れ、北条氏綱は武蔵国と下総国南部まで勢力を拡大した。

茂木治清【もてぎはるきよ(15??~1573)】

茂木治重の男。官途は筑後守。1539年、佐竹義篤は那須政資を支援するため、大山大膳介が派遣されると、茂木治清は大山大膳介勢に属した。佐竹義篤勢は宇都宮俊綱、小田政治らとともに那須政資を支援して烏山城周辺を攻撃した。那須高資勢の結城政朝、小山高朝、皆川成勝らの支援を受けてこれに対峙した。小山家高朝は佐竹義篤、宇都宮俊綱を南北から挟撃するために、白河結城義綱と岩城常隆に参陣を促した。これに対して佐竹義篤は白川郡に侵攻したため、戦乱は南奥州にまで拡大した。

茂木治房【もてぎるふさ(1562~1634)】

茂木治清の男。官途は上総介。

茂木義範【もてぎよしのり(15??~1603)】

茂木治清の次男。官途は信濃守。通称十郎。1573年、「南摩の戦い」で戦功を挙げた。1600年、「関ヶ原の役」後、佐竹義宣の羽後国久保田城に減封なると、それに従ったがまもなく病没した。

茂木治良【もてぎるよし(15??~15??)】

茂木治房の男。官途は筑後守。1586年、「新福寺の戦い」で七井城主益子忠兼を討取った。1587年、益子勝宗、結城晴朝ら1,500余りが茂木領に侵攻すると、茂木治良は佐竹義宣の援軍を得て、益子勝宗、結城晴朝らを撃退した。1589年、「小田原の役」では、茂木治良は佐竹義宣とともに羽柴秀吉に謁見して所領を安堵されたが、国人衆であった茂木治良、武茂豊綱、松野綱高の諸侯は領主ではなく、佐竹義宣家臣として位置付けられた。1592年、「文禄の役」では、佐竹義宣に属して肥前名護屋城に参陣した。1594年、常陸国小川城へ転封され、茂木城には佐竹義宣の家臣須田盛秀が入った。1600年、「関ヶ原の役」後、佐竹義宣が羽後国久保田城に減封になると、仙北郡横手城代を務めた。

茂木治利【もてぎるとし(15??~1615)】

茂木治重の次男。1577年、「関山の戦い」で戦功を挙げた。1600年、「関ヶ原の役」後、佐竹義宣が羽後国久保田城に減封になると、茂木治良もそれに従った。

茂呂久重【もろひさしげ(15??~1590)】

藤岡清房家臣。官途は弾正忠。室は佐野泰綱の娘。家老職を務めた。1577年、藤岡清房が唐沢山城主佐野宗綱との争いに敗れて自刃後、藤岡城を守備した。北条氏直勢に寝返り5,000石を領した。1589年、「小田原の役」では、藤岡城も攻撃を受け討死した。

------------------------------------------------------

【や】

八木岡貞家【やぎおかさだいえ(15??~1545)】

芳賀高定家臣。八木岡城主。1545年、宇都宮尚綱の家臣中村玄角が水谷正村に奇襲され討死し、中村城が落城したため、芳賀高定の意向で水谷正村の久下田城を攻めたが、水谷正村の策にはまり、挟撃され大敗し下山和泉守に討取られた。

薬師寺貞勝【やくしじさだかつ(15??~15??)】

宇都宮尚綱家臣。河内郡薬師寺城主。官途は阿波守。1545年、宇都宮尚綱のもとに参陣して那須資胤と戦った。

薬師寺貞村【やくしじさだむら(15??~15??)】

薬師寺貞勝の男。1549年、「五月女坂の戦い」では、宇都宮尚綱勢に属して、烏山城主那須資胤と戦った。

薬師寺勝朝【やくしじかつとも(15??~15??)】

薬師寺貞村の男。1597年、宇都宮国綱が羽柴秀吉により改易処分に処せられると、薬師寺勝朝も所領を没収された。

簗朝光【やなよもみつ(15??~1558)】

多功長朝家臣。簗城主。1557年、長尾景虎、芦名盛氏、佐野豊綱、結城政勝、小山高朝らが侵入すると多功長朝、多功房朝、簗吉朝、石崎通季、上野祐朝、児山兼朝、野澤保辰、高木道重、木田淡路守、伊澤遠江守、橋本若狭守、青柳丹波守、坂治部、小菅隼人らと援将の祖母ヶ井吉胤、矢板長則らとともに迎撃した。多功長朝勢は佐野豊綱を討取る戦功を挙げたが、石崎通季、野澤保辰、児山兼朝、高木道重らが討死する激戦だった。

簗吉朝【やなよしとも(15??~15??)】

簗朝光の男。1572年、祇園城主小山秀綱を討つため、北条氏政勢の北条氏邦、太田氏房が支城の多功城を攻撃した。簗吉朝は、先陣の大将松田左馬助を矢で討取った。北条氏邦らはさらに城攻めを続けようとするが、宇都宮国綱が赤垣高綱、戸祭房相、野中則興、祖母井越前守、壬生伯耆守ら1,500余りの援軍を派遣したため、北条氏邦勢は撤退した。

矢野九郎兵衛【やのくろうべい(15??~15??)】

足利長尾顕長家臣。1589年、「小田原の役」では、白石豊前守、大沼田淡路守、立木図書、市川右衛門、久米伊賀守、新井図書、小曾根筑前、南掃部、小沼正五郎、小菅縫殿助、江川左衛門、山川丹後守とともに足利城に籠城した。羽柴秀吉勢の備えて、観音堂山に矢野九郎兵衛を大将とする伏兵を置いた。

山上照久【やまがみてるひさ(15??~15??)】

佐野泰綱家臣。官途は筑前守。別名山上道及。佐野家四天王のひとり。連歌師柴屋軒宗長は山上邸に滞在し、連歌の会をおこなった。1555年、上野国山上城主であったが北条氏康に追われた。その後、足利長尾当長を頼るがこれも北条氏康に降ると佐野泰綱に仕えた。1560年、佐野昌綱は北条氏康勢に属して長尾景虎に対抗した。1564年、佐竹義昭の仲介を受けて長尾景虎に降伏した。1574年、長尾景虎勢の攻撃を受け唐沢山城が陥落の危機に陥ると、内通と見せかけ誘き出し、そこに総攻撃をかけて撃退した。1578年、長尾景虎が病没すると、佐竹義重と結んで北条氏政と対立した。1581年、「免鳥の戦い」後、山上照久は行政面での確執により佐野宗綱もとを退去した。その後は佐野房綱に協力した。1585年、佐野宗綱が討死すると、北条氏康の六男佐野氏忠を養子に迎えたため、佐野房綱とともに羽柴秀吉に仕えた。1589年、「小田原の役」では、佐野房綱とともに少数の旧臣を集め北条氏直勢と戦った。役後、佐野房綱が唐沢山城39,000石を領した。

山河弥三郎【やまかわよさぶろう(15??~15??)】

小山秀綱家臣。

山口常信【やまぐちつねのぶ(15??~1631)】

日光山門徒衆。通称忠兵衛。1620年、天海に招かれ日光山御宮御用と日光在街及び日光領の支配を職務とする日光目代に任じられた。1624年、御門跡領から300石の加増を受け計500石を領した。

山口信重【やまぐちのぶしげ(15??~15??)】

山口常信の男。

山田寛業【やまだひろなり(15??~15??)】
 
塩谷義綱家臣。塩谷郡山田城主。

山田業辰【やまだなりとき(15??~1585)】

山田寛業の男。官途は筑後守。1584年、塩谷義綱の命により、福原資孝、福原資広を攻撃したが撃退された。1585年、那須資晴が300余騎を率いて山田領に侵入すると、岡本氏宗とともに100余騎を率いて参陣した。那須資晴勢の先陣沢村五郎率いる50余騎を撃退した。「薄葉ヶ原の戦い」では、宇都宮国綱勢の先陣として岡本氏宗、渋垂修理、玉生大内蔵らとともに、那須資晴勢の芦野資達を討取る寸前まで追い込むも、その家臣神田次郎に組み倒され討死した。

山田新左衛門【やまだしんざえもん(15??~1585)】

山田辰業家臣。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」で山田辰業が討死すると、山田城は那須資晴勢の攻撃を受け落城した。山田辰業の内室菊の前と侍女たちを落延びさせるため、那須資晴勢と戦い討死を遂げた。

山野井将監【やまのいしょうげん(14??~1491)】 

宇都宮忠綱家臣。1491年、「上野台の戦い」では、鹿沼教清勢の猛攻により宇都宮忠綱勢が劣勢にたたされると、山野井将監が進み出で、丸さ六寸、長さ九寸の樫の棒で鹿沼教清の馬の足をなぎ払い、落馬した教清の頸を討取った。その直後、鹿沼勢の襲田五郎左衛門尉に討取られた。

山田菊の前【やまだきくのまえ(15??~1585)】

山田辰業の室。別名御菊御前。1585年、「薄葉ヶ原の戦い」で山田辰業が討死して、山田城が那須資晴勢の攻撃を受け落城した。菊の前は山田新左衛門とともに城から落延びた。山田新左衛門は菊の前を守って討死し、菊の前は11人の侍女たちとともに、崖の上から箒川に身を投げ自害した。

山本義宗【やまもとよしむね(15??~15??)】

塩谷義孝家臣。官途は上総介。1564年、川崎城が木村和泉守の内応により落城、塩谷義孝が討死すると、塩谷義綱が大沢康勝とともに宇都野城主山本義宗のもとに落延びた。

油井筑後守【ゆいちくごのかみ(15??~15??)】

塩谷孝綱家臣。1509年、那須資房の謀略により大貫石見守、油井筑後守らとともに、謀反を企てるが塩谷孝綱に察知され失敗に終わった。塩谷孝綱は、家臣の安藤光忠の進言により、二度と謀反を起こさないよう起請文を書かせ、木幡神社に奉納させてこれを許した。

横倉藤蔵【よこくらふじくら(15??~1585)】

小山秀綱家臣。1585年、「土塔の原の戦い」では、宇都宮国綱勢を一時的に突き崩したが、誉田伊予守勢から狙撃され討死した。横倉藤蔵が討取られると小山秀綱勢は退却した。

横手繁世【よこてしげよ(14??~15??)】

壬生綱房家臣。鹿沼日向城主。官途は刑部少輔。1509年、連歌師柴屋宗長が訪れた際、壬生綱房とともに唄会に列席した。

若目田道安【わかねだどうあん(15??~15??)】

塩谷郡上阿久津の商人。通称九右衛門。河岸問屋。河岸経営だけでなく村内の行政や祭祀に強い権限を保有していた。1597年、宇都宮国綱が改易処分を受け所領を失うと帰農した。以降、板戸村の坂本平右衛門とともに、荷物輸送の経営に着手するため、舟運体制と鬼怒川河岸の整備を行った。宇都宮領内との取引だけではなく、東北地方ともの交易を行った。1621年、家督を三男若目田新助に譲り隠居した。

堀之内渡辺信濃守【わたなべ しなの(1514~1589)】

塩谷義綱家臣。塩谷郡堀之内城主。1589年、那須資晴勢の攻撃を受け自刃した。

和気業綱【わきしげつな(15??~15??)】

宇都宮尚綱家臣。寺島城主。官途は肥前守。

和気綱重【わきつなしげ(15??~15??)】

和気業綱の男。官途は筑前守。通称源五郎。別名山崎大学助。

和気重秀【わきしげさと(15??~15??)】

和気綱則の男。通称彦一郎。通称嘉兵衛。室は大嶋采女の娘。後室は石末村治郎左衛門の娘。

加園渡辺綱利【わたなべつなとし(15??~15??)】

皆川成勝家臣。都賀郡加園城主。渡辺家綱の男。

加園渡辺綱由【わたなべつなよし(1510~15??)】

渡辺家綱の次男。通称兵部左衛門。1574年、「粟志川の戦い」後、皆川広照に属した。

加園渡辺綱輝【わたなべつなてる(15??~15??)】

渡辺綱利の男。通称八郎兵衛。

加園渡辺綱春【わたなべつなはる(15??~15??)】 

渡辺綱輝の男。通称忠太左衛門。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

下野国(12郡/480,000石)

足利郡:足利城、勧農城、両崖山城、矢場城、中里城、簗田街、鑁阿寺、樺崎寺
佐野郡:阿曾沼城、椿田城、赤見城、安蘇街、惣宗寺、朝日森寺社
梁田郡:
安蘇郡:唐沢山城。
上都賀郡:鹿沼城、猪倉城、真名子城、日光街、足尾鉱山、二荒山寺社、輪王寺、中禅寺
下都賀郡:小山城、壬生城、皆川城、榎本城、寒川街、大神寺社、天翁院寺社
寒川郡:小山城。
河内郡:宇都宮城、岡本城、多気山城、多功城、二荒山寺社、清巌寺
芳賀郡:芳賀城、御前城、八木岡城、千本城、茂木城、祖母井城、西明寺社、城興寺社
塩谷郡:喜連川城、沢村城、堀江山城、玉生城、船生城、塩谷街、龍光寺、寺山寺社
上那須郡:烏山城、福原城、大田原城、神田城、黒羽城、雲巌寺、玄性寺
下那須郡:

------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

久我一七騎衆【くがじゅうななきしゅう】

小曾根筑後守、小林淡路守、吉村丹波守、福田丹後守、湯沢内記、野尻伊豆守、桂塚刑部、大橋筑後守、新井右近、田子由好、木戸四郎、和田兵庫、栗沢六郎、破治賀大学、北佐源太左衛門、寺内庄太夫、坂本左近。

佐野家四天王【さのけしてんのう】

山上照久、大貫武重、津布久弾正、竹沢山城守。佐野昌綱時代の家臣団。

那須七騎衆【なすななきしゅう】

芦野盛泰、伊王野資信、大関高増、大田原晴清、千本義貴、那須資晴、福原資孝。※下野那須郡の那須資晴に属した。

壬生四天王【みび¥ぶしてんのう】

合羽吉房、福田対馬守、熊倉、鈴木。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

下野国【しもつけのくに】

北関東の中央に位置する東山道の国。東は八溝山地を境として常陸国に接し、西は白根山、皇海山などの高峰から足尾山地にかけての山陵に沿って上野国と国境を分ける。南は関東平野で上野国、武蔵国、下総国と結び、北は那須岳を北限として山岳地帯で陸奥国に接している。関東と東北を結ぶ東山道の要衝の地であり、古くは上野国とともに毛国を構成していたが、後に上毛国、下毛国に分けられ、さらに上野国、下野国と改められた。東の八溝山地と西の日光山系に挟まれた平野部には、那珂川、鬼怒川、思川、渡良瀬川の各水系が縦横に流れ、農業用水や水路として利用されているため、農業生産力は高い。また、足利には坂東の大学と呼ばれた足利学校が存在し、文化的にも高い水準を持っていた。

足尾鉱山【あしおこうざん】

上都賀郡にあった鉱山。1550年、発見と伝えられているが、本格的に採掘が開始されたのは江戸前期。足尾銅山は「足尾千軒」と称されるほど発展した。最大で年間1,200トンもの銅を産出していた。

足利学校【あしかがかっこう】

鎌倉時代に創設されたと伝えられる高等教育機関。上杉憲実は衰退した足利学校の再興に尽力し、鎌倉円覚寺の僧快元を能化に招いたり、蔵書を寄贈したりした。日本各地から、多くの門下が集まった。1447年、上杉憲実は足利学校に対して三ヶ条の規定を定め、足利学校で教えるべき学問は三註、四書、六経、列子、荘子、史記、文選のみと限定し、仏教の経典の事は叢林や寺院で学ぶべきとした。教育の中心は儒学であったが、快元が『易経』のみならず実際の易学にも精通していたことから、易学を学ぶために足利学校を訪れる者が多く、また兵学、医学なども教えた。1530年、火災により衰微したが、九華が北条氏政の保護を受けて足利学校を再興し、門下は3,000余りを数えた。1589年、「小田原の役」後、庇護者であった北条氏直、足利長尾顕長が滅亡し、財源の所領も失い衰退した。

庠主【しょうしゅ】

足利学校の責任者の職名。

白河関【しらかわのせき】

鼠ヶ関、勿来関とともに、奥州三関のひとつに数えられる関所。都から陸奥国に通じる東山道の要衝に設けられた関門。

中禅寺湖【ちゅうぜんじこ】

日本の湖沼では二十五番目の面積規模を有する湖。二万年前に男体山の噴火でできた堰止湖。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。

中禅寺【ちゅうぜんじ】

上都賀郡郡中禅寺湖畔、歌ヶ浜にある天台宗の寺院。日光山輪王寺の別院。坂東三十三観音霊場の第十八番。784年、日光山の開祖である勝道上人が船で湖を遊覧していた際に、湖上に千手観音の姿を感得し、桂の木に立木のまま千手観音像を刻んだ。この「立木千手観世音菩薩」を本尊として、中禅寺が開かれた。

日光山輪王寺【にっこうさんりんのうじ】

上都賀郡にある寺院で、天台宗の門跡寺院。輪王寺は壬生綱房の謀略によって壬生綱房勢に属した。1589年、「小田原の役」後、北条氏直勢に属したため、寺領を没収され衰退した。

日光三山【にっこうさんざん】

日光連山のうち、男体山(2,486m)、女峯山(2,464m)、太郎山(2,368m)の三山を指す。それぞれに新宮権現、滝尾権現、本宮権現の三社が祭祀されている。鎌倉時代には、これら三社をまとめて日光権現と称していた。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城砦などの名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

※豊臣秀吉は羽柴秀吉、徳川家康は松平元康、天徳寺宝衍(了白)は佐野房綱、壬生徳節斎は壬生周長に統一しました。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(東国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「戦国下野落城物語」下野新聞社、「下野の動乱(悲運の戦国武将たち)」下野新聞社、「戦国関東名将列伝」隋想社、「(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧」秋田書院。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------

0 件のコメント: