2015年2月7日土曜日

戦国武将数え歌事典

------------------------------------

【あ】

会津四家老【あいづよんかろう】

佐世種常 富田滋実 平田盛範 松本舜輔。※岩代国黒川城主芦名盛舜家老衆を務めた四家。別名「芦名四天王」。

会津四家【あいづよんけ】

芦名盛舜、河原田友尚、長沼実国、山内舜通 。※会津地方で勢力を持った大身。

会津三奉行【あいづさんぶぎょう】

岩井信能、大石綱元、安田能元。※1598年、長尾景勝が岩代国黒川城に入部した際に会津奉行を務めた。

赤井家七騎衆【あかいけななきしゅう】

白石久盛、片見師方、間下範宗、朝羽秀綱、淵名智宗、富田吉晴、富田重朝。※上野国邑楽郡館林城主赤井照光に仕えた諸将。

姉小路三家【あねこうじさんけ】

古河姉小路済継、小島姉小路時秀、小鷹利姉小路右近。※飛騨国司家の本家と庶家の総称。

赤松家三家【あかまつけさんけ】

宇野政頼、小寺則職、別所長勝。

赤松政則三奉行【あかまつまさのりさんぶぎょう】

阿閉重能、櫛橋則伊、馬場則家。

赤松義祐三奉行【あかまつよしすけさんぶぎょう】

四宮勝介、祝融軒周登、鳥居職種。※飾磨郡置塩城主赤松義祐の奉行衆。

秋間七騎衆【あきまななきしゅう】

赤見藤九郎、五十嵐団右衛門、内出玄蕃介、奥原新左衛門、島崎蔵人、東城但馬守、深堀藤右衛門。

明智家三羽烏【あけちけさんばがらす】

古川九兵衛、箕浦大内蔵、安田国継。※明智光秀に仕える足軽大将級の諸将。

明智家五宿老【あけちけごしゅくろう】

明智秀満、明智光忠、斎藤利三、藤田行政、溝尾茂朝。※明智光秀の家老衆。

浅井家の四翼【あざいけのしよく】

磯野員昌、大野木国重、野村定元、三田村秀俊。※浅井長政の家老衆。

小豆坂七本槍【あずきざかしちほんやり】

岡田重善、織田信光、織田造酒丞、佐々孫介、佐々政次、下方貞清、中野一安。※織田信秀の家臣。1542年、「三河小豆坂の戦い」で戦功を挙げた七人衆。

吾妻郡七騎衆【あずまぐんななきしゅう】

富沢伊予守、唐沢玄蓄、富沢伊賀守、富沢豊前守、割田下総守、浦野平兵衛、蜂須賀伊賀守。※上野国吾妻郡に割拠した豪族衆。

安宅八家衆【あたけはちにんしゅう】

炬口城主安宅秀興、湊里城主安宅秀益、洲本城主安宅冬康、白巣城主安宅冬秀、猪鼻城主安宅冬俊、由良城主安宅清康、安乎城主安宅隼人、岩屋城主安宅宗景。

姉川七本槍【あねがわのななほんやり】

伊達与兵衛、中山是非之助、林平六、門奈左近右衛門、伏木久内、吉原又兵衛、渡辺金太夫。

安部七騎衆【あべななきしゅう】

朝倉在重、石谷重郎左衛門、大石五郎右衛門、狩野弥次郎、末高正勝、杉山小太郎、杉山太郎右衛門。

安保三人衆【あほさんにんしゅう】

花輪次郎、大里備中、花輪弥次郎。

天草五人衆【あまくさごにんしゅう】

志岐鎮経、天草種元、大矢野種基、上津浦種直、栖本親高。※肥後国天草郡の国人衆。

尼子三傑【あまごさんけつ】

熊谷新右衛門、立原久綱、山中幸盛。※尼子家で武勇を讃えられた三人。

尼子家三家老【あまごけさんかろう】

牛尾幸清、宇山久兼、佐世清宗。

尼子家小四家老【あまごけこしかろう】

牛尾幸清、宇山久兼、佐世清宗、中井綱家。

尼子家六家老【あまこけろかろう】

大西高由、立原久綱、津森幸俊、本田家吉、森脇久仍、山中幸盛。

尼子家七馬士【あまごけしちばし】

馬井汲之助、馬飼舎人、馬川渡之助、馬路走之助、馬塚登之助、馬山翔右衛門、馬木彦右衛門。※尼子家で「馬」の字を姓に持つ七人。

尼子家九牛党【あまごけきゅうぎゅうとう】

牛井谷右衛門、牛尾幸清、牛岡草之助、牛飼糖右衛門、牛川飛右衛門、牛田源五兵衛、牛田鋤右衛門、牛尿踏右衛門、牛引夫兵衛。※尼子家で「牛」の字を姓に持つ九人。

尼子家十助【あまこけじゅっすけ)】

秋上伊織介、植田稲葉之助、大谷猪之助、柴橋大力之助、高橋渡之助、寺本生死之助、早川鮎之助、深田泥之助、山中幸盛、横道兵庫助。尼子十勇士」のモデル。

尼子十勇士【あまごじゅうゆうし】

秋宅庵之介、今川鮎之介、植田早苗之介、小倉鼠之介、寺本生死之介、深田泥之介、尤道理之介、山中鹿介、藪中荊之介、横道兵庫之介。※一部架空の人物。

尼子十旗【あまごじっき】

白鹿城主松田誠保、三沢城主三沢為幸、三刀屋城主三刀屋久扶、赤穴城主赤穴光清、牛尾城主牛尾幸清、高瀬城主米原綱寛、神西城主神西三郎左衛門、熊野城主熊野久家、馬木城主馬来孝綱、大西城主大西十兵衛。※尼子十旗とは、本城月山富田城の外壁となる十城の呼称。

尼子十砦【あまごじっさい】

十神山城主松尾遠江守、神庭横山城主川井信濃守、三笠山城主西村治右衛門、赤崎山城主原民部少輔、亀遊山城主和田源右衛門、高尾城主足立右馬允、高守山城主中井平三平衛、勝山城主田中三良左衛門、寺山城主福山肥後守、安田要害山城主福山綱信。※出雲国月山富田城の周囲を固める支城群。

荒木家両腕【あらきけのりょうあん】

高山重友、中川清秀。※荒木村重に寄騎衆として仕えた諸侯。

荒子七人衆【あらこななにんしゅう】

金岩与次之助、木村三蔵、小塚藤右衛門、高畠定吉、原田又右衛門、村井長頼、吉田孫兵衛。

淡路十人衆【あわじじゅうんしゅう】

庄田城主船越景直、湊里城主安宅秀益、志知城主野口則守、郡家城主田村経春、蟇浦城主蟇浦常利、柳沢城主柳沢直孝、猪熊城主菅達長、栗原城主島田時儀、山添城主加藤主殿、沼島城主梶原秀景、鍛冶屋城主賀集盛政、阿那賀城主武田久忠。

阿波七感状【あわななしゃじょう】

稲田示稙、岩田政長、林能勝、樋口正長、森氏純、森村重、山田宗澄。※蜂須賀正勝に仕えた諸将。

井伊谷三人衆【いいのやさんにんしゅう】

近藤康用、菅沼忠久、鈴木重時。※1568年、松平元康が遠江国に侵攻した際、今川氏真から松平元康へ離反した三人。

伊賀上忍三家【いがじょうにんさんけ(15??~15??)】

服部半蔵、藤林長門守、百地丹波守。※伊賀国の上忍として君臨した三家。

伊賀十一名人【いがじゅういちめいじん】

伊賀崎道順、上野ノ左、神部小南、城戸弥左衛門、甲山太郎左衛門、甲山太郎次郎、下柘植木猿、下柘植小猿、新堂小太郎、瀬登八右衛門、野村孫太夫。

伊賀十二家評定衆【いがじゅうにけひょうてんしゅう】

長田館主百田籐兵衛、朝屋館主福喜多将監、木興館主町井貞信、河合館主田屋掃部介、音羽館主音羽宗重、島ヶ原館主富岡貞頼、依那具館主小泉左京、比土館主中林忠昭、布生館主布生善明、柏原館主滝野吉政、下阿波館主植田光信、西之沢館主 家喜吉近。※伊賀国各庄の筆頭豪族衆。

壱岐六人衆【いきろくにんしゅう】

下条掃部、下条将監、立石三河、牧山善右衛門、牧山舎人、松本左近。

池田家四人衆【いけだけよにんしゅう】

池田豊後守、池田正朝、池田正詮、池田正秀。

伊東家執事五人衆【いとうけしつじごにんしゅう】

荒武宗並、稲津重恒、落合兼仲、佐土原祐章、長倉祐守。

石垣原五本槍【いしがきはらのごほんやり】

井上九郎右衛門、大野勘右衛門、大野久弥、大村六太夫、岸本五郎兵衛。※1600年、「石垣原の戦い」で戦功を挙げた黒田孝高の家臣団。

石田三成三将【いしだみつなりさんしょう】

島清興、杉江勘兵衛、舞兵庫。※石田三成家臣で武勇の優れた諸将。

飯篠四天王【いいしのしてんのう】

杉本政信、塚原安幹、師岡常成、上泉秀綱。

石橋家四天王【いしばししてんのう】

宮森城主大河内備中守、小浜城主大内義綱、百目木城主石川有信、寺坂城主寺坂信濃守。※岩代国安達郡塩松城主石橋尚義の家老衆。

伊勢六人衆【いせろくにんしゅう】

荒木兵庫、荒川又次郎、在竹兵衛、大導寺太郎、多目権兵衛、山中才四郎。別名「御由緒六家」。

石山本願寺城之左右之大将【いしやまほんがんじのさゆうのたいしょう】

下間頼廉、鈴木重朝。

伊豆四人衆【いずよにんしゅう】

笠原美作守、清水小太郎、清水太郎左衛門、仁科幸通。

伊豆国二十一家【いずこくにじゅういっけ】

桑原政則、横井越前守(二十将衆)、笠原信為(白備)、松下三郎左衛門、遠山直景(三家老)、富永政直(青備)、高橋高種(赤備)、鈴木兵庫助、山本太郎左衛門尉、佐藤四郎兵衛(二十将衆)、安藤清広、山角定吉(二十将衆)、狩野大膳亮、村田市之助、上村玄藩、梅原杢右衛門、朝倉平次郎(二十将衆)、横地長次、田中泰行、南条重長(二十将衆)、清水綱吉(二十将衆)。

一条家四家老【いちじょうけよんかろう】

土居宗珊、羽生道成、為松若狭守、安並和泉守の四家。※一条兼定に仕えた家老衆。

一条五家【いちじょうごけ】

東小路教行、入江左近、飛鳥井雅量、白河兼親、西小路某の五家。

一乗谷四奉行【いちじょうだによんぶぎょう】

朝倉景連、前波景定、小泉長利、河合吉統。※朝倉義景家臣、一乗谷の奉行職を務めた。

一乗谷四奉行【いちのたによんぶぎょう】

朝倉景連、河合吉統、小泉長利、前波景貞。

伊東家四十八城【いとうけしじゅうはじょう】

那珂郡/佐土原城主伊東義祐、那珂城主郡司弥六左衛門尉、紫波洲崎城主川崎上総介。児湯郡/都於郡城主伊東義益、平野城主米良民部少輔、三納城主飯田肥前守、穂北城主長倉藤七、富田城主湯地五郎九郎、財部城主落合民部少輔、高城主野村蔵人佐、新納石城主長友源三郎。宮崎郡/宮崎城主肥田木勘解由左衛門尉、石塚城主平賀刑部少輔、曽井城主八代民部左衛門尉、清武城主長倉伴九郎、田野城主長倉河内守、瀬平城主上別府常陸守、飫肥城主伊東祐兵、酒谷城主長倉淡路守、目井城主川崎駿河守。諸県郡/倉岡城主野村隠岐守、穆佐城主落合兵部少輔、飯田城主河崎治部大輔、内山城主野村刑部少輔、木脇城主福永民部四郎、本庄城主河崎兵部丞、八代城主伊東新三郎、守永城主内田四郎左衛門尉、綾城主佐土原遠江守、漆野城主漆野志摩介、紙屋城主米良主税助、戸崎城主肥田木四郎左衛門尉、野尻城主福永丹波守、三ツ山城主平良彦十郎、野首城主米良筑後守、那佐木城主肥田木三郎兵衛、須木城主米良長門守、高原城主福永源左衛門尉。臼杵郡/塩見城主右松四郎左衛門尉、日知屋城主福永新十郎、山陰城主米良喜内、坪谷城主米良休助、門川城主米良四郎右衛門尉、水志谷城主奈須九右衛門尉、神門城主小崎右近将監、雄八重城主米良分左衛門尉、田代城主箟尾彦三郎、入下城主入下弥四郎、高知尾城主三田井惟政。※日向国佐土原城主伊東義祐に仕えた諸将。

伊那五人衆【いなごにんしゅう】

飯島為政、片切為房、上穂重清、赤須清玄、大嶋為重。別名「春近五人衆」。

木部家十騎衆【いべけじゅっきしゅう】

萩原壱岐守、田口石見守、田中美濃守、増尾新兵衛尉、高橋出羽守、松原織部正、戸塚又助、田口采女正、小池和泉守、富澤又左衛門。

今川両家老【いまがわりょうがろう】

朝比奈泰能、三浦次郎右衛門。※今川義元に仕えた家老衆。

上田七本鎗【うえだしちほんやり】

朝倉宣政、太田吉正、鎮目惟明、辻久正、戸田重利、中山照守、御子神典膳。※1600年、「第二次上田城の戦い」で、松平秀忠勢に属して負け戦ながら活躍した諸将。

上野国八家【うえのこくはっけ】

山上氏秀、小幡憲重、桐生助綱、白倉家重、大胡勝行、沼田顕泰、安中長繁、倉賀野行政。

上野原七騎衆【うえのはらななきしゅう】

富田、安藤、野崎、中島、上条、石井、市川。加藤虎景勢に属する辺境武士団。

牛久保六騎衆【うしくぼろっきしゅう】

稲垣平右衛門尉、岩瀬雅楽助、能勢丹波守、真木越中守、牧野山城守、山本成行。※三河国牛久保城主牧野成定に属した寄騎衆。

宇喜多家三老【うきたけさんろう】

岡利勝、長船貞親、戸川秀安。※宇喜多直家のもとで、軍政両面に重きをなした三人家老。

宇喜多家四天王【うきたしてんのう】

岡家利、戸川秀安、延原景能、花房職秀。※宇喜多秀家に仕えた家老衆。

宇陀郡三人衆【うだぐんさんにんしゅう】

秋山家慶、沢房満、芳清兼。※大和国宇陀郡の豪族衆。

宇陀郡七人衆【うだななにんしゅう】

秋山家慶、赤埴満近、井足実栄、沢房満、檜牧静秀、山辺康綱、芳野清兼。※大和国宇陀郡の豪族衆。

宇都宮家両翼【うつのみやけりょうよく】

芳賀高定、益子安宗。別名「紀清両党」。

内ヶ島三家老衆【うちがしまさんかろうしゅう】

尾神氏綱、山下氏勝、川尻氏信。※飛騨国。

浦上家三奉行【うらがみけさんぶぎょう】

浦上国秀、島村盛貫、角田佐家。

浦戸一揆八大将【うらどいっきはちたいしょう】

池田又兵衛、吉川善介、蔵岡彦兵衛、下元十兵衛、近藤五兵衛、徳久亀之助、利岡彦兵衛、福良助兵衛。1600年、「関ヶ原の役」後、長宗我部盛親の改易処分に反対して、起こした一揆の首謀者八人。

頴娃家四家老【えいけよんかろう】

頴娃左近将監、鮫島宗勝、竹内伊豆守、津曲兼任。

越前三奉行【えちぜんさんぶぎょう】

木下祐久、津田元秀、三沢少兵衛。

越前国五人衆【えちぜんこくごにしゅう】

金森長近、佐々成政、原長頼、不破光治、前田利家。※織田信長によって柴田勝家の寄騎衆に任じられた五人。

江戸家四家老【えどけよんかろう】

谷田部通胤、篠原通知、神生通朝、江戸通澄。北常陸国。

海老ヶ島七騎衆【えびがしまななきしゅう】

赤木大学、稲葉肥前守、遠藤対馬守、大木修理、堤豊後守、比企駿河守、星野後藤太。※小田氏治家臣。

江馬家四天王【えまけしてんのう】

河上富信、和爾経氏 神代常名、吉村政元。※江馬時盛の家臣。

江馬家八大家【えまけはちだいけ】

河上富信、和爾経氏 神代常名、吉村政元、大坪孫八、大平、大倉、大森。※江馬時盛の家臣。

江馬輝盛十三人衆【えまてるもりじゅうさんにんしゅう】

和仁勝雄、和仁与兵衛、神代三左衛門、川上忠房、川上忠輔、 脇田右衛門七、寺林甚四郎、山田右衛門、一之瀬源蔵、鷲見文四郎、大島左近介、渡辺大蔵、中山弥四郎。※「飛騨群鑑」に記されている江馬輝盛に殉じた十三名の家臣。

大内家奉行三家老【おおうちけぶぎょうさんかろう】

陶晴賢、杉重矩、内藤興盛。

大浦家三家老【おおうらけさんかろう】

沼田祐光、服部康成、森岡信元。※大浦為信に仕えた家老衆。小笠原信清、森岡信元、兼平綱則としている資料もあります。

大浦家十勇士【おおうらけじゅうゆうし】

斎藤平内兵衛門、桜田宇兵衛門、奈良岡豊後守、小比内藤蔵、神丹波守、阿保中務、相馬伊賀守、新岡源次郎、宮舘与五郎。※資料によって斎藤平内兵衛門、新岡源次郎、桜田宇兵衛門の代わりに梶仁右衛門、新岡弥三郎、八木橋左衛門四郎が入る。

扇谷上杉家四天王【おうぎやうえすぎけしてんのう】

太田資頼、三戸義宣、上田長則、荻谷与左衛門。

大坂七手組頭【おおさかしちてくみがしら】

青木一重、伊東長次、中島氏種、野々村吉安、速水守久、堀田盛重、真野頼包。※羽柴秀頼に仕えた侍大将。

大坂城五人衆【おおさかごにんしゅう】

明石全登、後藤基次、真田信繁、長宗我部盛親、毛利勝永。

大坂城七星将【おおさかじょしちせいしょう】

明石全登、大野治房、木村重成、後藤基次、真田信繁、長宗我部盛親、毛利勝永。

大崎家四家老【おおさきけよんかろう】

里見隆成、渋谷隆秀、中目隆政、仁木高家。

大島四天王【おおしましてんのう】

鈴木因幡守、横山丹後守、柴播磨守、仁平対馬守。※小田氏治家臣。

大友家双璧【おおともけのそうへき】

高橋紹運、戸次鑑連。※大友義鎮に仕えた諸将。

大友三家【おおともさんけ】

詫摩能秀、志賀親守、田原親賢。※大友義鎮に仕えた家老衆。

大友家三宿老【おおともけさんかろう】

臼杵鑑速、戸次鑑連、吉弘鑑理。※「大友派兵軍三将」。

大友家馬廻四家大名【おおともけうままわりよんけだいみょう】

佐伯惟定、戸次鑑連、田原親定、日田親将。※別名「大友旗本四家大名」。

大友家四家老【おおともけよんかろう】

臼杵鑑速、戸次鑑連、吉岡宗勧、吉弘鑑理。

大見三人衆【おおみさんにんしゅう】

上村玄藩、梅原杢右衛門、佐藤四朗兵衛。伊豆国。

大嶽山城番三人衆【おおずくじょうばんさんいんしゅう】

小林彦六左衛門、斎藤刑部少輔五郎、豊原寺西方院。※朝倉義景家臣。

岡崎五人衆【おかざきごにんしゅう】

天野貞有 石川忠輔 植村新六 内藤義清 林藤助。※松平清康の家臣、特に武芸に長じた五人。

岡崎三奉行【おかざきさんぶぎょう】

本多重次、高力清長、天野康景。別名「三河三奉行」。※松平元康の家臣、奉行として活躍した。

小笠原家三職城代【おがさわらけさんしきじょうだい】

草間綱俊、犬甘久和、二木豊後守。

奥平家五老衆【おくだいらけごかろうしゅ】

生田重春、黒屋重氏、夏目治貞、兵藤勝末、山崎高元。

奥平七族【おくらいらななぞく】

奥平主馬允、奥平定雄、奥平貞直、奥平定直、奥平貞盛、奥平信丘、奥平久正。

大坂の陣大名衆十人【おおさかのじんだいみょうしゅうじゅうにん】

明石全登、浅井長房、稲木教量、仙石宗也、多田藤弥斎、戸田為重、内藤忠豊、名島忠純、速水時之、湯浅正寿。

小谷五人衆【おじやごにんしゅう】

太田土佐守、田原主馬、山田左近、細野織部、山岸豊後守。※北信濃国。

織田家双璧【おだけのそうへき】

柴田勝家、丹羽長秀。※織田信長に仕えた諸将。

織田家四天王【おだけよんかろう】

明智光秀、柴田勝家、滝川一益、丹羽長秀。

織田家四家老【おだけよんかろう】

池田恒興、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉。

織田信長四長【おだのぶながよんちょう】

青山与三右衛門、内藤勝介、林秀貞、平手政秀。※別名「那古屋四老」。

織田家奉行五人衆【おだけぶぎょうごにんしゅう】

菅屋長頼、長谷川秀一、福富秀勝、堀秀政、矢部家定。※織田信長に仕えて行政、財政、民治の中枢を担った吏僚。

織田家五大将【おだけごたいしょう】

明智光秀、柴田勝家、滝川一益、丹羽長秀、羽柴秀吉。※織田信長に仕えた方面軍を指揮した諸将。

織田信長六人衆【おだのぶながろくにんしゅう】

浅野長勝、伊藤清蔵、太田牛一、城戸小左衛門、堀田左内、堀田孫七。別名「鷹野の六人衆」。

織田信雄三家老【おだのぶかつさんがろう】

浅井長時、岡田重孝、津川雄春。※織田信雄に仕えた家老衆。

織田信孝四家老【おだのぶたか】

坂仙齋、坂田縫殿助、三宅権右衛門、山下三右衛門。

小田家四天王【おだけしてんのう】

赤松疑淵斎、飯塚美濃守、菅谷左衛門大夫、平塚石見守。※小田氏治家臣。

小田六騎衆【おだろっきしゅう】

江戸山城守、沼尻又五郎、関刑部、友部主膳、野中瀬人道、平塚自閑。※小田氏治家臣。

小田家六家【おだけろっけ】

宍戸城主宍戸通綱、小幡城主小幡氏昌、牛久城主岡見治広、柿岡城主柿岡治親、北条城主北条治高、谷田部城主谷田部寿義。小田氏治に仕える大身の六家。

小倭七人衆【おやまとしちにんしゅう】

稲垣実秀、臼野与四郎、岡村修理亮、小泉藤能、堀山式部少輔、満賀野甚九郎、吉懸三太夫。※伊勢国一志郡小倭に割拠した豪族衆。

尾張四奉行【おわりよんぶぎょう】

河野藤三、坂井利貞、篠岡八右衛門、山口太郎兵衛。※織田信長家臣。1574年、尾張国中の道路、橋、水道の整備を命じられた。

------------------------------------

【か】

海赤雨三将【かいせきうさんしょう】

赤尾清綱、雨森弥兵衛、海北綱親。※浅井長政のもとでその武勇を讃えられた三人。別名「海赤雨の三士」。

加賀三ヶ寺【かがさんかじ】

松岡寺蓮綱、光教寺蓮誓、本泉寺蓮悟。

加賀八家【かがはっけ】

奥村永福、奥村易英、長連龍、本多政重、前田直之、前田長種、村井長頼、横山長隆。

香川家四家老【かがわけよんかろう】

香川元春、河田七郎兵衛、河田弥太郎、三野栄久。

葛西家四家老【かさいけよんかろう】

赤井備中守、末永能登守、福地織部介、門田左馬之。

鹿島家四家老【かしまけよんかろう】

吉川城主吉川覚賢、安房城主額賀大炊助之、松本政信、小神野越前守。※南常陸国鹿島郡鹿島城主鹿島義幹に仕えた家老衆。

加島三鑓【かしまのさんぼんやり】

大橋山城守、桑原平内、諏訪右馬助。1554年、「加島の戦い」で北条氏康勢に属して一番鑓の戦功を挙げた。

加藤家五家老【かとうけごかろう】

加藤重次、加藤正方、加藤正次、下川元宣、並川金右衛門。

加藤家三傑【かとうけさんけつ】

飯田覚兵衛、庄林隼人、森本儀太夫。※別名「加藤家三家老」。加藤清正に仕えて、その武勇を讃えられた三人。

加藤家十六将【かとうけじゅうろくしょう】

加藤重次、加藤可重、鵤平次、加藤安政、龍造寺又八、庄林一心、貴田統政、吉村氏吉、山内甚三郎、九鬼広隆、天野助左衛門、木村又蔵、森本一久、斎藤利宗、赤星親武、飯田直景。※加藤清正家臣。

鹿角郡四頭【かづのぐんよんとう】

成田(高市、谷内、長嶺、湯瀬、神田、毛馬内、大地、荒川、高清水、関上の諸家)、奈良(大湯、小平、新斗米、瀬田、芦名の諸家)、秋元(大里、花輪、柴内、中柴内、小枝指、乳牛、長内、三ヶ田、夏井、石鳥屋、松館、尾佐利、血牛、折加内の諸家)、阿保(黒土、高瀬、高屋、小坂、濁川、高梨)の四家を称した。在地領主として郷村を名字として分立した。郡内でお互いに勢力を競ったが、西方の南部晴政や東方の安東愛季の動向に左右された。

蟹江七本槍【かにえしちほんやり】

阿部忠政、大久保忠員、大久保忠佐、大久保忠利、大久保忠世、杉浦鎮貞、杉浦鎮栄。※松平広忠の家臣。「尾張蟹江城の戦い」で活躍した七人。

烟田八館【かまたはちたて】

馬場館、冨士山館、塙館、母貝館、勧請地館、大樋上館、龍ヶ谷館、金敷館。※烟田城周辺の八館。

蒲生の両輪【がもうのりょうりん】

関一政、田丸直昌。

蒲生家三奉行【がもうけさんぶぎょう】

蒲生郷安、玉井貞右、町野繁仍。

蒲生家十三勇士【がもうけじゅうさゆうし】

赤座隼人、安藤直重、生駒弥五左衛門、上野田主計助、上坂源之丞、上坂左文、儀俄忠兵衛、後藤高治、坂源次郎、谷崎忠右衛門、林五郎作、本多正重、横山喜内。

川北三奉行【かわきたさんぶぎょう】

安部越中守、斎藤筑後守、高橋伊賀守。※最上義光のもとで奉行衆を務めた。

関東三奉行【かんとうさんぶぎょう】

青山忠成、内藤清成、本多正信。

菊池家三家老【きくちけさんかろう】

赤星親家、隈部親永、城親冬。

浪岡北畠家四天王【きたばたけけしてんのう】

奥寺万助、強清水恵林、軽井源左衛門、浪岡吉六。※陸奥国北畠家に仕えた武勇が優れた諸将。

北畠家四管領【はたけやまけよんかんれい】

秋山家嘉、沢隼人、鳥屋尾満栄、水谷俊之。※大宮含忍斎、芝山秀定。

北伊賀柘植三方衆【きたいがつげさんぽうしゅう】

柘植三方、日置大膳、北村保章。

北山九家【きたやまきゅうけ】

黒川久内 、頓宮四方介、大野宮内小輔、岩室大学介、芥川左京亮、隠岐右近太夫、佐治河内守、神保兵内、大河原源太。

北ノ庄三人衆【きたのしょうさんにんしゅう】

明智光秀、滝川一益、羽柴秀吉。※織田信長のもとで、越前国北ノ庄で奉行職を務めた。

北ノ庄三人衆【きたのしょうさんにんしゅう】

木下祐久、津田元嘉、三沢秀次。※織田信長のもとで、明智光秀、滝川一益、羽柴秀吉から引き継いで越前国北ノ庄で奉行職を務めた。

木部家十騎【きべじゅっきしゅう】

萩原壱岐守、小池和泉守、高橋出羽守、田口石見守、田口采女正、田中美濃守、戸塚又助、富澤又左衛門、増尾新兵衛尉、松原織部正。

清洲三奉行【きよすさんぶぎょう】

織田因幡守、織田藤左衛門、織田信秀。※尾張下四郡守護代織田大和守のもとで勢力を持った奉行衆。

清洲会議四宿老【きよすかいぎよんしくろう】

池田恒興、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉。

吉良家四天王【きらけしてんのう】

関加賀守、大場越後守、宇田川杢頭、白井但馬守。※武蔵国荏原郡世田谷城主吉良の家老衆。

桐生家七騎衆【きりゅうけしちきしゅう】

芥川能登守、荒蒔式部、小曽根筑後守、高草木筑前守、東宮民部、松島淡路守、松島式部。※上野国桐生城主桐生祐綱の家臣。渡良瀬川上流の黒川谷にある城砦の守将。

久我一七騎衆【くがじゅうななきしゅう】

小曾根筑後守、小林淡路守、吉村丹波守、福田丹後守、湯沢内記、野尻伊豆守、桂塚刑部、大橋筑後守、新井右近、田子由好、木戸四郎、和田兵庫、栗沢六郎、破治賀大学、北佐源太左衛門、寺内庄太夫、坂本左近。※下野国久我光綱に仕えた諸将。

公事四奉行【くじよんぶぎょう】

今井信衡、今福浄閑斎、桜井信忠、武藤常昭。

神代三人衆【くましろさんにんしゅう】

松瀬宗茂、三瀬宗利、杠種満。※神代勝利に属した国人衆。

神代五人衆【くましろごにんしゅう】

松瀬宗茂、三瀬宗利、杠種満、畑瀬兵部少輔、菖蒲遠江守。※神代勝利に属した国人衆。

神代七人衆【くましろななにんにんしゅう】

松瀬宗茂、三瀬宗利、杠種満、藤原但馬守、畑瀬兵部少輔、菖蒲遠江守、栗並伊賀守。※神代勝利に属した国人衆。

倉賀野家十六騎【くらがのけじゅうろっき】

後川主膳正、五十嵐紀伊守、市川太左衛門、笠原源右衛門、金井秀景、金沢筑後守、源田主馬頭、坂井豊後守、須賀佐渡守、勅使河原備後守、富田伊勢守、中島豊前守、福田石見守、福田信義、細野但馬守、細野対馬守。※後に田沼庄右衛門、須田大隅守が加わる。

黒川八城【くろかわはちじょう】

座間城橋爪修理亮、沢入城主松嶋、草木城主高草木筑前守、神戸城主小曾根筑前、小中城主松嶋淡路守、三ヶ郷城主東宮修理、五蘭田城主阿久沢、深沢城主阿久沢。※黒川郷と称された渡良瀬川渓谷一帯の城砦群。

黒田家双璧【くろだけそうへき】

後藤基次、母里友信。

黒田家二十四騎【くろだけにじゅうよんき(15??~15??)】

井上之房、小河信章、衣笠景延、菅正利、桐山信行、栗山利安、黒田一成、黒田利高 黒田利則 黒田直之 毛屋武久 後藤基次 竹森次真 野口一成 野村祐勝 林道利 原種良 久野重勝 堀正儔 益田宗清 三宅家義 村田吉次 母里友信 吉田長利。※黒田孝高のもとで活躍した二十四人。

黒田家八虎【くろだけはっこ】

井上之房、栗山利安、黒田一成、黒田利高、黒田利則、黒田直之、後藤基次、母里友信。※黒田長政のもとで武勇に優れた八人。

倉賀野家十六騎馬衆【くらがのけじゅうろっきしゅう】

金井淡路守、五十嵐紀伊守、源田主馬頭、富田伊勢守、中島豊前守、須賀佐渡守、後川主膳正、坂井豊後守、勅使河原備前守、金沢筑後守、細野対馬守、福田石見守、福田加賀守。細野但馬守、笠原源右衛門、市川太左衛門。

甲賀五十三家【こうかごじゅうさんけ】

山中十郎、嵯峨越前守、宮島掃部介、倉冶右近助、平子主殿介、葛城丹後守、杉谷与藤次、土山鹿之助、望月出雲守、針和泉守、美濃部源吾、鵜飼源八郎、小川孫十郎、川上藤七郎、青木筑後守、小泉外記、鳥居兵内、杉山八郎、夏見大学、多羅尾四郎兵衛、三雲新蔵人、大原源三郎、和田伊賀守、牧村右馬介、池田庄右衝門、服部藤太夫、大河原源太、大久保源内、八田勘助、神保兵内、饗庭河内守、高野備後守、隠岐右近太夫、頓宮四方介、上山新八郎、岩室大学介、中山民部丞、佐治河内守、上野主膳正、上田三河守、長野刑部丞、多喜勘八郎、野田五郎、内貴伊賀守、大野宮内少輔、岩根長門守、高山源太左街門、黒川文内、伴左京介、高峰蔵人、芥川左京亮、新庄越後守、宇田藤内。※甲賀郡の五十三家。

河野家五家老【こうのけごかろう】

大祝安勝、大野直正、戒能通森、垣生盛周、村上通康。

河野家寄合八人衆【こうのけよりあいはちにんしゅう】

枝松光栄、大祝安勝、垣生盛周、栗上道閑、栗上通宗、栗上通妙、別府通興、由並通資。

河野家足軽大将十五人衆【こうのけあしがるたいしょうじゅうごにんしゅう】

東宗吉、井門義安、宇野識弘、大野貞重、佐伯惟重、重松宣久、白石通景、仙波左馬助、津之通高、中通言、二神重直、三好秀慶、村上吉高、安永能登守、渡部長綱。

河野家十八将【こうのけじゅうはっしょう】

今岡民部大輔、枝松通為、大内信泰、戒能通盛、黒川通博、桑原通興、忽那通著、土居通建、得居通久、中川通任、久枝宣盛、平岡通倚、正岡経政、南通師、村上武蔵、村上通康、村上吉光、和田通勝。

河野家三十二将【こうのけさんじゅうにしょう】

今岡民部大輔、枝松光栄、松末通為、大内信泰、大祝安勝、大野直昌、戒能通森、垣生盛周、櫛部宣武、栗上通宗、栗上通妙、栗上通閑、黒川通博、桑原泰国、河野通冬、忽那通著、重見通俊、土居通建、土居通利、得居通久、得能通能、中川通任、久枝宣盛、平岡通倚、別府通興、正岡経政、南通師、村上武慶、村上通康、村上吉光、由並通賢、和田通勝。

鴻巣七騎衆【こうのすしちきしゅう】

小池久宗、立川石見守、河野和泉守、矢部新右衛門、深井景吉、大島久家、加藤宗安、本木某。岩槻太田資正に仕えた鴻巣周辺の豪族衆。

小机四人衆【こづくえよにんしゅう】

笠原信為、鈴木丹後守、野呂左京亮、酒輪某。橘樹郡小机城主のもとで、小机城や周辺の所領の問題は、「小机四人衆」と称される笠原信為を頂点とした合議制によって処理された。

顧名の五子【こめいのごし】

願証寺蓮淳、本泉寺蓮悟、本宗寺実円、松岡寺蓮慶、光教寺顕誓。

------------------------------------

【さ】

西園寺十五将【さいおんじじゅうごしょう】

伊予国宇和郡黒瀬城主西園寺公広、丸串城主西園寺宣久、常盤城主観修寺基栓、天ヶ森城主津島通顕、法華津本城主法華津前延、金山城主今城能定、大森城主土居清良、高森城主河野通賢、一之森城主竹林院実親、河後森城主渡辺教忠、三滝城主北之川通安、龍ヶ森城主魚成親能、白木城主宇都宮乗綱、萩之森城主宇都宮房綱、元城主南方親安。

西園寺家七人衆【さいおんじななにんしゅう】

赤松肥前守、板島志摩守、市川右衛門尉、宇都宮越後守、大森日向守、岡田越中守、観修寺左馬頭。

西之海衆【さいこしゅう】

小林九郎左衛門尉、小林同民部左衛門尉、渡辺左近丞、渡辺清左衛門尉、渡辺七郎左衛門尉、渡辺右近丞、渡辺同縫殿右衛門尉、渡辺弥右衛門尉。※武田晴信に仕えた、相模国との国境を守備する辺境武士団。

斎藤六人衆【さいとうろくにんしゅう】

安藤守就、氏家直元、竹越尚光、長井衛安、日禰野弘就、日比野清美。※別名「斎藤六宿老」。長井規秀に仕えた家臣団。

真田十勇士【さなだじゅうゆうし】

穴山小助、海野六郎、筧十蔵、霧隠才蔵、猿飛佐助、根津甚八、望月六郎、三好伊三入道、三好清海入道、由利鎌之助。※架空の人物です。

西国三大謀将【さいごくさんだいちしょう】

尼子経久、宇喜多直家、毛利元就。

榊原家三家老【さかきばらけさんぶぎょう】

中根長重、原田種政、村上勝重。

相良家の両輪【さがらけのりょうりん】

深水長智、犬童頼安。

里見三羽烏【さとみけさんばがらす】

酒井敏房、土岐為頼、正木時茂。

里見家三人衆【さとみけさんにんしゅう】

堀江頼忠、里見左京亮、板倉昌察。

里見家使番十人衆【さとみけつかいばんじゅうにんしゅう】

石井駿河守、上野伝左衛門、大嶋源次郎、岡本右馬助、加藤左衛門、黒川彦四郎、小曾根駿河守、長山八郎、正木五郎左衛門、御子神大蔵丞。

里見家組頭二十人衆【さとみけくみがしらにじゅうにんしゅう】

岩原主計、印東河内守、勝山長門守、加藤信景、黒川千勝、真田雅助、真田三九郎、真田瀬兵衛、角田忠右衛門、中里弥七郎、中村織部、長山刑部、細野修理、本間八郎、正木佐市右門、正木丹波守、正木頼定、馬乳久左衛門、依田新七、和田甚衛門。

里見百人衆【さとみけひゃくにんしゅう】

青葉新左衛門、秋山郎左衛門、秋山宗右衛門、朝夷平右衛門、朝比奈源介、網代久兵衛、足立小右衛門、有原小六、安西庄左衛門、安西中務、安西弥三郎、石井大和、石田久蔵、石田新兵衛、石堂原加右衛門、石堂原八兵衛、井介右近、岩原与九郎、印東内匠、印東長次郎、印東又七郎、上野七左衛門、海老名小三郎、大田和与五右衛門、大野太郎兵衛、岡本小八郎、忍足兵蔵、忍藤左衛門、忍土佐、勝山八弥太、加藤清左衛門、川壁郷右衛門、木戸孫九郎、櫛田惣右衛門、楠六左衛門、栗原半兵衛、栗原弥七郎、小沼左伝次、佐久間大炊介、佐久間主計、佐久間蔵人、佐久間大蔵、佐久間長右衛門、佐久間藤六、真田庄三郎、真田孫吉、真田三河守、佐野小伝次、佐保田角右衛門、佐保田庄左衛門、佐保田民部、白井次郎助、代田彦八郎、菅野谷佐平次、諏訪又三郎、関屋九郎兵衛、高沢兵庫、高梨紀伊、高梨庄次郎、宅間勝兵衛、武石勝左衛門、寺尾下野、東条六兵衛、土岐新十郎、土肥半三郎、富沢諸右衛門、豊崎主計、豊崎九介、豊崎勝兵衛、長沼忠左衛門、行方勝義、成川五郎右衛門、錦織嘉平、沼間左門次郎、沼佐右衛門、根岸勝左衛門、根本舎人、藤平彦八郎、山本宮内大夫、伯耆郷右衛門、伯耆四郎左衛門、法木出羽、本間三右衛門、本間式部、正木信濃守、真理谷源太郎、真理谷佐右衛門、御子神彦作、宮本上野守、森下丹波守、森伯耆守、森杢之助、山田遠江守、山野井彦六郎、吉田主善、吉田新四郎、吉田半十郎、吉田与市、竜崎兵庫、竜崎六郎、渡辺伯耆守。

真田家双璧【さなだけそうへき】

出浦盛清、横谷幸重。

佐竹家三奉行【さたけけさんぶぎょう】

小貫頼久、人見藤通、和田昭為。

佐渡国本間家四天王【さどこくほんまけしてんのう】

雑太本間家(惣領家)、河原田本間家、久知本間家、羽茂本間家。

佐野家四天王【さのけしてんのう】

山上照久、大貫定行、津布久弾正忠、竹沢定冬。※佐野昌綱に仕えた家老衆。

佐野家五奉行【さのけごぶぎょう】

大貫大和守、高瀬遠江守、高山外記、津野孫十郎、福地智之。

佐野家八人衆【さのけはちにんしゅう】

赤見刑部少輔、飯塚兵部少輔、大貫定行、小見小四郎、高瀬紀伊守、竹澤源三、津布久駿河守、山上美濃守。

佐用赤松三家老【さようあかまつさんかろう】

太田則近、小林満末、高島正澄。

三国司【さんこくし】

伊勢北畠具教、土佐一条兼定、飛騨姉小路宣政。※他の国司家が没落するなか国司家として残った家。

三城七騎籠り【さんじょうしちきごもり】

今道純近、大村純辰、朝長純基、朝長純盛、藤崎純久、宮原純房、渡辺純綱。※1572年、「三城の戦い」で塚崎城主後藤貴明、平戸城主松浦隆信、高城城主西郷純堯ら1,500余りの攻撃を受けた際、大村純忠とともに80余りで撃退した。

三甚内【さんじんない】

高坂甚内、庄司甚内、鳶沢甚内。

三弾正【さんだんじょう】

高坂昌信、真田幸隆、保科正俊。※高坂昌信は「逃げ弾正」、真田幸隆は「攻め弾正」、保科正俊は「槍弾正」。

三島村上海賊衆【さんとうみしまかいぞくしゅう】

因島村上吉充、来島村上通康、能島村上武吉。※瀬戸内海西部で活動した海賊衆。

三山城【さんやましろ】

竹腰正信、直江兼続、横山長知。※「山城守」を称した諸侯の陪臣で特に優れた人物。

三犬塚【さんいぬづか】

犬塚家重、犬塚家直、犬塚家久。

三英傑【さんえいけつ】

織田信長、羽柴秀吉、松平元康。※

三加藤【さんかとう】

加藤清正、加藤光泰、加藤嘉明。※羽柴秀吉に仕えた、三人の加藤(血縁関係はない)。

三駿河【さんするが】

宇佐美定満、加藤信那、吉川元春。※駿河守を称した諸将。

三弥太郎【さんよたろう】

小島弥太郎、朝比奈弥太郎、河原弥太郎。

椎葉三人衆【しいばさんにんしゅう】

向山城主那須弾正、大川内城主那須兵部太夫、小崎城主那須左近太夫。※日向国東臼杵郡耳川上流の椎葉村を本拠とした豪族衆。

滋野三家【しげのさんけ】

海野棟綱、望月昌頼、禰津元直。※北信濃国小県郡で繁栄した一族。

賤ヶ岳三振太刀【しづがたけのさんふりたち】

伊木半七、石川一光、桜井佐吉。※1583年、「賤ヶ岳の戦い」で、「賤ヶ岳七本槍」に次ぐ戦功を挙げた。

賤ヶ岳七本槍【しずがたけしちほんやり】

糟屋武則、片桐且元、加藤清正、加藤嘉明、平野長泰、福島正則、脇坂安治。※1583年、「賤ヶ岳の戦い」で戦功を挙げた七人。他に討死した石河兵助やまもなく病没した桜井佐吉がいた。

賤ヶ岳七本槍【しずがたけななほんやり】

浅井吉兵衛、小原新七、拝郷家嘉、水野助三、安彦弥五衛門、宿屋七左衛門、山路正国。※1583年、「賤ヶ岳の戦い」で敗戦ながら活躍した柴田勝家の家臣。

賤ヶ岳十四人衆【しずがたけのじゅうよにんしゅう】

一柳次郎兵衛、一柳直末、一柳直盛、稲葉清六、大島光政、大谷吉継、奥村半平、片桐貞隆、加藤備中、加藤光泰、崎田源太郎、平野長重、福島市松、福島与吉。※「賤ヶ岳七本槍」以外で戦功を挙げた羽柴秀吉の家臣。

信濃四大将【しなのよんたいしょう】

小笠原長時、木曾義康、諏訪頼重、村上義清。

斯波家三御所【しばけさんごしょ】

斯波詮貞、斯波詮高、斯波詮義。

柴田家七騎衆【しばたけななきしゅう】

入間野源七郎、富沢藤太郎、鳩原掃部助、富塚孫右衛門、上川名蔵助、岩沢修理亮、海老穴藤八郎。※留守政景に属した豪族衆。

斯波家四老職【しばけよんかろうしょく】

梁田詮泰、氏家義方、具志田主馬允、細川長門守。※陸中国斯波詮直に仕えた家老衆。

志摩七人衆【しまななにんしゅう】

浦豊後守、相差藤四郎、甲賀藤九郎、国府内膳、越賀隼人(佐治隆俊)、浜島源吾、和具豊前守(青山豊前守)。

志摩七人衆【しまななにんしゅう】

相差藤四郎、青山豊前守、九鬼澄隆、越賀隼人(佐治隆俊)、武田左馬介、浜島源吾、三浦新助。※別名「英虞七人衆」。

志摩十三人衆【しまじゅうさんにんしゅう】

小浜砦主小浜久太郎、楽島砦主安楽島越中守、浦砦主浦豊後守、千賀砦主千賀志摩守、的矢砦主的矢次郎左衛門、安楽砦主三浦新助、甲賀砦主甲賀雅楽介、国府砦主国府内膳正、波切砦主九鬼浄隆(九鬼弥五郎)、越賀砦主越賀隼人(佐治隆俊)、和具砦主和具豊前守(青山豊前守)、岩倉砦主田城左馬(九鬼澄隆)、鳥羽砦主鳥羽主水(橘宗忠)。

志摩十三地頭【しまじゅうさんじとう】

安楽島越中守、浦豊後守、九鬼浄隆、九鬼澄隆、九鬼嘉隆、甲賀藤九郎、国府内膳、越賀隼人、小浜景隆、千賀志摩、鳥羽監物、的矢美作守、三浦新助、和具豊前守。

島津家四兄弟【しまづけよんきょうだい】

島津家久、島津歳久、島津義久、島津義弘。

島津家四勇将【しまづけよんゆうしょう】

鎌田政年、川上久朗、肝付兼盛、新納忠元。

清水宗治七将【しみずむねはるななしょう】

小者七郎兵衛、清水月清、白井与三衛門、末近左衛門、高市之允、難波伝兵衛、林重真。

上総の両武田家【じょうそうのりょうたけだけ】

長南武田豊信、真理谷武田信清。

新陰四天王【しんかげしてんのう】

神後宗治、疋田景兼、丸目長恵、奥山公重。※柳生宗厳が奥山公重の代わりに入る場合あり。

関ヶ原小返し五本鑓【せきがはらこがいしごほんやり】

押川郷兵衛、川上助七久林、川上忠兄、川上久智、久保七兵衛。

摂津三守護【せっつさんしゅご】

池田勝正 伊丹親興 和田惟政。※足利義昭によって任じられた守護職衆。

摂津四守護代【せっつよんしゅごだい】

香川元綱、内藤貞正、薬師寺国長、薬師寺国盛。

膳家四家老【ぜんけよんかろう】

斎藤右近、鶴貝玄蕃、野村弾正、関口友之助。

戦国の三梟雄【せんごくさんだいきょうゆう】

伊勢盛時(北条早雲)、長井規秀、松永久秀。※宇喜多直家を加える場合も有り。

戦国の七雄【せんごくのしちゆう】

長尾景虎、織田信長、武田晴信、松平元康、羽柴秀吉、伊勢盛時(北条早雲)、毛利元就。

仙北七人衆【せんぼくななにんしゅう】

六郷城主六郷道行、金沢城主金沢道秀、飯詰城主久米阿波守、戸蒔城主戸蒔義広、神尾雅楽、堀田平七、金子尾張守。

荘内三家【そうないさんけ】

鵜飼源八郎、内貴伊賀守、服部藤太夫。

曽根三虎【そねさんこ】

曽根虎長、曽根虎盛、曽根虎吉。※武田信虎に仕え虎の字を与えられた曽根三兄弟。

------------------------------------

【た】

台子七人衆【だいしななにんしゅう】

蒲生氏郷、木村重茲、芝山堅物、瀬田掃部、高山右近、羽柴秀次、細川忠興。

武田家四天王【たけだけしてんのう】

馬場信房、内藤昌豊、山県昌景、高坂昌信。※武田晴信に仕えた家老衆。

武田家四天王【たけだけしてんのう】

甘利虎泰、板垣信方、飯富虎昌、小山田昌辰。※武田晴信に仕えた家老衆。

武田晴信五名臣【たけだはるのぶごめいしん】

小幡虎盛、多田満頼、原虎胤、山本幸晴、横田高松。※「甲陽五名臣」。武田晴信に仕え戦功を挙げた足軽大将。

武田晴信馬廻五人衆【たけだはるのぶうままわりごにんしゅう】

小幡虎盛、多田満頼、山本晴幸、横田高松、米倉重継。※足軽大将五人衆。

武田家奥近習六人衆【たけだけおくきんじゅうろくにんしゅう】

土屋昌次、三枝守友、曾根昌世、真田昌幸(武藤喜兵衛)、甘利昌忠、長坂昌国。※武田晴信に仕え戦功を挙げた六名の諸将。

武田晴信使番十二人衆【たかだはるのぶつかいばんじゅうににんしゅう】

跡部昌忠、阿部勝宝、今井信俊、小幡光盛、小山田行村、金丸虎義、工藤市兵衛、小宮山友晴、三枝昌吉、諏訪頼豊、温井常陸介、初鹿野昌次。※別名「」武田家使番十二人衆。

武田家二十四将【たけだけにじゅうよんしょう】

秋山信友、穴山信君、甘利虎泰、板垣信方、一条信龍、小幡虎盛、小幡昌盛、飯富虎昌、小山田信茂、高坂昌信、三枝守友、真田信綱、真田幸隆、武田信繁、武田信廉、多田満頼、土屋昌次、内藤昌豊、馬場信春、原虎胤、原昌胤、山県昌景、山本勘助、横田高松。※資料によって異なります。

武田の相州羽州【たけだのそうしゅううしゅう】

今井信甫、曽根政利。

武田の両眼【たけだのりょうがん】

真田昌幸、曽根昌世。

武田家両職【たけだけりょうしょく】

甘利虎泰、板垣信方。

武田家鑓奉行三人衆【たけだけやるぶぎょうさんいんしゅう】

安西有味、今福昌常、加津野信昌。

武田家浪人衆頭三人【たけだけろうにんしゅうかしらさんにん】

飯尾助友、名和宗安、五味高重。

伊達家両腕【だでけりょうわん】

片倉景綱、伊達成実。

伊達家三傑【だてけさんけつ】

鬼庭綱元、片倉景綱、伊達成実。

伊達家二十四将【だてけにじゅうよんしょう】

石川実光、石田與純、石母田宗頼、泉田重光、伊東重信、遠藤宗信、大條実頼、大河三河守、小田勝成、小山田頼定、片倉景綱、黒木宗俊、後藤信康、小梁川盛宗、斎藤永門、白石宗実、伊達成実、津田景康、富塚宗総、中村盛時、原田宗時、鬼庭良直、留守政景、亘理元宗。

田村家四家老【たむらけよんかろう】

田村顕基、田村顕頼、田村清康、橋本顕徳。

田村家五家老【たむらけごかろう】

向館内匠、大越顕光、田村梅雪、常葉景正、橋本顕徳。

丹波七組【たんばしちくみ】

足立光久、荻野朝忠、酒井重貞、須知景氏、内藤顕勝、野尻康永、波々伯部光政。※丹波波多野に属した国人衆です。

丹波七頭【たんばしちとう】

赤井景遠、荒木氏綱、江田行範、大館氏忠、久下重氏、小林重範、長沢義遠。※丹波波多野家に属した国人衆。

丹波の青鬼赤鬼【たんばのあおおにあかおに】

籾井教業、赤井直正。※青鬼は籾井教業、赤鬼は赤井直正。丹波国の豪族で武勇が優れていた二人。

長宗我部元親三家老【ちょうそかべもとちかさんかろう】

桑名重定、久武親信、福留儀実。別名「岡豊三奉行家」。

筒井家三家老【つついけさんかろう】

島清興、松倉重信、森好之。※筒井順慶の家老衆。

筒井家の右近左近【つついけのうこんさこん】

島清興、松倉重信。※筒井順慶のもとで知謀と武勇が優れていた二人。

天下七兄弟【てんかしちきょうだい】

稲葉正成、可児才蔵、辻小作、谷衛友、中黒道随、丹羽山城、渡辺勘兵衛。仲が良く兄弟の約束をして武勇に励んだ。

天下六人の大名【てんかろくにんのだいみょう】

長尾景勝、佐竹義宣、島津義久、松平元康、前田利家、毛利輝元。

天下の二大陪臣【てんかのにだいばいしん】

片倉景綱、直江兼続。

天下三美少年【てんがさんびしょうねん】

浅香庄之助、名古屋山三郎、不破伴作。

天下の三勘兵衛【てんかのさんかんべん】

杉江勘兵衛、辻勘兵衛、渡辺勘兵衛。

天下の三陪臣【てんかのさんばいしん】

小早川隆景、直江兼続、堀直政。

藤堂家四本槍【とうどうけのよんほんやり】

岡本安貞、坂井直義、中小路宗久、掘信家。※1615年、「天王寺、岡山の戦い」で毛利勝永勢の攻撃を受け総崩れとなった際、坂井直義、掘信家、岡本安貞、中小路宗久が留まって奮戦した。

遠山三人衆【とうやまさんにんしゅう】

岩村遠山景任、苗木遠山友勝、明智遠山景行。

遠山七頭【とうやまななとう】

岩村遠山景任、明照遠山友忠、明智遠山景行、飯羽間遠山友信、原遠山遠山景男、苗木遠山友勝、安木遠山三郎左衛門。※遠山家のなかで中心となった諸将。

当麻三人衆【とうまさんにんしゅう】

落合三河守、関山隼人、当麻豊後守。※相模国当麻村を領する豪族衆。

土佐国七雄【とさこくしちゆう】

幡多郡中村城主一条兼定、高岡郡蓮池城主大平元国、高岡郡姫野々城主津野親忠、吾川郡吉良城主吉良親貞、長岡郡岡豊城主長宗我部国親、長岡郡本山城主本山茂宗、香美郡香宗城主香宗我部親泰、安芸郡安芸城主安芸国虎。※土佐国内を支配した国人衆で筆頭は一条兼定。

土佐国四家【とさこくよんけ】

土佐郡潮江城主森孝頼、国沢城主国沢能明、千屋城主千屋貞尭、長岡郡蚊井田城主蚊居田修理。※土佐国で七雄に次ぎ4,000石程度の領地を持つ豪族衆。

富田の三剣【とみたさんけん】

鐘捲通家、山崎左近将監、長谷川宗喜。

豊洲二家老【とよしゅうにかろう】

臼杵鑑速、吉岡長増。※大友義鎮に仕えた家老衆。

豊州三家老【とよしゅうさんかろう】

臼杵鑑速、吉岡長増、吉弘鑑理。※大友義鎮に仕えた家老衆。

------------------------------------

【な】

長尾景虎三奉行【ながおかげとらさんぶぎょう】

大熊朝秀、直江実綱、本庄実乃。別名「上杉三奉行」。

長尾景虎四天王【ながおかげとらしてんのう】

甘糟景持、宇佐美定満、柿崎景家、直江景綱。※別名「上杉四天王」。

長尾景虎四家老【ながおかげとらよんかろう】

石川為元、斎藤朝信、千坂清胤、長尾景秋。※別名「上杉四家老」。

長尾景虎七手組頭【ながおかげとらしちてかしら(15??~15??)】

柿崎景家、北条高広、斎藤朝信、直江景綱、長尾藤景、中条藤資、本荘慶秀。別名「上杉七手組頭 」。

長尾景虎血染めの感状七人【ながおかげとらちぞめのしゃ】

垂水源二郎、岡田但馬、松本忠繁、本田右近允、中条藤資、色部勝長、安田長秀。※別名「上杉謙信血染めの感状七人」。

長尾景虎八将【ながおかげとらはっしょう】

甘粕景持、宇佐美駿河守、柿崎景家、北条景広、新発田守敦、直江兼続、長尾政景、本城清七郎。※別名「上杉八将」。

長尾景虎九将【ながおかげとらくううしょう】

長尾景虎、甘粕景持、宇佐美定満、柿崎景家、北条景広、新発田守敦、直江兼続、長尾政景、本庄秀綱。別名「上杉九将」。

中村四家老【なかむらよんかろう】

小島政章、為松若狭守、土居勝行、安並玄蕃。

長尾景虎十七将【ながおかげとらじゅうしちしょう】

甘糟景持、荒川伊豆守、飯盛摂津守、宇佐美定行、小島弥太郎、柿崎景家、唐崎左馬之介、斎藤朝信、鴫山周防守、神藤出羽守、高梨政頼、直江兼続、直江景綱、永井丹波守、本庄繁長、毛利上総介、桃井讃岐守。※別名「越後十七将」。長尾景虎に仕えた猛将。

長尾景虎二十五将【ながおかげとらにじゅうごしょう】

甘粕景持、色部長実、岩井経俊、宇佐美定満、大国頼久、大熊朝秀、柿崎景家、加地春綱、金津義舊、北条高広、斎藤朝信、志田義分、高梨頼包、竹股頼綱、千坂景親、直江景綱、直江兼続、長尾景秋、長尾政景、中条藤資、新津義門守、本庄慶秀、水原親憲、山本寺孝景、吉江定仲。別名「上杉二十五将」。

長野家城詰四家老【ながのけよんかろう】

下田正勝、内田頼信、大熊高忠、八木原信忠。

長野家十二城持衆【ながのけじゅうにしろもちしゅう】

石井信房、高橋勝則、鷺坂長信、清水長政、北爪政勝、青柳忠家、木暮直政、小沢信繩、上泉時則、吉田文頼、飯塚忠則、岸忠清。※別名「長野家十二家客分大身小身知行地方持衆」。

長野家十六人衆【ながのけじゅうろっきしゅう】

上泉秀綱、長野主膳、藤井正安、青柳忠家、白川満勝、大道寺信方、岸信保、多比良守友、高山満重、白倉宗任、上田政広、倉賀野照時、和田業繁、和田兵部介、後閑信純、長根左馬介、大戸豊後守。

那須七騎衆【なすしちきしゅう】

芦野盛泰、伊王野資信、大関高増、大田原晴清、千本義貴、那須資晴、福原資孝。※下野国那須郡の那須資晴の家臣。

鍋島三生【なべしまさんせい】

石井生札、下村生運、鍋島生三。※鍋島直茂から「生」の一字を賜った三人。

名和家三老【なわけさんかろう】

内河宗直、加悦顕久、皆吉武真。

南山六家【なんざんろっけ】

大原源三郎、和田伊賀守、上野主膳正、高峰蔵人、池田庄右衛門、多喜勘八郎。

南部家四家老【なんぶけよんかろう】

奥瀬定直、桜庭光康、泉山康朝、石亀信房。

南方三十三館衆【なんぽうさんじゅさんやあたしゅう】

武田城主武田信房、飯塚城飯塚重政、鳥名木城岡田貞政、玉造城主玉造重幹、手賀城主手賀高幹、永山城主永山知幹、行方城主行方忠幹、富田城主富田昌幹、島崎城主島崎義幹、小高城主小鷹刑部少輔、大生城主大生弾正忠、麻生城主麻生常安、芹沢城主芹沢国幹、相賀城主相賀詮秀、羽生城主羽生某、蕨城主武田信家、鉾田城主烟田通幹、鹿島城主鹿島治時、宮ヶ崎城主宮ヶ崎幹顕、徳宿城主徳宿矩幹、沼尾城主沼尾行幹、安房城主安房幹連、粟生城主安生幹実、烟田城主烟田通幹、札城主札幹繁、下吉影城主野口右兵衛、林城主林時国、田野辺城主田野辺胤幹、梶山城主梶山掃部介、阿玉城主阿玉三郎、用次城主持寺助幹、石神城主石神二郎。※1591年、佐竹義宣は、所領安堵の祝宴と称して、常陸太田城に南方三十三館の諸将を集め、その場で全員を謀殺した。主を失った城は、直後に落城した。

仁井田五人衆【にいだごにんしゅう】

本在家城主福良宗澄、影山城主西宗勝、中江城主西原清延、川窪城主窪川俊光、志和城主志和孫次郎。

二階堂家四天王【にかいどうけしてんのう】

山寺館主遠藤勝重、和田城主須田盛秀、木船城主矢部義政、守屋館主守屋俊重。

西美濃十八将【にしみのじゅうはっしょう】

相場国信、衣斐光兼、揖斐光親、岩手道高、軽海光顕、国枝正則、郡家光春、小柿長秀、小弾正国家、高橋治平、竹越守久、竹中重治、所信国 、林道政、船木義久、松山正定、八居国清、山岸光信。※ 長井規秀の支配下にあった西美濃地域の国人領主。

西美濃四人衆【にしみのよにんしゅう】

安藤守就、稲葉良通、氏家直元、不破光治。※長井規秀家臣。

西美濃五人衆【にしみのごにんしゅう】

安藤守就、稲葉良通、氏家直元、竹腰尚光、不破光治。※長井規秀家臣。

日本七槍【にほんななほんやり】

飯田直景、小野鎮幸、吉川広家、後藤基次、島津家久、直江兼続、本多忠勝。

沼田三人衆【ぬまたさんにんしゅう】

上野家成、河田重親、松本景繁。

根来四坊【ねごろよんぼう】

杉之坊、岩室坊、閼伽井坊、泉識坊。

能登畠山四家老【のとはたけやまけよんかろう】

遊佐続光、末吉城主平続連、勝山城主神保総誠、誉田康俊。※「畠山義総年寄職」。

能登畠山家四家老【はたけやまけよんかろう】

飯川光誠、佐脇綱隆、長続連、遊佐続光。

能登畠山四家老【のとはたけやまけよんかろう】

遊佐続光、穴水城主長続連、江曽山城主飯川光誠、佐脇綱隆。※「畠山義綱年寄職」。

能登畠山四家老【のとはたけやまけよんかろう】

遊佐続光、長続連、平堯知、森寺城主八代俊盛。※「第一次畠山義慶年寄職」。

能登畠山四家老【のとはたけやまけよんかろう】

温井景隆、長綱連、平堯知、三宅長盛。※「第二次畠山義慶年寄職」。

能登畠山七人衆【のとはたけやまけしちにんしゅう】

遊佐続光、遊佐宗円、天堂城主温井総貞、穴水城主長続連、崎山城主三宅総広、末吉城主平総知、伊丹総堅。※「第一次七人衆」

能登畠山七人衆【のとはたけやまけしちにんしゅう】

温井続宗、長続連、神保総誠、飯川光誠、三宅総広、三宅綱賢、遊佐宗円。※「第二次七人衆」。遊佐続光、伊丹総堅は失脚、平総知は隠居。

能登畠山家八臣【はたけやまけはしん】

伊丹総堅、甲斐庄家繁、神保総誠、平総知、温井総貞、誉田康俊、三宅総広、遊佐続光。

------------------------------------

【は】

羽柴秀吉五大老【はしばひでよしごたいろう(15??~15??)】

宇喜多秀家、小早川隆景、松平元康、前田利家、毛利輝元。※羽柴秀吉が病没前に制定した職責。別名「豊臣家五大老」。

羽柴秀吉五奉行【はしばひでよしごぶぎょう】

浅野長政、石田三成、長束正家、前田玄以、増田長盛。※羽柴秀吉が病没前に制定した職責。別名「豊臣家五奉行」。

羽柴秀吉家三中老【はしばひでよしさんちゅうろう】

生駒親正、中村一氏、堀尾吉晴。※羽柴秀吉が病没前に制定した職責。別名「豊臣家三中老」。

羽柴秀吉四天王【はしばひでよししてんのう】

戸田勝隆、神子田正治、尾藤知宣、宮田光次。※羽柴秀吉に仕えた古参諸将。

羽柴秀吉五大老【はしばひでよしごたいろう】

長尾景勝、小早川隆景、松平元康、前田利家、毛利輝元。※別名「豊臣五大老」。小早川隆景の病没後、宇喜多秀家)が任命された。、

羽柴秀吉五奉行【はしばひでよしごぶぎょう】

浅野長政、石田三成、長束正家、前田玄以、増田長盛。※別名「豊臣五奉行」。

羽柴秀長三家老【はしばひでながさんかろう】

小田下野守、羽田長門守、横濱一庵良慶。

羽柴秀吉武断派七将【はしばひでよしぶだんはななしょう】

浅野幸長、池田輝政、加藤清正、加藤嘉明、黒田長政、福島正則、細川忠興。※別名「豊臣家武断派七将」。

八浜七本槍【はちはまななほんやり】

粟井正晴、岸本惣次郎、国富貞次、小森三郎右衛門、宍甘太郎兵衛、野勢頼吉、馬場職家。※1582年、備前国児島郡八浜村で宇喜多直家勢に属して穂井田元清勢との戦いで戦功を挙げた七人。

羽尾七騎衆【はねおななきしゅう】

泉水淡路守、倉林刑部左衛門、小林丹波守、清水甚四郎、増茂因幡守、町田帯刀、山崎若狭介。

標葉六騎人衆【はようろっきしゅう】

井戸川清則、上野兵庫助、小丸主水正、熊隆重、下浦清尚、山田光秀。

標葉六騎七人衆【はようろっきななにんしゅう】

室原清隆、郡山隆秀、樋渡重則、刈屋戸出雲、熊川隆光、牛渡玄蕃、上浦泰清。

標葉郡四七人衆【はようぐんよんじゅうななにんしゅう】

室原清隆、樋渡重則、酒井将監、羽鳥伊賀守、紺野美濃守、紺野伊賀守、江井胤治、金沢備中守、高平壱岐守、杉盛重、滝迫日向守、杉目掃部、杉目三河守、大井胤重、金場加賀守、飯崎左近、渡辺越前守、百槻右兵衛、飯淵九郎左衛門、日下石美濃守、今田六郎、藤崎摂津守、藤崎久長、高田内膳、小野越前守、大坪勘解由、渋田見遠江、井戸川将監、井戸川大隅守、苅屋戸出雲守、上野但馬守、小丸主水、天神堂法師、寺内式部、草野直清、古賀胤康、桑折久家、桑折清家、掛田俊宗、掛田義宗、栃窪胤光、四本松定義、四本松尚義、岩角伊勢守、熊隆重、東郷胤光、下浦常清。

羽床七人衆【はゆかしちにんしゅう

秋山三郎、有岡牡丹、大林丹後守、後藤是兵衛、造田佐渡守、羽床源内、脇絲目。※讃岐国羽床政長の家中で勇名を馳せた七人。

原田家四天王【はらだけしてんのう】

池園左京、石井家次、笠興長、波多江種賢。

坂西三人衆【ばんざいさんにんしゅう】

赤沢出羽守、安芸飛騨守、坂下備前守。

東肥前国十九城将【ひがしひぜんこくじゅうきゅうしょう】

朝日山城主朝日宗贇、姉川城主姉川惟安、白虎山城主綾部鎮幸、出雲氏忠、蒲田江城主犬塚家重、崎村城主東犬塚鎮直、直鳥城主犬塚鎮家、勢福寺城主江上武種、蓮池城主小田政光、三瀬城主神代勝利、宗尚夏、西高木胤秀、東高木鑑房、勝尾城主筑紫惟門、中野城主馬場鑑周、藤崎盛義、本告牟田城主本告信景、西島城主横岳資誠、八戸城主八戸宗暘。

東三河十七騎衆【ひがしみかわじゅうななきしゅう】

朝倉七右衛門、渥美順慶、石田式部、石原次郎兵衛、岩瀬雅楽助、川合実戸平、後藤喜四郎、塩瀬勝西、白井麦右衛門、戸田惣兵衛、林雅楽、星野一閑、本田如電、舞車小兵次、牟呂城主室金平、森刑部、渡辺平内次。

久野家の六神【ひさのけのろくしん】

麻田甚内、久保庄助、下田作右衛門、卑田九蔵、光留立右衛門、山本勝蔵。

比自山の七本槍【ひじやまのななほんやり】

百田藤兵衛、横山甚介師尚、町井清兵衛、新八右衛門、森四郎左衛門、福喜多将監、村田勘四郎。

備中七城【びっちゅうななじょう】

庭瀬城主井上有景、鴨庄城主生石中務、備中高松城清水宗治、松島城主梨羽中務丞、宮尾山城主乃美元信、冠山城主林重真、日幡城主日
幡景親。

府中三人衆【ふちゅうさんにんしゅう】

佐々成政、不破光治、前田利家。※柴田勝家が越前国を治めた際、織田信長が付けた寄騎衆。

府中二十人衆【ふちゅうにじゅうにんしゅう】

青山与三、岡島一吉、岡田長右衛門、奥村永福、片山延高、木村久三郎、木村三蔵、小塚藤右衛門、小塚藤十郎、近藤善右衛門、篠原一孝、高畠定吉、富田景政、富田与五郎、原田又右衛門、前田秀継、前田安勝、村井長頼、吉田長蔵、吉田守好。

深谷上杉三宿老衆【ふかやうえすぎさんかろう】

秋元景朝、井草左衛門尉、岡谷清英。

深谷上杉家四天王【ふかやうえすぎけしてんのう】

岡谷清英、秋元景朝、井草左衛門尉、上原出羽守。

深谷上杉四宿老【ふかやうえすぎよんかろう】

秋元景朝、井草左衛門尉、岡谷清英、矢井重家。※別名「深谷上杉四天王」

深谷上杉家七人衆【ふかやななにんしゅう】

太陽寺盛久、岡谷泰繁、大沼十郎兵衛、大類権六、多賀谷下総、荻谷与左衛門、新居勘兵衛。

福島三家老【ふくしまさんかろう】

尾関石見守、長尾一勝、福島丹波守。

藤津の両弾二島【ふじつのりょうだんじょうにとう】

犬塚弾正、大村弾正、上瀧志摩守、百武賢兼。

戸次鑑連双璧【べっきあきつらけそうへき】

小野鎮幸、由布惟信。※別名「立花家双璧」。

戸次鑑連四天王【べっきあきつらしてんのう】

安藤家忠(小野鎮幸)、高野大善、十時連貞、由布惟信。※別名「立花家四天王」

戸次鑑連七家老【べっきあきつらけちちかろう】

安東宗忠、安東家栄、十時連秀、堀東雲、森下釣雲、由布家続、由布惟信。※別名「立花家七家老」。

豊州二老【ほうしゅうにろう】

臼杵鑑速、吉岡長増。※大友義鎮に仕えた家老衆。

豊州三老【ほうしゅうさんろう】

臼杵鑑速、吉岡長増、吉弘鑑理。※大友義鎮に仕えた家老衆。別名「大友三家老」。

北条三家老【ほうじょうさんかろう】

大道寺政繁、遠山綱景、松田憲秀。※北条氏政に仕えた家老衆。

北条家三家老【ほうじょうけさんかろう】

大道寺政繁、遠山綱景、松田憲秀。

北条五色備【ほうじょうごしきぞなえ】

笠原康勝(白備)、多目周防守(黒備)、富永右衛門尉(青備)、北条綱高(赤備)、北条綱成(黄備)。※北条氏康に仕えた家老衆。

北条家二十将衆【ほうじょうけにじゅにんしゅう】

朝倉政元、荒木右衛門尉、荒川国清、在竹又太郎、安藤左近太夫、石巻安保、坂部岡康雄、大谷帯刀、伊丹康信、大藤秀信、佐藤左衛門尉、清水康英、副島賢成、中条景信、行方泰親、南条九衛門尉、間宮康俊、山角康定、山中主膳正、横井越前守。

細川家四天王【ほそかわけしてんのう】

香川景明、香西元資、奈良元安、安富盛長。※細川勝元家臣として活躍した四人。

本願寺三家【ほんがんじさんけ】

下間仲之、下間頼芸、下間頼廉。別名「下間三家」。

------------------------------------

【ま】

真壁家七騎衆【まかべけななきしゅう】

真壁氏幹、真壁義幹、酒寄備前守、来栖三河守、成田遠江守、長岡織部、田口弥八郎。

真鍋家六人衆【まなべけろくにんしゅう】

真鍋家綱、真鍋兼孝、真鍋兼綱、真鍋亮綱、真鍋行綱、真鍋政綱。

松平元康両家老【まつだいらもとやすりょうかろう】

石川数正、酒井忠次。別名「徳川両家老」。

松平元康甲州両職【まつだいらもとやすこうしゅうりょうしょく】

日下部定好、成瀬正一。別名「徳川甲州両職」。

松平元康近侍三臣【まつだいらもとやすきんしんさんしん】

板倉重宗、井上元就、永井尚政。

松平元康近習出頭人三人衆【まつだいらもとやすこんじゅうしゅっせがしらさんにんしゅう】

秋元泰朝、板倉重昌、松平正綱。※別名「徳川近習出頭人三人衆」。

松平元康三目代【まつだいらもとやすさんもくだい】

伊奈忠次、大久保長安、彦坂元正。※「徳川三目代」。

松平元康三傑【まつだいらもとやすさんけつ】

井伊直政、榊原康政、本多忠勝。※別名「徳川三傑」。松平元康のもとで武勇を最も称えられた三人。

松平元康四天王【まつだいらもとやすしてんのう】

井伊直政、酒井忠次、榊原康政、本多忠勝。※松平元康の侍大将。別名「徳川四天王」。

松平元康御船手四人衆【まつだいらもとやすふなてよにんしゅう】

小浜景隆、千賀孫兵衛、間宮高則、向井正綱。※「徳川御船手四人衆」。

松平元康四奉行【まつだいらもとやすよんぶぎょう】

石原昌明、市川昌忠、櫻井信忠、工藤喜盛。別名「徳川四奉行」。後に跡部昌忠、小田切茂富が加わった。

松平元康執政五人衆【まつだいらもとやすしっせいごにんしゅう】

安藤重信、板倉重勝、酒井忠世、土井利勝、本多正純。※別名「江戸幕府執政五人衆」。

松平元康十六神将【まつだいらもとやすじゅうろくしんしょう】

井伊直政、植村家政、大久保忠佐、大久保忠世、酒井忠次、榊原康政、高木清秀、鳥居元信、鳥居元忠、内藤正成、服部半蔵、平岩親吉、本多忠勝、松平康忠、米津藤蔵、渡辺守綱。※松平元康のもとで武勇をはせた十六人。別名「徳川十六神将」。

松平元康二十八神将【まつだいらもとやすにじゅうはちしんしょう】

安藤直次、井伊直政、伊奈忠俊、伊奈忠政、大久保忠佐、大久保忠教、大久保忠世、大須賀康高、岡部長成、奥平信昌、酒井忠次、酒井正親、榊原康政、菅沼定盈、高木正順、鳥居元忠、内藤家長、内藤信成、蜂屋貞次、服部正綱、平岩親吉、本多忠勝、本多康高、松平伊忠、松平康忠、水野勝成、米津浄忠、渡辺守綱。※別名「徳川二十八神将」。

松山十二感状【まつやまじゅうにしゃじょう】

青木宗俊、石塚兼盛、磯部有信、伊東忠興、風間実頼、川嶋憲俊、小荒井範秀、佐藤季道、高久頼弘、新宮吉田重秀、樋口兼秋、慶徳盛勝。

三河七騎衆【みかわななきしゅう】

石田式部、岩瀬雅楽助、大原肥前守、西郷彦蔵、戸田宗兵衛、野瀬丹波守、牧野田三。

美濃三人衆【みのさんにんしゅう】

安藤守就 稲葉良通、氏家直元。※長井規秀のもとで活躍した三人。別名「西美濃三人衆」。

壬生家四家老【みぶけよんかろう】

大垣隠岐守、黒川房朝、後藤刑部少輔、三上大善亮。

宮部七人衆【みやべななにんしゅう】

国友興左衛門、高坂清兵衛、福永弥五右衛門、三田村太郎右衛門、宮部市兵衛、宮部采女。

三好三人衆【みよしさんにんしゅう】

岩成友通、三好長逸、三好政康。※三好長慶のもとで活躍した。

武川十二騎衆【むかわじゅうききしゅう】

教来石信保、米倉重継、島原、白須、山高親之、牧原、青木信立、折井次吉、柳沢信勝、山寺信明、宮脇種友、横手信国。※武田晴信のもとで活躍した、信濃国との国境を守る辺境武士団。

武川十二騎衆【むかわじゅうにきしゅう】

青木信安、跡部胤信、入戸野門光、小尾重正、折井次吉、知見寺盛之、馬場信成、曲渕吉清、柳沢三左衛門、山高親重、山寺信光、米倉信継。※武田晴信のもとで活躍した、信濃国との国境を守る辺境武士団。

武蔵七党【むさししちとう】

猪俣党、児玉党、丹党、西党、野与党、村山党、横山党。※武蔵国の豪族衆で組織された同族集団。

村上家三大老【むらかみけさんかろう】

清野清秀、屋代政国、楽岩寺光氏。※村上義清に仕えた諸将。

村上家八人衆【むらかみけはちにんしゅう】

西条義忠、森村清秀、信田隆生、屋代道斎、塩崎八郎、五加重成、石川高清、高坂範重。

村上家十八将【むらかみけじゅうはっしょう】

屋代政国、清野清秀、楽岩寺光氏、須田満親、山田国政、高梨政頼、井上政満、綿内満行、出浦清種、室賀盛清 、竹鼻虎正、滝沢盛政、吾妻清兼、薬師寺清三、林常重、内山清宗、笠原雅真、平賀成盛。※北信濃国更科郡葛尾城主村上義清に属した諸将。

村上家十九将【むらかみけじゅうきゅうしょう】

村上義清(筆頭)、赤沢利也、朝日道政、雨宮正利、出浦成為、井上政満、大室幸利、落合治吉、春日幸正、川田安盛、杵淵正道、清野直盛、久保盛治、須田満親、高梨政頼、屋代義綱、米持春種、楽岩寺光氏、和田信利。※北信濃国更科郡葛尾城主村上義清に属した諸将。

面河七人衆【めんかわななにんしゅう】

菅長助、菅苗内蔵之助、菅弥五衛門、高岡市右衛門、高岡八左衛門、中川善之助、松岡吉滋。

毛利の両川【もうりのりょうせん】

吉川元春、小早川隆景。※「吉川家」「小早川家」。

毛利家四人衆【もうりけよにんしゅう】

吉川元春、口羽通良、小早川隆景、福原貞俊。※毛利元就のもとで活躍した家老衆。

毛利家五奉行【もうりけごぶぎょう】

赤川元康、粟屋元親、桂元忠、国司元相、児玉就忠。※毛利元就に仕えた奉行衆。

毛利家十八将【もうりけじゅうはっしょう】

小早川隆景、吉川元春、宍戸隆家、天野隆重、吉見正頼、児玉就忠、桂元澄、福原貞俊、口羽通良、志道広良、赤川元保、粟屋元秀、渡辺長、熊谷信直、国司元相、粟屋元親、飯田元親、井上元兼。※毛利元就家臣。支えた代表的な諸将。

毛利家二十一将【もうりけぬじゅういっしょう】

赤川元保、天野隆重、粟屋元秀、飯田元親、井上元兼、桂元澄、吉川元春、口羽通良、国司元相、熊谷信直、栗屋元親、児玉就忠、小早川隆景、宍戸隆家、志道広良、福原貞俊、毛利隆元、毛利輝元、毛利元就、吉見正頼、渡辺長。

最上家四天王【もがみけしてんのう】

志村光安、氏家守棟、鮭延秀綱、楯岡満茂。

最上八楯【もがみはったて】

延沢城主延沢満延、飯田城主飯田綱親、尾花沢城主尾花沢頼国、楯岡城主楯岡満茂、長瀞城主長瀞義保、六田城主六田定兼、成生城主成生伯耆守と佛向寺(天童の有力寺院)。※羽前国人衆。

森忠政四天王【もりただまさしてんのう】

川端又助、高木右馬助、松本三平、吉原甚五左衛門。

守山両長【もりやまりょうちょう】

坂井喜左衛門、角田新五。※守山城主織田信次家臣。

------------------------------------

【や】

八代郡四奉行【やしろぐんよんぶぎょう】

宮原公忠、蓑田筑後守、相良尾張守、桑原常陸介。※相良家臣。

八代十三人衆【やつしろじゅうさんにんしゅう】

奥野越前守、高橋駿河守、東織部、東主馬、東四郎左衛門尉、東縫殿助、松木左馬頭、蓑田出雲守、蓑田紀伊助、蓑田信濃入道、宮原内記、宮原縫殿助、村山越前守。※肥後国相良の支配下八代郡における有力在地諸将。

矢中七騎衆【やなかななきしゅう】

秋山逢殿助、大沢備後守、栗原内記、長嶋因幡守、福島嘉兵衛、真下下野守。※1575年、「長篠の戦い」で活躍した武田方上野矢中郷の地侍衆。別名「和田七騎」。

柳川七騎衆【やながわななきしゅう】

七左衛門、牛島監物、相浦三兵衛、秀島四郎左衛門、田代猪之助、田代大右衛門。

山家三方衆【やまがさんぽうしゅう】

奥平貞勝、田峯菅沼定利、長篠菅沼貞景。※奥三河を拠点とした三家の豪族衆。

大和四家【やまとよんけ】

箸尾高春、越智家増、十市忠之、筒井順昭。

山名家四天王【やまなしてんのう】

太田垣輝信、垣屋続成、田結庄是清、八木豊信。※山名祐豊のもとで勇名を馳せた四人。

山ノ内七騎党持城衆【やまのうちななきとうもちじろしゅう】

横田中丸城主山内氏勝、野尻牛首城主山内實良、西方鴨城主山内重勝、桧野原丸山城主山内俊知、川口玉縄城山内俊満、瀧谷岩谷城主山内俊基、沼澤丸山城主山内政重。

矢島六人衆【やじまろくにんしゅう】

赤川景弘、小瀬三右衛門、佐々孫助、角田石見守、土肥孫左衛門尉、矢島四郎右衛門。※織田信長に仕えた。

夜久七人衆【やひさんあなにんしゅう】

夜久右馬助、夜久左衛門、夜久左衛門三郎、夜久清兵衛尉、夜久彦二郎、夜久豊後守、夜久吉太夫。

山ノ内固城六ヶ所【やまのうちこじょうろっかしょ】

大塩中山城主菅家太郎左衛門、和泉川原城木之崎越後守、梁取窪城主佐藤左馬允、峠杉山城主鈴木源兵衛、只見水窪城主本名九郎左衛門、布沢城主渡部長門守。

結城家四天王【ゆうきけしてんのう】

岩上朝堅、多賀谷政宏、水谷正村、山川朝貞。

結城け十人衆【ゆうきけじゅうにんしゅう】

赤萩市左衛門、赤萩長左衛門、荒川市右衛門、伊佐岡久右衛門、中里作左衛門、早見治右衛門、宮田治左衛門、宮田彦左衛門、和久井長右衛門。

弓矢の御談合七人衆【ゆみやのだんごうななにんしゅう】

小山田信茂、高坂昌信、土屋昌次、内藤昌豊、馬場信房、原虎胤、山県昌景。

由利郡五人衆【ゆりぐんごにんしゅう】

赤尾津家保、仁賀保挙久、滝沢政家、岩屋朝盛、打越光重。

由利郡十二人衆【ゆりじゅうににんしゅう】

矢島義満、仁賀保挙久、赤尾津家保、根井親光、潟保重光、打越光重、子吉重旨、下村宗長、玉米儀満、鮎川小平太、石沢孫四郎、滝沢政家、岩屋朝盛、羽川義稙、芦田拳実、沓沢某。※羽後国由利郡の国人衆。

横瀬家四家老【よこせけよんかろう】

野内成巌、大沢政道、林高次、林高崇。※上野国城主の家老衆。

利休門三人衆【りきゅうもんさんにんしゅう】

蒲生氏郷、芝山宗綱、細川忠興。※千利休門もとで、特に茶道に秀でたとされる三人。

利休七哲【りきゅうしちてつ】

蒲生氏郷、芝山宗綱、瀬田正忠、高山重友、古田重然、細川忠興、牧村利貞。※千利休門下の諸将。

利休九哲【りきゅうきゅうてつ】

蒲生氏郷、芝山宗綱、瀬田正忠、高山重友、古田重然、細川忠興、牧村利貞、荒木村重、前田利長、織田長益。※千利休門下の諸将。

両兵衛【りょうべえ】

竹中重治、黒田孝高。※羽柴秀吉に仕えた二人の軍師。

両青田【りょうあおた】

高平青田則常、山沢青田治之。※相馬に仕えた豪族衆。

両上杉家【りょううえすぎ】

扇谷上杉朝與、山内上杉憲政。

両遠藤家【りょうえんどう】

八幡遠藤慶隆、木越遠藤胤基。※美濃国郡上郡の国人衆。

両酒井【りょうさかい】

東金酒井敏房、土気酒井胤治。

両半蔵【りょうはんぞう】

服部正成、渡辺守綱。※渡辺半蔵、服部半蔵は松平元康の両半蔵として戦功を挙げた。

龍造寺家四天王【りゅうぞうじけしてんのう】

江里口信常、円城寺信胤、成松信勝、百武賢兼。※龍造寺隆信の家臣。円城寺信胤の代わりに木下昌直を入れている場合も。

龍造寺家三家老【りゅうぞうじけさんかろう】

土肥家実、小河信貫、納富家理。※龍造寺隆信に仕えた家老衆。土肥家実の代わりに福地信重が入る可能性あり。

漫々橋六本槍【びたびたばしのろっぽんやり】

川崎大膳亮、稲津九郎兵衛尉、堤五左衛門尉、稲用孫兵衛尉、成合円後入道、中村清左衛門尉。1600年、「宮崎城の戦い」、で伊東祐兵勢が漫々橋に追い詰められた際、殿を引き受けて活躍した。

六角家両藤【ろっかくけりょうとう】

進藤貞治、後藤賢豊。※六角義賢家臣。

六角の両藤【ろっかくのりょうとう】

後藤賢豊、進藤賢盛。※六角義賢家臣。

六角義賢六宿老【ろっかくよしかたろくしゅくろう】

蒲生賢秀、後藤秀勝、進藤貞治、平井定武、三雲成持、目賀田綱清。※六角義賢家臣。

若江三人衆【わかえさんにんしゅう】

池田教正、多羅尾綱知、野間康久。※織田信長のもとで河内国若江城の支配を委ねられた三人。

若江八人衆【わかえはちにんしゅう】

大場土佐守、大山伯耆守(小野庄助)、高野越中守、藤堂玄蕃(塩川喜左衛門)、舞兵庫、牧野成里、森九兵衛、安井喜内。

和賀家四天王【わがけしてんのう】

安俵忠秀、小鳥崎修理、江釣子民部、八重樫播磨守。※陸中国和賀義勝に仕えた家老衆。

和仁家五人衆【わにけごにんしゅう】

中村治部、辺春親行、和仁親実、和仁親範、和仁親宗。

------------------------------------

戦国人名辞典は1530~1600年の期間に活躍した国別戦国武将名辞典です。基本的に五十音順に並んでいます。本家と分家がある場合、混乱を避けるために、分家には頭に城の名前を入れています。本姓が変わる場合は(○×△)が変更後の本姓となっています。

※印は出展図書からを示しています。歴史小説も含まれるため史実上の人物とは限りません。小説からの出展は注釈を入れます。

※あくまで個人的な趣味のサイトなので、誤字脱字、多少のミス等は許してください。

※名が不明場合は書籍等で採用されている便宜上の名を使用します。

※徳川家康は松平元康、豊臣秀吉は羽柴秀吉、斎藤道三は長井規秀、大友宗麟は大友義鎮、稲葉一鉄は稲葉良通、立花道雪は戸次鑑連に名前を統一しました。

※参考文献:「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、「戦国大名家臣団辞典(東国編)」新人物往来社、、「戦国大名系譜人名辞典(西国編)」新人物往来社、「戦国大名系譜人名辞典(西国編)」新人物往来社、「信長の野望【革新】マニアックス」株式会社コーエー、「戦国国取りガイド」新紀元社、「戦国人名辞典」新人物往来社、「戦国大名家臣団総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「クロニック戦国全史」講談社、「天下統一Ⅲ(完全攻略ガイド)」角川書店、「戦国時代人物総覧(別冊歴史読本)」新人物往来社、「歴史読本(戦国大名家370出自総覧)」新人物往来社、「戦国大名マニュアル」新紀元社、「戦国大名家総覧(歴史と旅臨時増刊)」秋田書店、「戦国武将ガイド」新紀元社、「戦国関東名将列伝」隋想社、「(歴史と旅臨時増刊)戦国大名家臣団総覧」秋田書院、「武田信玄(全4巻)」文春文庫、「武田信玄(全3巻)」講談社、「武田勝頼(全3巻)」講談社、「甲州武田家臣団」新人物往来社。フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」。

------------------------------------

0 件のコメント: