2012年4月3日火曜日

戦国讃岐国人名辞典


------------------------------------------------------

【あ】

秋山主水【あきやまもんど(15??~1578)】

財田常久家臣。1578年、長宗我部家臣横山源兵衛に財田常久が討たれると、横山源兵衛を討ち取り、財田常久の首を取り戻した。直後に横山源兵衛の嫡男横山源三郎に討ち取られた。

秋山重正【あきやましげまさ(15??~15??)】

小野城主。通称文左衛門。

朝比奈弥太郎【あさひなやたろう(15??~1558)】

甲山城主。香川家臣。家中きっての勇士。1558年、三好義賢が香川家を攻めた際、甲山南麓において寄せ手の三好勢を190余りを討取った後に討死した。

朝日奈五郎【あさひなごろう(15??~15??)】

甲斐股城主。1575年、武田家の長篠敗北後、讃岐国に落ちてきた武田家臣。内場城主藤沢新太夫重弘に保護され、この地に住まった。藤沢重弘は自分の娘を朝日信能に嫁がせ、甲斐股の地を与えて厚遇した。藤沢重弘の嫡男が幼少で家督を継いだため、補佐のためにここを出て内場城に移った。

朝日信能【あさひのぶよし(15??~15??)】

朝日奈五郎の男。官途は伊豆守。通称八郎。

安達常清【あだちつねきよ(15??~15??)】

七郎岡城主。通称七郎。

新居河内守【あらいかわちのかみ(15??~15??)】

宮尾城主。香西家臣。

新居権守【あらいごんのかみ(15??~1582)】

香西家臣。通称杢郎左衛門。1582年「伊勢馬場の戦い」で先鋒を務め討死した。

新目弾正【あらめだんじょう(15??~15??)】

多度郡新目城主。1578年、藤目城で長宗我部勢と戦い討死にした。

安西忠澄【あんざいただずみ(15??~15??)】

三条城主。官途は左近。

安西忠喜【あんざいただよし(15??~15??)】

安西忠澄の男。通称与八郎。生駒親正に仕え200石を領した。

医王寺玄徳【いおうじげんとく(15??~1583)】

医王寺の住職。1583年、長宗我部勢が小田方面に侵攻してくると、住民は豪勇で知られていた玄徳を頼って医王寺に避難した。荒らし回る長宗我部兵を見かねた玄徳は鉄棒を振り回し阻止しようとしたが討死にした。その後、長宗我部兵は医王寺に火を放ち全焼させた。

飯尾国盛【いいおくにもり(15??~15??)】

多度郡丸山城主。三好家臣。通称太六兵衛。1578年、長宗我部元親の侵攻により讃岐に来て城に拠った。1585年、羽柴秀吉の「四国征伐」の時に廃城となった。

飯田右衛門督【いいださえもんのじょう(15??~15??)】

飯田城主。飯田備前守の男。香西家臣。1508年、飯田右衛門督が香西家に従い「三谷城の戦い」に参陣した。1582年「伊勢馬場の戦い」で先鋒を務めた。「四国征伐」で香西勢が西長尾城に撤退するかどうかの軍議に参加し、撤退後は香西佳清の家族らの世話をしている。

飯田伝右衛門【いいだせんざえもん(15??~15??)】

飯田右衛門督の男。1582年、長宗我部勢の香西城攻めに抵抗した。1587年、生駒親正に200石で仕えた。

飯沼近直【いいまちかなお(15??~15??)】

飯沼城主。香西家臣。通称惣太夫。

飯沼常政【いいぬまつねまさ(15??~15??)】

飯沼近直の男。通称五郎兵衛。1578年、十河存保に従って阿波重清城の救援に向かった際、長宗我部勢相手に戦功を挙げ十河存保から感状を賜う。1582年「伊勢馬場の戦い」で足を被弾し不具となったため武士を辞めて出家した。

池田景光【いけだかげみつ(15??~15??)】

池田城主。官途は遠江守。植田家枝連衆。

池内孝晴【いけうちたかはる(15??~15??)】

池内城主。十河家臣。通称主殿助。1582年、長宗我部元親が十河城を攻撃すると、十河存保に味方して奮闘した。

尾池光永【いけおみつなが(15??~15??)】

横井城主。通称玄蕃。1565年、足利義輝が謀殺されるとその室は讃岐国へ落延び、尾池光永を頼った。彼女は足利義輝の子を妊娠しており、男児を出産した。子は尾池光永の養子として迎えられ尾池保衡と称し、横井城主を継いだ。

尾池保衡【いけおやすのり(15??~15??)】

足利義輝の男。尾池光永の養子。1587年、生駒親正が讃岐国を領するとこれに仕えた。

尾池義長【いけおよしなが(15??~15??)】

尾池保衡の三男。通称玄蕃。鵜足郡土器村に所領を与えられ、この城を築城した。その後所領を失うが、池尾義高の代に高松城主松平頼重に仕官した。

尾池家臣団【おいけかしんだん】

吉光城主:尾越常陸介俊光。

石井弾正忠【いしいだんじょうちゅう(15??~15??)】

多度郡愛宕山城主。

石井将監【いしいじょうげん(15??~15??)】

多度郡榎井城主。

泉房五郎左衛門【いずみふさごろうざえもん(15??~1582)】

香西家臣。1582年「西光寺表の戦い」で天神郭を守備した。敵兵を多数討ち取った後、討死した。

井戸信親【いどのぶちか(15??~15??)】

井戸城主。官途は紀伊守。通称八郎。

今滝五郎左衛門【いまたきごろうざえもん(15??~15??)】

上村城主。羽床家臣。

犬養六郎【いぬかいろくろう(15??~15??)】

太田城主。香西家臣。1508年、香西元定が三谷景久の三谷城を攻撃した際に参陣した。

入江四郎左衛門【いりえしろざえもん(15??~15??)】

塩飽海賊衆。1600年、宮本道意と共に小浜景隆に出仕した。

岩崎修理介【いわさきしゅりのすけ(15??~15??)】

大麻城主。

岩部祐信【いわべすけのぶ(15??~1579)】

東谷城主。官途は対馬守。1579年、長宗我部元親勢に襲われ敗死した。

植田安信【うえだやすのぶ(15??~15??)】

山田郡戸田城主。官途は美濃守。東西両植田、菅沢、朝倉を領した。長宗我部勢が讃岐国へ侵攻すると落城した。

植田景保【うえだかげやす(15??~15??)】

植田安信の男。通称三郎。

植松資正【うえまつすけまさ(15??~1578)】

香西家臣。香西家中の家督問題で、香西佳清を支持した。1578年、香西清長に謀殺された。一族郎党は報復のため香西清長の作山城を攻め、香西清長は備前国中島に追放された。

植松往正【うえまつひさゆき(15??~15??)】

植松資正の男。通称加藤兵衛。別名香西往正。香西佳清の信頼厚く、香西佳清の陣代として讃岐国、阿波国、備前国を転戦した。香西佳清が香川親和に降伏した後は「十河城の戦い」に参陣した。「四国征伐」では香西佳清の継室を警護した。香西佳清の下野に従い、終身他家へ仕官しなかった。

植松資久【うえまつすけひさ(15??~1584)】

植松資正の三男。官途は帯刀。通称久助。「成就院事件」の際、十河存保への使いとして阿波国にいたが、植松資正が斬られたとの報を聞くと直ちに戻り、香西清長の籠もる作山城を囲んだ。1582年「伊勢馬場の戦い」で戦功を挙げた。香西佳清が香川親和に降伏した後は「十河城の戦い」に参陣した。

植松往由【うえまつひさゆき(15??~15??)】

植松資正の五男。通称彦太夫。1582年「伊勢馬場の戦い」で股に被弾するが無事に帰陣している。「四国征伐」で香西佳清が西長尾城に撤退するかどうかの軍議に参加した。撤退時には香西佳清一行を警護した。香西佳清の下野に従い、植松往正と共に世話をしている。

植松資安【うえまつすけやす(1567~15??)】

植松資久の男。通称左衛門。長宗我部勢の「十河城の戦い」に参陣し戦功を挙げた。「引田の戦い」でも戦功を挙げた。「四国征伐」で香西佳清一行が西長尾城に撤退する際、増水した瀧宮川に渡り綱を通し、香西佳清の供回りを全員無事に渡河させた。「四国征伐」後は出家し他家に仕えなかった。

植松緑之助【うえまつろくのすけ(15??~1582)】

壇紙城主。通称緑之助。植松往正の従兄弟。1582年「伊勢馬場の戦い」で討死した。

遠藤直光【えんどうなおみつ(15??~15??)】

遠藤城主。通称喜太郎。

大熊丹後守【おおくまたんごのかみ(15??~15??)】

大熊城主。十河家臣。

大熊備前守【おおくまびぜのかみ(15??~15??)】

大熊丹後守の男。

大河内吉隆【おおこうちよしたか(15??~15??)】

大河内城主。通称十郎左衛門。

大谷川元国【おおたにがわもとくに(15??~15??)】

多度郡大谷川城主。通称左近兵衛。1573年、大谷川元国は、長宗我部元親に降った。

大平国祐【おおひらくにすけ(1538~1603)】

獅子の鼻城主。大平国雅の男。官途は伊賀守。室は香川元景の娘(妙通姫)。1562年、土佐国吾川郡弘岡城主であった、大平国祐は長宗我部元親に破れ、天霧城主香川家を頼り落延びた。武勇に優れた人物であったため国境を任された。1578年、長宗我部元親の兵が攻め入り、り籠城し奮戦するも落城した。大平国祐は敵中を突破し落延びた。1585年、羽柴秀吉の「四国討伐」後、仙石秀久に仕えた。1586年「九州討伐」で、仙石秀久に従うも大敗し嫡男大平国常が討死にした。

大平主膳【おおひらじゅぜん(1561~15??)】

大平国祐の男。1578年「阿波重清城の戦い」で討死した。

大平国常【おおひらくにつね(1569~1586)】

大平国祐の次男。15864年「戸次川の戦い」で、大平国祐家臣 加地又五郎、合田助十郎とともに討死した。

大西長頼【おおにしながより(15??~15??)】

多度郡麻口城主。官途は左馬守。

大見景則【おおみかげのり(15??~15??)】

多度郡大見城主。香西家資の次男。通称六郎。大見景則は香西家の内紛により、詫間家の元へ身を寄せて、成長してから城主となった。

岡田清高【おかだきよたか(15??~15??)】

笑原城主。香西家臣。官途は丹後守。

岡大安国【おかだいやすくに(15??~15??)】

若狭城主。通称内蔵尉。

岡野伊賀守【おかのいがのかみ(15??~15??)】

中林城主。三谷家臣。

岡宗詮【おかむねあき(15??~15??)】

行業城主。1585年、羽柴秀吉に所領を没収された。1588年、生駒親正に仕えた。

小川布伯【おがわすおう(15??~15??)】

多度郡佐文城主。

小野景光【おのかげみつ(15??~15??)】

河辺城主。通称権左衛門。

------------------------------------------------------

【か】

香川元景【かがわもとかげ(15??~15??)】

多度郡天霧城主。細川京兆家臣。西讃岐守護代。香川家は東讃の安富家と並び、代々讃岐国守護代を務めつつ在国、在京の二家に分れ畿内の抗争にも奔走。京兆家の政務執行を補佐する役目にあった在京香川家は京兆内衆として年寄衆、管領伴衆、管領内意見人などを歴任。「応仁の乱」で香川元明が戦死したことにより香川惣領家が断絶。その後在国香川家が宗家となった。「明応の政変」によって細川政元が幕府の実権を掌握するも京兆家の家督争い、家臣団の分裂により内乱が激化した。1507年、細川政元の近侍であった父香川満景が畿内で討死し、香川元景が香川家惣領家を継ぐことになる。

香川之景【かがわゆきかげ(1527~1578)】

香川元景の男。官途は刑部大輔。通称五郎次郎。別名香川信景。西讃岐を支配した有力国人衆。織田信長と毛利輝元の支援を受けて三好長治と戦い讃岐西部の支配を固めた。後に長宗我部元親と同盟して、長宗我部元親の「讃岐国侵攻」「伊予国侵攻」で重要な役割を果たした。1563年、香川之景は本拠の天霧城を阿波三好家に攻められて敗走。西讃岐は三好長治の支配地域になった。1573年、讃岐国を統治していた篠原長房が三好長治に滅ぼされ三好家の支配権が大きく揺らいだ。三好家は讃岐国での勢力回復を図って香川之景や香西元載ら讃岐の反三好方国人衆を攻撃したが撃退した。香川之景は長宗我部元親の次男長宗我部親和を娘の婿として迎え入れることで長宗我部家と同盟した。香川之景は三野菊右衛門ら家老を人質として土佐国へ送るとともに自身も岡豊城に赴いて長宗我部元親の盛大な饗応を受けた。香川之景は西衆(東伊予と西讃岐の軍勢)を率いる香川親和を後見する立場となった。1585年、羽柴秀吉の「四国征伐」を受けて長宗我部元親が降伏した。香川信景は香川親和とともに天霧城を退去して、土佐国に転封した。

香川景全【かがわかげはる(15??~15??)】

香川元景の次男。高丸城主。別名観音寺又五郎。「善通寺の戦い」に参陣した。長宗我部元親の讃岐侵攻の際に家老である香川備前守の言を容れ、香川之景に和議を進言した。1585年、羽柴秀吉の「四国征伐」の後は消息不明。

香川山城守【かがわやましろのかみ(15??~15??)】

香川家臣。1573年、香川之景は香川山城守、河田七郎兵衛を陣代とする香川勢1,000余りに香西元載勢500余を加え、長宗我部元親に奪われた大西を奪回するため出陣させたが敗北した。1579年、香川之景は長宗我部元親から養子を迎えた代わりに香川山城守、河田七郎兵衛、河田弥太郎、三野菊右衛門ら四人の家老の内二人づつ交代で、岡豊城に人質を送った。

香川民部少輔【かがわみんぶしょうゆ(15??~15??)】

西庄城主。1578年、羽床資載に攻撃されるが、小早川隆景の援軍により撃退した。1579年、長宗我部元親の降伏勧告を拒否した香川民部少輔は備後国三原へ落延びた。

香川右馬之助【かがわうまのすけ(15??~15??)】

三豊郡高野城主。

香川伊賀守【かがわいがのかみ(15??~15??)】

磨臼山城主。

香川家臣団【かがわけかしんだん】

香川山城守、三野菊右衛門、河田七郎兵衛、河田弥太郎。

片山俊秀【かたやまとしひで(15??~1585)】

片山城主。香西家臣。官途は志摩守。通称玄蕃。紀伊熊野の住人首藤玄蕃の男。香西元定に従って讃岐国に渡り片山城主となる。片山俊秀は香西家に仕え幾度も戦功があった。1582年、香川親和が香西領内に攻め込んできた際、中須賀、平賀などを守備した。「十河城の戦い」に参陣した。1585年「四国征伐」で喜岡城救援に向かい討死した。

片山勝永【かたやまかつなが(15??~15??)】

片山俊秀の男。通称九朗右衛門。生駒家に仕えた。

片山武俊【かたやまたけとし(15??~15??)】

片山俊秀次男。通称六右衛門。

片山勝秀【かたやまかつひで(15??~15??)】

片山俊秀の三男。通称興三兵衛。長兄片山勝永の跡を受け生駒家に仕官した。のち、奥州白河で本多能登守に仕官した。

勝浦権右衛門【かつうらごんざえもん(15??~15??)】

多度郡勝浦城主。

金倉顕忠【かねくらあきただ(15??~1575)】

金倉城主。奈良家臣。三好義賢と交流があり、彼の仲介を受けて奈良家に仕えていた。横暴な振る舞いがあり、香川信景に敵対した。1575年、香川勢の攻撃を受ける。香西家、羽床家らも香川信景に味方し、金倉顕忠は敗北して討死した。

鎌野武恒【かまのたけつね(15??~15??)】

鎌野城主。三谷家臣。通称源太夫。

神内景之【かみうちかげゆき(15??~15??)】

神内城主。通称右京進。植田家枝連衆。十河家、三谷家と並び「三家」と称された。神内景之は香西家の領地と近いため度々争った。

神内清定【かみうちきよさだ(15??~1597)】

神内景之の男。官途は越前守。神内清定は十河存保に属し長宗我部元親に抵抗したが、十河落城により領地を失った。

神内源次【かみうちげんじ(15??~15??)】

鴨部城主。1532年、兄神内左衛門は寒川家、弟神内源次は十河家に仕えた。十河一存は弟を兄の元に「兄弟争うは軍律に凶」として帰した。最後、この兄弟は寒川勢に属して十河家勢と戦い討死した。

鴨部源次【かもべがんじ(15??~1532)】

十河一存家臣。兄鴨部神内左衛門は寒川家に仕えた。1521年、十河家と寒川家が争うと、十河一存は兄弟が敵味方に別れることはないとして、源次を兄の下へ送った。この戦いで兄弟は討死した。

唐渡宗正【からわたりむねまさ(15??~1585)】

上ノ村城主。香西家臣。官途は弾正忠。唐渡家は上香西元継が讃岐国に戻り、唐渡姓を称して下香西家に仕えた。1582年、香川親和が香西領内に攻め込んできた際、中須賀、平賀などを守備した。香川親和に従って「十河城の戦い」に参陣した。「四国征伐」で片山俊秀と共に喜岡城を守るが討死した。

河田弥太郎【かわだよたろう(15??~15??)】

香川家臣。1579年、香川之景は長宗我部元親から養子を迎えた代わりに香川山城守、河田七郎兵衛、河田弥太郎、三野菊右衛門ら四人の家老の内二人づつ交代で、岡豊城に人質を送った。

河田七郎兵衛【かわだしちろうえもん(15??~15??)】

香川家臣。1573年、香川之景は香川山城守、河田七郎兵衛を陣代とする香川勢1,000余りに香西勢500余を加え、長宗我部元親に奪われた大西を奪回するため出陣させたが敗北した。1579年、香川之景は長宗我部元親から養子を迎えた代わりに香川山城守、河田七郎兵衛、河田弥太郎、三野菊右衛門ら四人の家老の内二人づつ交代で、岡豊城に人質を送った。1596年、河田七郎兵衛は生駒親正に仕え3,000石を領した。

河辺民部【かわべみんぶ(15??~15??)】

中田井城。香西家臣。通称民部。先祖は平清盛に仕え、福原京建設の際、一族の青年が人柱となったおかげで領地を与えられた。1582年「西光寺の戦い」で先鋒を務めた。「四国征伐」後、領地安堵を訴えたが認められなかった。

行司貞房【ぎょうじさだふさ(15??~15??)】

仲村城主。

川田景信【かわだかげのぶ(15??~15??)】

内場城主。官途は信濃守。長宗我部元親の攻撃を受けると、川田景信はこの城で防戦に努めたが落城した。

串田秀直【くしだひでなお(15??~15??)】

串田城主。官途は山城守。串田家は木曾義仲の子孫。

串田義直【くしだよしなお(15??~15??)】

串田秀直の男

串田直実【くしだなおざね(15??~15??)】

串田義直の男官途は紀伊守。1583年、長宗我部元親の攻撃により落城した。

久利長門守【くりながとのかみ(15??~1579)】

北岡城主。香西家臣。久利家は菅原道真に仕えた秦久利の後裔。長宗我部勢の「十河城の戦い」に参陣した。1579年、長宗我部元親が西長尾城を攻めた際に討死した。

久利三郎四郎【くりさぶろうしろう(15??~1582)】

久利長門守の男。通称三郎四郎。1582年、長宗我部元親が香西家を攻撃した際には、久利三郎四郎は香西勢の先鋒を努め「伊勢馬場の戦い」で奮戦したが討死した。

香西元定【こうざえいもとさだ(15??~15??)】

勝賀城主。官途は豊前守。1508年、兵2,500余り率いて山田郡に攻め込む。しかし、三谷城主三谷景久の応戦により撤退した。1519年「大友家征伐」に参陣した。1531年、朝鮮に商船三艘を派遣した。こうした対外貿易で経済基盤を固めた。
 
香西元成【こうざいもとなり(1518~1560)】

香西元定の男。官途は越後守。細川家の忠実な家臣で、内藤家や摂津三宅家と共に軍勢を率い戦功を挙げた。阿波三好家の讃岐攻めに際し、外交手腕を持って所領を維持した。「江口の戦い」においては三好政長を救援して三好長慶と戦ったが、三好政長は敗死し、細川晴元も三好長慶に追われた。その後も三好長慶に徹底して対立した。1560年、三好長慶との戦いで討死した。

香西元載【こうざいもととし(15??~15??)】

香西元成の男。細川家内衆。細川家四天王のひとり。1562年、三好義興に従い「河内教興寺の戦い」に出陣した。畠山高政との合戦に軍功。

香西長信【こうざいながのぶ(15??~1575)】

香西元成の次男。官途は越後守。織田軍と「勝軍山城の攻防戦」。「野田、福島の合戦」に三好政勝とともに織田方に転じる。のち織田家から離反し高屋城主三好康長と結ぶ。和泉国新堀城籠城。捕虜となり斬首された。

香西佳清【こうざいよしきよ(1553~1588)】

藤尾城主。香西元載の男。官途は伊賀守。室は羽床資載の娘。若くして失明した。1578年、室と離縁、これにより、羽床家に攻められる。十河家に仕えていたが、十河存保が織田信長に従属したため織田信長の麾下に属した。長宗我部元親による四国平定戦が始まると、長宗我部元親に対抗するために居城をたびたび移すなどしているが、同族の羽床家の内紛などもあって次第に没落の度を強めた。1582年、長宗我部元親の本格的な攻撃を受けて勝賀城が落城寸前に追い込まれたため、臣従するに等しい条件で和睦した。1585年、羽柴秀吉による「四国征伐」が始まると、長宗我部方として戦い、攻め手の小西行長隊に大砲による砲撃で応戦するなど、奮闘したものの敗れた。

香西千虎丸【こうざいちよとらまる(15??~15??)】

香西元載の次男。
 
香西民部少輔【こうざいみんぶしょうゆ(15??~1586)】

西庄城主。1548年、羽床資載に攻められ、小早川隆景に救援を求めた。小早川勢の協力により、羽床勢を撃退。1579年、長宗我部勢に攻められ、備後三原に逃れる。四国征伐により長宗我部氏が撤退すると、再び西庄城主となる。1586年「戸次川の戦い」で討死した。
 
香西清長【こうざいきよなが(15??~15??)】

作山城主。香西家臣。香西清長、香西清正父子は、香西本家の当主に香西佳清ではなくその弟香西千熊丸を据えようとして、香西佳清派の植松資正、新居資教を成就院で謀殺した。1578年、植松一族の報復攻撃に耐え切れず備前国へ退去した。

香西清正【こうざいきよまさ(15??~15??)】

香西清長の男。

香西兵庫守【こうざいひょうごのかみ(15??~15??)】

鬼無城主。

香西資村【こうざいすけむら(15??~15??)】

新居城主。別名新居資村。

香西家臣団【こうざいけかしんだん】

香西大隈守、佐藤志摩守。

後藤資盛【ごとうすけもり(15??~15??)】

後藤城主。羽床家臣。官途は石見守。羽床家七人衆のひとり。

後藤左衛門佐【ごとうさえもんさ(15??~15??)】

奈良家臣。奈良元政を補佐した。1578年、藤目城の奪回の際、城に籠もる長宗我部勢を計略により孤立させ降伏させた。1580年、長宗我部元親が西長尾城から中讃を窺うと、奈良元政は栗熊村に砦を築き後藤左衛門佐に守備させた。

近藤国久【こんどうくにひさ(15??~15??)】

多度郡麻城主。香川家臣。官途は出羽守。獅子の鼻城主大平国祐の弟。1577年、阿波国白地城主大西覚養は長宗我部元親に居城を落とされ、麻城へ落延びた。1578年、長宗我部勢の攻撃を受け、近藤国久は討死にした。 

近藤但馬守【こんどうたじまのかみ(15??~15??)】

神田城主。財田常久家臣。

------------------------------------------------------

【さ】

斎藤頼政【さいとうよりまさ(15??~15??)】

藤ノ目城主。香川家臣。官途は下総守。阿波国池田城と丸亀城を結ぶ要地、藤ノ目城を守備した。長宗我部元親の「讃岐侵攻」により縁者の大西上野介の執成しで孫を人質として降伏した。その後香川家の反撃で城を奪われ藤ノ目城には新目弾正が入城するが、長宗我部元親が再度侵攻し斎藤頼政は城主に復帰した。その後大西上野介と共に香川家攻略に活躍した。1578年、斎藤頼政は長宗我部元親に降伏した。十河存保はこれを聞き、香川信景、奈良勝政、長尾大隅守、羽床伊豆守らに命じて藤目城を討せた。香川信景は従いませんでしたが、他の諸将は多数の兵を率いて藤目城を包囲します。その為城主らは夜に紛れて城を捨て、阿波国白地大西城に落延びた。

斎藤行長【さいとうゆきなが(15??~15??)】

斎藤城主。通称荘兵衛。

財田常久【ざいたつねひさ(15??~15??)】

三野郡本篠城主。香川家臣。官途は和泉守。香川家勇将。1579年、長宗我部元親勢が讃岐国へ侵攻、香川信景の属城である藤目城が落とされた。斉藤頼政は長宗我部勢の軍門に降り、本篠城の財田常久は長宗我部家臣横山源兵衛によって討たれた。

酒部成善【さかべなりよし(15??~15??)】

多度郡大堀館主。

佐藤孫七郎【さとうまごしちろう(15??~1582)】

佐藤道益の男。香西家臣通称孫七郎。勇将として知られていた。1582年「西光寺表の戦い」で討死した。

佐藤佐基【さとうさもと(15??~15??)】

佐藤孫七郎の男。官途は志摩允。生駒親正に仕えた。

佐藤基広【さとうもとひろ(15??~15??)】

佐藤佐基の男。通称彦左衛門。鉄砲組頭として高松藩で1,500石を領した。

佐藤道益【さとうみちます(15??~15??)】

鹿紋胴城(伏石城)主。香西佳清家臣。官途は志摩守。通称彦左衛門。1576年、香西佳清が織田信長と誼を通じた際、使者として上洛した。1582年、香川親和が香西家の領内に攻め込んで来た際に参陣した。香西家の改易後は仙石秀久に仕え「戸次川の戦い」に参陣した。その後、生駒親正に仕えた。

佐藤掃部助【さとうかもんのすけ(15??~15??)】

佐藤道益の次男。通称掃部助。香西家のため各地を転戦した。「四国征伐」で香西軍が西長尾城に撤退するかどうかの会議に参加した。香西家の改易後は仙石秀久に仕え「戸次川の戦い」に参陣した。その後、生駒親正のもとで2,000石を領した。父と共に領内の安定に尽力している。公明正大で民に慕われていたという。

佐野三直【さのさんじき(15??~15??)】

二条城主。安富家臣。通称久兵衛。

寒川元家【さんがわもといえ(15??~15??)】

寒川郡昼寝城主。通称左馬充。寒川家は細川家の被官として寒川郡を領した事から始まる。1512年、寒川元家は中国、朝鮮、琉球と交易を開始し、勘合貿易に参加し利益を得た。引田海賊衆を率いて大内家に味方した。1519年、大友家を討つため、九州に出陣した。1520年、朝鮮攻めに参陣した。

寒川元政【さんがわもとまさ(15??~15??)】

寒川元家の男。官途は丹後守。寒川元政の頃は戦国時代で十河景滋や安富盛方と争った。1523年、安富盛方に攻められるがこれを破った。1526年、十河景滋との戦いで香川家や香西家等の援軍を得て伏兵と挟撃で打ち破り、十河景滋の援軍として駆けつけた三好元長を讃岐国境で撃破した。1532年、十河景滋の養子十河一存に池内城を攻められるが家臣鴨部源次が敵陣を急襲し、十河一存を負傷させた。十河一存は何事もなかったかのように悠々と引き上げたため「鬼十河」の異名を得た。この後、管領細川晴元の仲介で和睦が成立した。1540年、安富盛方との戦いが激化し、寒川元政は居城を池内城から昼寝城に移した。「塩木の戦い」を行うが勝敗がつかず、一進一退を繰り広げた。1562年「教興寺の戦い」において十河一存や安富盛方等と共に三好長慶に属して戦って勝利した。

寒川元隣【さんがわもとちか(15??~1582)】

寒川元政の男。官途は丹後守。父の死後家督を継ぎ、居城を昼寝城から虎丸城に移し、昼寝城には弟光永を入れた。1572年、敵対する安富盛定の策略により、主筋の三好長治に虎丸城を譲渡して昼寝城へ退いた。この後、虎丸城には安富盛定、十河存保が城主となり、1585年(天正13年)に廃城。1582年、十河存保に属して長宗我部元親と戦うが「中富川の戦い」で討死した。

寒川光永【さんがわみつなが(15??~15??)】

池内城主。寒川家臣。通称七郎。

寒川常隣【さんがわつなちか(15??~15??)】

常隣城主。1521年「塩ノ木の戦い」で安富勢を敗った。

寒川光俊【さんがわみつとし(15??~15??)】

昼寝城主。織田信長に臣従。天文年間、長宗我部氏に攻められ、子の俊元と共に討死。

四宮光武【しのみやみつたけ(15??~15??)】

大川郡引田城主。寒川家臣。1504年、四宮右近は信濃より来訪して寒川家に仕えた。阿波国の三好家を牽制した。寒川家はここの引田浦を利用して勘合貿易を行なった。1570年、四宮光武は阿波の三好長治に敗北し、引田城を失陥した。その弟四宮太郎左衛門光利は羽柴家臣仙石秀久に仕え戦功を挙げた。

白鳥玄蕃【しらとりげんば(15??~15??)】

大川郡白鳥城主。1521年、引田城に籠城して三好勢と戦った。

進士隼人佐【しんじはやとのじょう(15??~1582)】

奈良家臣。奈良元政を補佐した。1582年、香川親和が聖通寺城に迫ると、奈良元政と共に阿波勝瑞城に落ち延びた。1582年「中富川の戦い」に参陣し討死した。

新名内膳亮【しんみょうないぜんすけ(15??~15??)】

鷲山城主。羽床家臣。香川家の「西庄城の戦い」に参陣した。1579年、羽床資載が長宗我部元親に降ると、本領安堵を条件に長宗我部家に降伏した。1582年、奈良、香西家攻撃に参陣した。

新名源左衛門【しんみょうげんざえもん(15??~15??)】

柏原城主。

陶茂清【すえもりきよ(15??~15??)】

指月所城主。官途は丹後守。

須佐美太郎左衛門【すさびたろうざえもん(15??~1583)】

小豆郡城山城。1583年、羽柴秀吉に謀殺された。

諏訪又右衛門【すわまたざえもん(15??~15??)】

香西家臣。1582年「西光寺表の戦い」では、長宗我部勢の横合いから鉄砲を撃ちかけ撃退した。

十河景滋【そごうかげしげ(1510~1559)】

山田郡十河城主。十河家は山田郡を支配していた。植田家の庶家。1526年、三好長慶と共に寒川元政攻略を計画するが事前に発覚し、寒川氏に急襲されて敗走する。1530年、嫡子十河金光が早世。三好長慶の台頭と地盤強化のため、三好長慶の末弟一存を養子に迎える。鬼十河と詠われた十河一存の活躍により、十河家の勢力は拡大し、讃岐国の大半を支配した。

十河一存【そごうかずまさ(1532~1561)】

三好元長の四男。十河景滋の養子。官途は左衛門尉。通称又四郎。室は九条稙通の娘。讃岐国十河城主の十河景滋の世子の金光が早世したため、兄三好長慶の命により十河景滋の養子となって十河家の家督を相続した。1549年、父三好元長の仇である三好政長と「摂津江口の戦い」で勝利に貢献した。これにより細川晴元の政権は崩壊し、三好長慶の政権が確立する。1560年、畠山高政との戦いで大勝し、三好長慶から岸和田城主に任じられた。その後も畿内各地を転戦して功を挙げ、兄を軍事的によく補佐した。1561年、有馬温泉にて松永久秀と湯治中に突然死した。実子は三好長慶に引き取られて後にその家督を継いだため、次兄の三好義賢の次男存保が養子となって家督を相続した。

十河存保【そごうまさやす(1554~1587)】

三好義賢の次男。十河一存の養子。官途は河内守。1561年、叔父十河一存が讃岐国十河城主で急死したため、養子となって家督を相続した。三好義賢が織田信長と敵対したとき、十河存保は織田信長と戦ったが、長宗我部元親の勢力圏が阿波、讃岐国に及ぶと、対抗するため織田信長と同盟を図った。1577年、阿波国で実兄の三好長治が長宗我部元親や異父兄の細川真之によって殺された。1578年、勝端城に入城、三好家の勢力挽回に務めた。1582年、織田信長の援助を受けていたこともあって次第に戦況は十河存保の有利となり、細川真之を自刃に追い込んだ。1582年、織田信長が「四国征伐」を計画すると、十河存保はその先鋒として讃岐国や阿波国で奮戦したが「本能寺の変」で織田信長が横死すると、十河存保は後ろ盾を失って勢力が大きく後退し、長宗我部元親との「中富川の戦い」に敗北して阿波国を放棄し、讃岐に撤退した。1584年、十河城や虎丸城なども長宗我部元親によって落城、十河存保は大坂の羽柴秀吉を頼って落ち延びている。1585年、羽柴秀吉の「四国征伐(天正の陣)」に協力し、旧領である十河城30,000石を羽柴秀吉より与えられた。1586年、羽柴秀吉の「九州征伐」で、島津家久との「戸次川の戦い」において討死した。

十河存英【そごうまさひで(15??~1515)】

十河存保の男。通称孫二郎。十河存保が討死すると、十河家は改易されため浪人となった。1515年「大坂の役」では羽柴秀頼方として大坂に入城し「大阪夏の陣」の際に摂津国尼崎で討死した。

十河長康【そごうながやす(15??~15??)】

十河存保の次男。兄千松は早世。官途は豊前守。

十河存純【そごうまさずみ(15??~15??)】

十河存保の男。官途は雅楽頭。弟は村田九兵衛存継で、その子半兵衛重以は太田備中守資宗に仕えた。

十河存之【そごうまさゆき(15??~1586)】

十河一存の庶男。官途は隼人助。十河存保の家老としてこれに仕え、長宗我部元親に抵抗した。1586年「戸次川の戦い」で討死した。

十河孝晴【そごうたかはる(15??~15??)】

池西城主。十河家臣。通称主殿助。香川親和が十河城を攻めた際、十河存之を助け活躍した。

------------------------------------------------------

【た】

高井信昌【たかいのぶまさ(15??~15??)】

高井城主。官途は下総守。

高岡正継【たかおかまさつぐ(15??~15??)】

高岡城主。通称上野介。

高岡宗弼【たかおかむねすけ(15??~15??)】

木田郡長嶺城主。通称左衛門。1587年、尾藤氏に仕え、その後生駒親正に属した。1592年、羽柴秀吉の「朝鮮征伐」の時、讃岐国の生駒親正の配下として従軍して合戦した。このとき若く美しい朝鮮国の官女で大添、小添という名の姉妹を召取り、帰国して羽柴秀吉に献じた。羽柴秀吉はいたく喜んだが、言葉が通じないため色々不便があり、羽柴秀吉より生駒親正へ賜り、生駒親正から宗弼へ預けられた。歳月が流れ姉妹も年老いて亡くなったため、異郷の地で生涯を終えた宿命を哀れみ、高岡一族は姉妹らを手厚く葬った。讃岐の大庄屋山崎四郎左衛門は、高岡氏の後裔であり彼女らの遺品も伝世した。

高木右馬頭【たかぎうまのかみ(15??~15??)】

飯野山城主。

高原左衛門尉【たかはらさえもんのじょう(15??~15??)】

直島城主。1586年「九州征伐」に参陣した。主に船を使っての輸送を担当した。「戸次川の戦い」の敗北後、仙石勢らを乗せて撤退した。島津勢の追撃を防ぎきった。

高原次利【たかはらつぐとし(15??~15??)】

高原左衛門の男。通称久右衛門。羽柴家の「四国征伐」に協力し、讃岐国直島などに計545貫を領した。「九州征伐」には、塩飽海賊衆を率いて参陣した。戦後、讃岐国に300石の加増を約束されていたが「戸次川の戦い」敗北の余波を受けて加増の話は取り消しとなった。「文禄、慶長の役」の折には軍兵輸送の船の調達を行い直島を繁栄させた。

高松頼邑【たかまつよりむら(15??~1585)】

喜岡(高松)城主。香西家臣。通称左馬助。1582年、香西佳清が長宗我部元親に降伏すると高松頼邑も長宗我部元親に属した。1583年、仙石秀久が屋島から喜岡城を攻め際に撃退した。1585年「四国征伐」では宇喜多秀家、仙石秀久ら兵23,000余りに攻められ、城兵200余りと共に玉砕した。

滝宮弥十郎【たきのみや(15??~15??)】

滝宮城主。香西家と羽床資載の間に争乱が起こると、柾木城主滝宮安資が香西家に味方したのに対し、滝宮城主滝宮弥十郎は羽床資載に味方した。1579年、羽床資載が長宗我部元親に降ると、滝宮弥十郎も長宗我部元親に降った。

滝宮安資【たきのみや(15??~1582)】

柾木城主。香西家臣。官途は豊後守。室は羽床資載の娘。滝宮安資は羽床資載の娘を娶るが、羽床家と対立していた香西家と結んでいた。1578年、香西佳清が羽床資載の娘である室を離縁したことから一気に両家が対立、羽床資載の嫡男羽床資治がここを攻めてきたが返り討ちにした。羽床資載に攻められ滝宮家の柾木城は落城した。香西家を頼り落ち延びる。1582年、香川親和が香西領内に攻め込んできた際、守りが手薄となっていた作山城に旗を立てて大軍がいるように見せか撃退した。「伊勢馬場の戦い」で陣代として長宗我部勢を相手に奮戦するも討死した。

多田和泉守【ただいずみのかみ(15??~15??)】

志度城主。安富家臣。1582年、長宗我部元親の攻撃を受けて落城した。

田中道源【たなかどうげん(15??~15??)】

田中城主。

田村親光【たむらちかみつ(15??~15??)】

栗隈城主。長尾大隅守の四男。官途は上野介。1582年、長宗我部元親の侵攻を受けて、本拠の西長尾城が陥落するとこの城も落ちた。

田村時定【たむらときさだ(15??~15??)】

中坪城主。通称左衛門。

造田佐渡守【つくりださどのかみ(15??~15??)】

多度郡造田城主。羽床家臣。羽床家七人衆のひとり。

造田宗俊【つくりだむねとし(15??~15??)】

造田佐渡守の男。官途は備中守。羽床家七人衆のひとり。1579年、造田宗俊の守る造田城が長宗我部元親に攻められ、造田勢は軍勢の差が大きく守りきれず、ほとんどの家来は討死した。造田宗俊は城に火をかけ自刃した。

筑城三郎衛門【つづきまぶろうびょうえ(15??~15??)】

筑城城主。香西家臣。1582年、長宗我部軍が侵攻してくると、これを迎撃した。1585年、香西家が西長尾城へ移る時に謀議に参加した。その後、讃岐の新領主となった生駒親規に200石を領した。

富田光輝【とみたみつてる(15??~15??)】

大井城主。安富家臣。通称左近太夫。

------------------------------------------------------

【な】

中飯田備中守【なかいいだびっちゅうのかみ(15??~1582)】

香西佳清家臣。通称備中守。1582年「伊勢馬場の戦い」で先鋒を務め、流れ弾に当たって討死した。

長尾高勝【ながおたかかつ(15??~1579)】

鵜足郡西長尾城主。官途は大隈守。長尾家は、代々大隅守を称し九代長尾高親まで鵜足郡、那珂郡、阿野郡の南部三郡に勢力を誇った。

長尾高親【ながおたかちか(15??~15??)】

長尾高勝の男。1578年、長宗我部元親は讃岐へ侵攻し、天霧城主香川家を降し、長尾家の西長尾城に迫った。長尾高親は、香川家を通じて降伏勧告を受け入れ長宗我部家に降り、その後の「藤尾城の戦い」「十河城の戦い」の先鋒を勤めた。1585年、羽柴秀吉の「四国侵攻」に敗れた長宗我部元親は土佐国に減じられ、長尾家は下野して居城西長尾城も廃城となった。

長尾左衛門督【ながおさえもんのじょう(15??~15??)】

岡田城主。長尾高勝の三男。

長尾家臣団【ながおけかしんだん】

常兼城主:常兼三郎左衛門、炭所城主:長尾伊勢守。

永塩氏継【ながしおうじつぐ(15??~15??)】

大川郡黒羽城主。官途は因幡守。

中島与兵衛【なかじまよへい(15??~15??)】

与北城主。

中田井民部【なかたいみんぶ(15??~15??)】

中田井城主。

中村氏宗【なかむらうじむね(15??~1557)】

岐田井城主。官途は加賀守。天文年間、美濃国から讃岐国に移住した。1557年、幡羅城主原采女と戦い討死した。
 
中村恒頼【なかむらつねより(15??~15??)】

中村氏宗の男。1580年、火災で居城を失い、新たに八栗城を築城した。1582年、長宗我部勢に攻められる。不利を悟り、中村恒頼は備前国に落延びた。

中村宗貞【なかむらむねさだ(15??~15??)】

中村氏宗の次男。

中村光重【なかむらみつしげ(15??~15??)】

中間城主。通称市正。

奈良元信【ならもとのぶ(15??~15??)】

鵜足郡聖通寺城主。官途は備前守。通称兵衛尉。奈良家は香川、安富、香西家とともに細川家四天王のひとり。宇多津で塩飽海賊衆を有していた。1562年「教興寺の戦い」で、三好方の讃岐国人衆として、寒川元政、安富盛方、六車宗堪、羽床資載、香西元載、由佐長盛らとともに参陣した。

奈良元政【ならもとまさ(15??~1582)】

奈良元信の男。通称孫太郎兵衛。1578年、十河存保に仕えた。長宗我部方となっていた藤目城を長尾大隈守、香川民部少輔、羽床伊豆守らとともに奪還した。1578年、長宗我部元親に奪還され阿波国勝瑞城へと敗走した。1582年「中富川の戦い」に参陣して討死した。

奈良元政【ならもとまさ(15??~1582)】

奈良元信の男。通称孫太郎兵衛。1582年、長宗我部勢12,000余りに攻められ、十河存保を頼り、勝瑞城に落延びた。「中富川の戦い」で討死した。

奈良常右衛門【ならつねざえもん(15??~15??)】

多度郡生間城主。長尾大隈守家臣。

成相信安【なりあいのぶやす(15??~15??)】

信安城主。通称右衛門。

二鬼島道智【にきとうみちとも(1565~15??)】

十河家臣。「昔阿波物語」を記す。

乃生元忠【のぶもとただ(15??~15??)】

高木城主。香西家臣。通称孫兵衛。元忠の祖父神谷兵庫忠資は細川家に仕えて戦功を挙げた。

------------------------------------------------------

【は】

長谷権ノ正【はせがわごんのじょう(15??~15??)】

大畠城主。植田家臣。

羽床資載【はゆかすけとし(15??~1582)】

羽床城主。官途は伊豆守。1578年、香西家と不和になり、香西佳清に嫁いでいた娘も離縁された。嫡男羽床資治を総大将に香西家攻めを行うも、羽床資治は討死にした。羽床資載は兵800余りを率い、弔い合戦に出陣。香西側の柾木城を落とした。1579年、長宗我部勢12,000余りに攻められ、兵750余りを率いて籠城した。城攻めは八度にも渡った。長宗我部元親は羽床勢の精強ぶりを褒め称え、城兵の無事を保証し、羽床資載に開城を勧めた。使者は香川信景が務め、羽床資載も開城に応じた。羽床資載は所領を安堵され、長宗我部勢に加った。1582年「十河城の戦い」の陣中で病没した。
 
羽床資治【はゆかすけはる(15??~1578)】

羽床資載の男。通称忠兵衛。1578年、香西家を攻めるため兵600余りを率いて出陣した。羽床資治は討死した。
 
羽床資吉【はゆかすけよし(15??~1586)】

羽床資載の次男。通称弥三郎。1579年、羽床城開城時に長宗我部家への人質となった。1582年、父羽床資載の没後、羽床家当主となった。「四国征伐後」仙石秀久は仕えた。1582年「戸次川の戦い」で討死した。

原采女【はらうねめ(15??~15??)】

幡羅城主。

福家資顕【ふくいえすけあき(15??~15??)】

福家城主。香西家枝連衆。1583年、長宗我部勢に降伏し、羽床資載に預けられた。

福家資頼【ふくいえすけより(15??~15??)】

福家城主。羽床家臣。通称七郎。羽床家、香西家の争いを仲介しようとして羽床資載に疑心を買い謀殺された。

福田又次郎【ふくはらまたじろう(15??~15??)】

笠島城主。

藤原安右衛門【ふじわらやすざえもん(15??~15??)】

庄屋原城主。

藤田大隅守【ふじたおおすみのかみ(15??~15??)】

垂水城主。

逸見源左衛門【へんみげんざえもん(15??~15??)】

庵治城主。

細川頼弘【ほそかわよりひろ(15??~1579)】

三豊郡仁保城主。官途は土佐守。1579年、長宗我部元親勢が讃岐国へ侵攻、香川家の属城である藤目城が落とされた。斉藤師郷は土佐の軍門に降り、本篠城の財田常久は討死した。次いで九十九山城を攻め細川氏政を駆逐し、仁尾城主細川頼弘、天神山城主吉田兼久らも各地で討死し、香川家の諸城は落城した。

細川氏信【ほそかわうじのぶ(15??~15??)】

三豊郡九十九山城主。官途は伊予守。1525年、神恵院観音寺金堂を再興した。
 
細川氏頼【ほそかわうじより(15??~15??)】

細川氏信の男。官途は伊予守。
 
細川氏政【ほそかわうじまさ(15??~1579)】

細川氏頼の男。官途は伊予守。1578年、神恵院観音寺琴弾宮に鐘を納めた。1579年、長宗我部元親勢が讃岐国へ侵攻、香川家の属城である藤目城が落とされた。斉藤師郷は土佐の軍門に降り、本篠城の財田常久は討死した。次いで九十九山城を攻め細川氏政を駆逐し、仁尾城主細川頼弘、天神山城主吉田兼久らも各地で討死し、香川家の諸城は落城した。

細川伊予守【ほそかわいよのかみ(15??~1622)】

細川氏政の男。

細川矩弘【ほそかわのりひろ(15??~15??)】

国弘城主。通称左兵衛。織田信長に仕えた。

細川国弘【ほそかわくにひろ(15??~15??)】

細川矩弘の男。豪勇で鳴り響き、羽柴秀吉に仕えた。

本津右近【ほんうこんこん(15??~15??)】

本津城主。香西家臣。

本津六郎兵衛【ほんつろくろうえもん(15??~1582)】

香西家臣。本津城主本津右近の弟。1582年、香川親和が香西領内に攻め込んできた際、物見として新居まで赴き、撤退時に敵の首を獲った。「西光寺表の戦い」で討死した。

本目正利【ほんもくまさちし(15??~15??)】

多度郡本目城主。通称左衛門尉。

------------------------------------------------------

【ま】

前田宗存【まえだむねまさ(15??~15??)】

前田城主。通称頼母頭。十河家枝連衆。別名前田成光。

前田宗清【まえだむねきよ(15??~15??)】

前田宗存の孫。通称甚之丞。六尺の堀を越える身軽な男で、弓に優れた剛の者。十河城に籠もって長宗我部勢と戦った。1582年、長宗我部勢の香川親和の攻撃により落城、十河城に撤退した。十河城が包囲されると盗賊衆を指揮して香川親和の陣に潜り込み、兵糧、旗指物、鉄砲を奪い取って敵を悩ませた。その後、香川親和の謀殺を企てるが失敗した。十河勢が食糧難に陥ると今度は周辺の民家や城を襲い食料などを奪い取った。

増田光政【ますだひつひさ(15??~15??)】

椎尾城主。奈良家臣。通称右衛門。

松本茂頼【まつもとしげより(15??~1579)】

西庄城主。通称助之進。1579年「阿波重清城の戦い」で討死した。

真鍋祐重【まなべすけしげ(15??~15??)】

向城主。真鍋守政の男。香西佳清家臣。通称五郎弥助。「成就院事件」では父真鍋守政と共に香西清長に味方し、香西佳清派と戦った。1581年、長宗我部勢との「伊勢馬場の戦い」では敵将三名を討取った。長宗我部家臣楫取彦左衛門を討取った。1587年、生駒家に仕え250石を領した。「朝鮮の役」にも参陣した。

三河実氏【みかわさねうじ(15??~15??)】

上林城主。三谷家臣。

三木景美【みきかげよし(15??~15??)】

田井城主。十河家臣。通称半太夫。

溝口飛騨守【みぞぐちひだのかみ(15??~15??)】

池田山城主。植田家枝連衆。1582年、長宗我部元親の「讃岐侵攻」で、池田城は落城した。

三谷景久【みたにかげひさ(15??~15??)】

王佐山城主。官途は兵庫頭。植田枝連衆。神内家、十河家と並び「三家」と称された。1508年、三谷景久が香西元定の侵攻を受け、この城に籠もって撃退した。

三谷光広【みたにみつひろ(15??~15??)】

三谷景久の男。

三谷景広【みたにかげひろ(15??~15??)】

三谷光広の男。通称掃部。長宗我部元親に降った由佐左京進秀武に攻められ屈服した。

三谷掃部左衛門【みたにかもんざえもん(15??~15??)】

三谷城主。香西元成、香西元載、香西佳清の三代に仕えた老臣。常に戦場に付き従った。1582年「西光寺表の戦い」で軍使を務めた。香西家がの改易されると浪人となった。

三谷出羽入道【みたにでわじゅうどう(15??~15??)】

出羽城主。三谷家枝連衆。

三谷伊豆守【みたにいずのかみ(15??~15??)】

本山城主。

道久久友【みちひさひさとも(15??~15??)】

多度郡山脇城主。官途は左馬亮。

道久図書助【みちひさとしょのすけ(15??~15??)】

道久久友の男。

三野栄久【みのえく(15??~15??)】

多度郡勝間城主。通称菊右衛門。香川家四家老のひとり。1579年、香川家が長宗我部元親に降ると香川山城守、河田七良兵衛、河田弥太郎らと共に、二人ずつ交代で長宗我部元親の元へ人質として赴いた。嫡男四良左衛門は生駒家に仕えた。

宮本道意【みやもとみちおき(15??~15??)】

塩飽海賊衆。通称傳太夫。1577年、織田信長はに堺へと入港する塩飽船に対し他国船は航路を譲る事を命じた。ら朱印状を与えられて塩飽海賊衆を統括した。1582年「本能寺の変」後は塩飽海賊衆は四名の年寄衆のうち、二名が塩飽に残り、宮本道意と入江四郎左衛門が小浜景隆に出仕した。塩飽海賊衆は大坂の小浜海賊衆の警護と、西軍の軍船の動向、積荷などを偵察した。1588年、羽柴秀吉は「九州討伐」に際して兵を運ぶ船を出させた。1590年、船方650人を御用船方とし、本島、広島、与島、櫃石島、手島、高見島、牛島の塩飽七島1,250石を与えた。1600年、草津にて松平元康に拝謁して。「関ヶ原の役」戦勝の祝辞を述べ、羽柴秀吉の人名制度維持の朱印の効果継続を訴えた。松平元康は宮本道意が小身ながら諸大名より先に祝辞を述べたことを喜び、朱印状を交付して人名制度を維持することを伝え、大坂城西の丸で船方に塩飽七島を安堵した。

宮脇元長【みやわきもとなが(15??~15??)】

松縄城主。香西家臣。官途は兵庫頭。1468年、宮脇越中守長定は紀伊国の熊野海賊衆を率いた別当湛増の末裔で紀伊国から移住し野原荘、太田荘を領して代々松縄城に居城した。1573年、宮脇元長の娘が、香西家の片腕といわれた植松備後守に嫁ぎ、より一層関係が深くなった。

宮脇弾正忠【みやわきだんじょうちゅう(15??~1582)】

宮脇元長の男。長宗我部勢が香西領内に攻め込んできた際、香川信景の兵と交戦した。1582年、佐藤家らと共に「西光寺表の戦い」で先鋒を勤めた。「四国征伐」時、香西佳清一行が西長尾城に撤退する際に尽力した。

宮脇長治【みやわきながはる(15??~15??)】

宮脇元長の次男。通称兵庫。宮脇長治も香川信景との戦い「西光寺表の戦い」で兄と行動を共にした。

宮武六右衛門【みわたけろうろうざえもん(15??~1582)】

香西家臣。1582年「西光寺表の戦い」で天神郭を守備した。長宗我部の大軍に対して僅か兵300余りを率いて奮戦するが衆寡敵せず討死した。

六車宗湛【むぐるまそうたん(15??~15??)】

六車城主。安富盛方家臣。1572年、安富盛方が居城を雨滝城から虎丸城へ移すと、雨滝城主となった。1583年、長宗我部元親の侵攻により、安富盛方は仙石秀久を頼って小豆島へと逃れたため、六車宗湛も長宗我部元親に降った。

牟礼光茂【むれみつしげ(15??~15??)】

牟礼城主。通称孫兵衛。羽柴秀頼に仕えて700石を領した。1615年、羽柴勢の一員として大坂城に籠城した。長宗我部盛親と共に討死した。

村上信継【むらかみのぶつぐ(15??~15??)】

鳥坂城主。香川家臣。官途は河内守。

物集大蔵太夫【もずめおおくらだいふ(15??~1582)】

奈良家臣。奈良元政を補佐した。1582年、香川親和が聖通寺城に迫ると、奈良元政と共に阿波勝瑞城に落ち延びた。1582年「中富川の戦い」に参陣し討死した。

------------------------------------------------------

【や】

八倉弾正忠【やえくらだんじょうちゅう(15??~15??)】

粟島城主。香川家臣。

安富盛方【やすとももりかた(15??~15??)】

三木郡雨滝城主。安富家は細川家四天王のひとつ。長禄年間、三木郡地頭三木高長の没後、細川家から三木郡を賜る。1523年、昼寝城主寒川家と所領の境界線をめぐり合戦となる。「塩ノ木の戦い」がそれであるが、安富盛方は合戦に敗れた。1526年、三好家と共に「寒川家征伐」を計画するも、寒川元政に察知され、逆に強襲を受け撤退した。細川晴元は安富盛方、寒川家に和解を命じるも、安富盛方はこれを拒み、再び寒川領を攻める。寒川勢を長尾表で破り、池内城を奪取。さらに昼寝城を攻め、兵糧攻めを行った。
 
安富盛定【やすとみもりさだ(15??~15??)】

讃岐雨滝城主。室は篠原弾正の娘。1572年、三好家臣篠原弾正入道の娘を娶る。三好家との関係を深めることで寒川家を圧迫し、遂に寒川家を昼寝城まで撤退させた。寒川家の領していた虎丸城に入城し、雨滝城には家臣六車宗旦を入れた。1583年、羽柴秀吉に臣従。長宗我部元親に攻められ、仙石秀久を頼り、小豆郡に落ち延びた。六車宗旦は長宗我部家に降伏した。
 
安富元綱【やすとみもとつな(15??~15??)】

石田城主。通称民部。1582年、長宗我部家に攻められ落城した。

安富時氏【やすとみときうじ(15??~15??)】

時氏城主。通称右衛門太夫。

山内源吾【やまのうちげんご(15??~15??)】

羽床家臣。1579年、長宗我部元親は西庄城を落とし、山内源吾を守将とした。

山地右京進【やまじさきょうのしん(15??~15??)】

三木郡詫間城主。香川家臣。山地家は讃岐国白方の海賊衆であったが詫間城主となった。香川家は細川家の讃岐西方の守護代であり、山地家の本拠の白方に隣接する多度津に居館をおいていた。香川家は多度津を拠点に西讃岐一帯に支配力を強化し、海賊衆山地右京進の掌握を図った。
山地右京進は詫間城主となり、三野郡、多度郡、豊田三郡之旗頭となった。詫間城は西讃岐の重要な湊街のひとつ。

山地九郎左衛門【やまじくろうざえもん(15??~15??)】

山地右京進の男。1583年、香川信景は「大内郡入野の戦い」で戦功を挙げた山地九郎左衛門に感状を与えた。この合戦は、長宗我部元親の軍勢が引田浦にいた羽柴秀吉の部将仙石久秀を攻めた際のもので、長宗我部勢の一将であった香川家に率いられた山地家が、敵方の田村志摩守の首を討ち取った。

山田弥七【やまだよしち(15??~15??)】

牛川城主。羽床家臣。

山脇図書助【やまわきとしょのすけ(15??~1582)】

香西家臣。1582年「西光寺表の戦い」で天神郭を守備した。敵兵を多数討ち取った後討死した。

矢野駿河守【やのするがのかみ(15??~1579)】

三好長治家臣。1570年、三好長治は、四宮光武が守る引田城を攻め落とすと矢野駿河守を城主にした。1579年、岩倉城主三好式部少輔に攻められ謀殺された。
 
由良兼光【ゆらかねみつ(15??~15??)】

香西家臣。官途は遠江守。1508年、香西元定が三谷城に攻撃を仕掛けた際、この城も攻撃を受けたが、三谷伊豆守の弟である掃部左衛門が香西家に属していたため、戦をせず和した。1582年、長宗我部元親が香西家の佐料城を攻撃した際「西光寺表の戦い」で奮闘した。

由良秀盛【ゆらひでもり(15??~15??)】

由良山城主。通称左京進。讃岐守護となった細川頼春に従って井原庄に移り住み、東に香東川、西に沼地が広がる要害の地に居館由佐城を築いて代々の本拠とし名字を由佐と改めた。三好長慶の麾下に属して、畿内に出陣して諸所を転戦した。

由良秀武【ゆらひでたけ(15??~15??)】

由良秀盛の男。通称平右衛門。三好義賢に従って戦功を挙げた。1562年、三好義賢が「和泉久米田の戦い」で討死した。1564年、三好長慶も病死したことで三好家の勢力も後退を余儀なくされた。1575年、長宗我部元親が、四国の統一に乗り出し、阿波国、讃岐国への進攻を開始した。1582年、讃岐国に兵を進めた長宗我部元親は井原城を攻撃、由良秀武は固く守って長宗我部勢の猛攻をよく防戦した。攻めあぐねた長宗我部元親は、一旦兵を退こうとした。それを察した由良秀武は伏兵を冠纓山に置き、みずからは城兵を率いて打って出た。由良秀武の勇戦に鼓舞された伏兵らは大いに働き、敵将稲吉新八郎を捕虜とする勝利をえた。これをみた長宗我部元親はただちに兵を返し、由良秀武に猛攻を加えたため、さすがの由良秀武も元親の軍門に下った。以後、由良秀武は長宗我部勢の先陣となり、三谷景久を攻めこれを滅した。羽柴秀吉が「四国征伐」の軍を起すと、長宗我部元親はたちまち征圧された。由良秀武は仙石秀久に仕えた。

由良秀景【ゆらひでかげ(15??~1586)】

由良秀武の男。1586四年、九州平定の軍を起した羽柴秀吉は、長宗我部元親、十河存保ら四国の諸将に出陣を命じた。四国勢の軍監には仙石秀久が任じられ、豊後に渡海した四国勢は「戸次川の戦い」で島津勢と戦い壊滅的敗北を喫した。この戦いで、十河存保、長宗我部信親らが討死した。由良秀景も討死した。

由良久右衛門【ゆらきゅうざえもん(15??~15??)】

由良秀景の男。由良久右衛門、讃岐国の新領主となった生駒家に仕えたが、生駒家も改易されたのち、井原城跡に居館を築いて郷士となり近世に至った。

吉田兼近【よしだかねちか(15??~1579)】

三豊郡天神山城主。香川家臣。通称佐兵衛。吉田兼近は香川家麾下として勇名を馳せた武将。1579年、長宗我部元親勢が讃岐国へ侵攻、香川家の属城である藤目城が落とされた。斉藤師郷は土佐の軍門に降り、本篠城の財田常久は討死した。次いで九十九山城を攻め細川氏政、仁尾城主細川頼弘の落城後、嫡男吉田弾正宗久の奮闘も虚しく吉田兼近も討死した。

吉田宗久【よしだむねひさ(15??~1579)】

吉田兼近の男。通称弾正。1579年、長宗我部元親勢が讃岐国へ侵攻。吉田宗久の奮闘も父吉田兼久とともに討死した。

吉田玄蕃【よしだげんば(15??~15??)】

中ノ村城主。

脇糸目【わきいとめ(15??~15??)】

脇城主。羽床政長七人衆のひとり。

渡辺市之丞【わたなべいちのじょう(15??~15??)】

芝山城主。香西家臣。香西海賊衆。1583年、羽柴秀吉の家臣小西行長らが使者として来た所「今、四国は長宗我部を大将としている」と継げて、交渉を拒否。大砲を撃ち掛けて追い払った。

渡辺三之丞【わたなべさんのじょう(15??~15??)】

渡辺市之丞の男。

------------------------------------------------------

【資料Ⅰ】

讃岐国(郡/0,000石)

小豆郡:
大内郡:
寒川郡:
三木郡:
山田郡:
香川郡:
阿野郡:
鵜足郡:
那珂郡:
多度郡:
三野郡:
豊田郡:



------------------------------------------------------

【資料Ⅱ】

香川家四家老【かがわけじゃしんだん】

高谷城主:香川元春、勝間城主:三野栄久、河田七郎兵衛、河田弥太郎、。

細川家四天王【ほそかわけしてんのう】

奈良元信、香川元景、安富盛方、香西元成。

羽床家七人衆【はゆかけしちにんしゅう】

秋山三郎、有岡牡丹、大林丹後守、後藤是兵衛、造田宗俊、羽床源内、脇絲目。

------------------------------------------------------

【資料Ⅲ】

讃岐国【さぬきのくに】

調査中。

------------------------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年期間の国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため100%史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(西国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(西国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------------------------